「Goodbye Happiness」(グッバイ・ハピネス)は、日本のポップ歌手宇多田ヒカルによる楽曲。コンピレーション・アルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』(2010年)からの先行デジタルシングルとしてEMIミュージック・ジャパンより同年11月10日に配信がスタート(レコチョク先行配信、通常配信は11月17日)。音楽性的には、この楽曲はラブソングであると指摘されている。 批評家たちは「Goodbye Happiness」に肯定的評価を与え、いくつかの批評家は楽曲の歌詞の切なさについて言及した。「Goodbye Happiness」は大衆的にも成功を収めた。Billboard JAPAN Hot100をはじめとするビルボードの全てのシングルチャートで1位を獲得したほか、日本レコード協会によるダウンロードチャートRIAJ有料音楽配信チャートでも最高位8位を記録した。

Property Value
dbo:abstract
  • 「Goodbye Happiness」(グッバイ・ハピネス)は、日本のポップ歌手宇多田ヒカルによる楽曲。コンピレーション・アルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』(2010年)からの先行デジタルシングルとしてEMIミュージック・ジャパンより同年11月10日に配信がスタート(レコチョク先行配信、通常配信は11月17日)。音楽性的には、この楽曲はラブソングであると指摘されている。 批評家たちは「Goodbye Happiness」に肯定的評価を与え、いくつかの批評家は楽曲の歌詞の切なさについて言及した。「Goodbye Happiness」は大衆的にも成功を収めた。Billboard JAPAN Hot100をはじめとするビルボードの全てのシングルチャートで1位を獲得したほか、日本レコード協会によるダウンロードチャートRIAJ有料音楽配信チャートでも最高位8位を記録した。 宇多田はこの楽曲で初めてミュージック・ビデオの監督を務めた。ビデオは固定カメラにて一発撮りで撮影され、ビデオの中で彼女は「Automatic」や「traveling」、「ぼくはくま」といった自身の過去の楽曲をセルフ・パロディで表現した。また画面に収まるように屈んでダンスをしたり、パペット人形も登場している。批評家はこのビデオの世界観を『トイ・ストーリー3』に通じると指摘している。 (ja)
  • 「Goodbye Happiness」(グッバイ・ハピネス)は、日本のポップ歌手宇多田ヒカルによる楽曲。コンピレーション・アルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』(2010年)からの先行デジタルシングルとしてEMIミュージック・ジャパンより同年11月10日に配信がスタート(レコチョク先行配信、通常配信は11月17日)。音楽性的には、この楽曲はラブソングであると指摘されている。 批評家たちは「Goodbye Happiness」に肯定的評価を与え、いくつかの批評家は楽曲の歌詞の切なさについて言及した。「Goodbye Happiness」は大衆的にも成功を収めた。Billboard JAPAN Hot100をはじめとするビルボードの全てのシングルチャートで1位を獲得したほか、日本レコード協会によるダウンロードチャートRIAJ有料音楽配信チャートでも最高位8位を記録した。 宇多田はこの楽曲で初めてミュージック・ビデオの監督を務めた。ビデオは固定カメラにて一発撮りで撮影され、ビデオの中で彼女は「Automatic」や「traveling」、「ぼくはくま」といった自身の過去の楽曲をセルフ・パロディで表現した。また画面に収まるように屈んでダンスをしたり、パペット人形も登場している。批評家はこのビデオの世界観を『トイ・ストーリー3』に通じると指摘している。 (ja)
dbo:artist
dbo:genre
dbo:musicComposer
dbo:musicType
dbo:releaseDate
  • 2010-11-10 (xsd:date)
dbo:title
  • Goodbye Happiness (ja)
  • Goodbye Happiness (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2244142 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14532 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80929948 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:album
prop-ja:artist
prop-ja:chartPosition
  • *週間1位((Billboard Japan Hot 100)) *週間8位((RIAJ有料音楽配信チャート)) *2011年度年間26位((iTunes Rewind 2011)) (ja)
  • *週間1位((Billboard Japan Hot 100)) *週間8位((RIAJ有料音楽配信チャート)) *2011年度年間26位((iTunes Rewind 2011)) (ja)
prop-ja:composer
  • 宇多田ヒカル (ja)
  • 宇多田ヒカル (ja)
prop-ja:format
  • デジタルダウンロード (ja)
  • デジタルダウンロード (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:length
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Goodbye Happiness (ja)
  • Goodbye Happiness (ja)
prop-ja:released
  • 2010-11-10 (xsd:date)
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
  • 宇多田ヒカル (ja)
  • 宇多田ヒカル (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 「Goodbye Happiness」(グッバイ・ハピネス)は、日本のポップ歌手宇多田ヒカルによる楽曲。コンピレーション・アルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』(2010年)からの先行デジタルシングルとしてEMIミュージック・ジャパンより同年11月10日に配信がスタート(レコチョク先行配信、通常配信は11月17日)。音楽性的には、この楽曲はラブソングであると指摘されている。 批評家たちは「Goodbye Happiness」に肯定的評価を与え、いくつかの批評家は楽曲の歌詞の切なさについて言及した。「Goodbye Happiness」は大衆的にも成功を収めた。Billboard JAPAN Hot100をはじめとするビルボードの全てのシングルチャートで1位を獲得したほか、日本レコード協会によるダウンロードチャートRIAJ有料音楽配信チャートでも最高位8位を記録した。 (ja)
  • 「Goodbye Happiness」(グッバイ・ハピネス)は、日本のポップ歌手宇多田ヒカルによる楽曲。コンピレーション・アルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』(2010年)からの先行デジタルシングルとしてEMIミュージック・ジャパンより同年11月10日に配信がスタート(レコチョク先行配信、通常配信は11月17日)。音楽性的には、この楽曲はラブソングであると指摘されている。 批評家たちは「Goodbye Happiness」に肯定的評価を与え、いくつかの批評家は楽曲の歌詞の切なさについて言及した。「Goodbye Happiness」は大衆的にも成功を収めた。Billboard JAPAN Hot100をはじめとするビルボードの全てのシングルチャートで1位を獲得したほか、日本レコード協会によるダウンロードチャートRIAJ有料音楽配信チャートでも最高位8位を記録した。 (ja)
rdfs:label
  • Goodbye Happiness (ja)
  • Goodbye Happiness (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of