GlassFishは、サンを中心としたオープンソース・コミュニティと、同コミュニティで開発されたJava EE準拠のアプリケーションサーバの名称である。その後、サンを買収したオラクルによってコミュニティが継続された。2017年、Java EEの策定がEclipse Foundationに移管されることになり、それに伴いGlassFishも同組織に寄贈された。 本項では以降、特別な断りのない限りアプリケーションサーバのことを指すものとし、コミュニティについてはGlassFishコミュニティと呼称する。 GlassFishは設計・開発・テストのすべてをオープンソース・コミュニティ上で行っている。かつては、オラクル(サン)による商用サポート(商用版にはロードバランサなどオープンソースではないコンポーネントが追加されている)も同時に行われていたが、GlassFish 4.0を機に廃止され、開発者向けのJava EEの参照実装としての位置になっている。GlassFishはEclipse Public License (EPL)と、クラスパス例外を含むGNU General Public License (GPL) の二重ライセンスである。

Property Value
dbo:abstract
  • GlassFishは、サンを中心としたオープンソース・コミュニティと、同コミュニティで開発されたJava EE準拠のアプリケーションサーバの名称である。その後、サンを買収したオラクルによってコミュニティが継続された。2017年、Java EEの策定がEclipse Foundationに移管されることになり、それに伴いGlassFishも同組織に寄贈された。 本項では以降、特別な断りのない限りアプリケーションサーバのことを指すものとし、コミュニティについてはGlassFishコミュニティと呼称する。 GlassFishは設計・開発・テストのすべてをオープンソース・コミュニティ上で行っている。かつては、オラクル(サン)による商用サポート(商用版にはロードバランサなどオープンソースではないコンポーネントが追加されている)も同時に行われていたが、GlassFish 4.0を機に廃止され、開発者向けのJava EEの参照実装としての位置になっている。GlassFishはEclipse Public License (EPL)と、クラスパス例外を含むGNU General Public License (GPL) の二重ライセンスである。 (ja)
  • GlassFishは、サンを中心としたオープンソース・コミュニティと、同コミュニティで開発されたJava EE準拠のアプリケーションサーバの名称である。その後、サンを買収したオラクルによってコミュニティが継続された。2017年、Java EEの策定がEclipse Foundationに移管されることになり、それに伴いGlassFishも同組織に寄贈された。 本項では以降、特別な断りのない限りアプリケーションサーバのことを指すものとし、コミュニティについてはGlassFishコミュニティと呼称する。 GlassFishは設計・開発・テストのすべてをオープンソース・コミュニティ上で行っている。かつては、オラクル(サン)による商用サポート(商用版にはロードバランサなどオープンソースではないコンポーネントが追加されている)も同時に行われていたが、GlassFish 4.0を機に廃止され、開発者向けのJava EEの参照実装としての位置になっている。GlassFishはEclipse Public License (EPL)と、クラスパス例外を含むGNU General Public License (GPL) の二重ライセンスである。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 5.1
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1249462 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 12294 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 74699740 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • GlassFish (ja)
  • GlassFish (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:最新版
  • 5.100000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • GlassFishは、サンを中心としたオープンソース・コミュニティと、同コミュニティで開発されたJava EE準拠のアプリケーションサーバの名称である。その後、サンを買収したオラクルによってコミュニティが継続された。2017年、Java EEの策定がEclipse Foundationに移管されることになり、それに伴いGlassFishも同組織に寄贈された。 本項では以降、特別な断りのない限りアプリケーションサーバのことを指すものとし、コミュニティについてはGlassFishコミュニティと呼称する。 GlassFishは設計・開発・テストのすべてをオープンソース・コミュニティ上で行っている。かつては、オラクル(サン)による商用サポート(商用版にはロードバランサなどオープンソースではないコンポーネントが追加されている)も同時に行われていたが、GlassFish 4.0を機に廃止され、開発者向けのJava EEの参照実装としての位置になっている。GlassFishはEclipse Public License (EPL)と、クラスパス例外を含むGNU General Public License (GPL) の二重ライセンスである。 (ja)
  • GlassFishは、サンを中心としたオープンソース・コミュニティと、同コミュニティで開発されたJava EE準拠のアプリケーションサーバの名称である。その後、サンを買収したオラクルによってコミュニティが継続された。2017年、Java EEの策定がEclipse Foundationに移管されることになり、それに伴いGlassFishも同組織に寄贈された。 本項では以降、特別な断りのない限りアプリケーションサーバのことを指すものとし、コミュニティについてはGlassFishコミュニティと呼称する。 GlassFishは設計・開発・テストのすべてをオープンソース・コミュニティ上で行っている。かつては、オラクル(サン)による商用サポート(商用版にはロードバランサなどオープンソースではないコンポーネントが追加されている)も同時に行われていたが、GlassFish 4.0を機に廃止され、開発者向けのJava EEの参照実装としての位置になっている。GlassFishはEclipse Public License (EPL)と、クラスパス例外を含むGNU General Public License (GPL) の二重ライセンスである。 (ja)
rdfs:label
  • GlassFish (ja)
  • GlassFish (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • GlassFish (ja)
  • GlassFish (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of