gRPC (gRPC Remote Procedure Calls) は、オープンソースのリモートプロシージャコール (RPC) システムである。当初はGoogleによって、RPC基盤であるStubbyの次世代版として2015年に開発された。 gRPCは、HTTP/2をトランスポートとして利用し、Protocol Buffersをインタフェース記述言語およびデータエンコーディングとして利用する。提供する機能としては、認証、双方向のストリーミングとフロー制御、同期および非同期のバインディング、キャンセルとタイムアウトの対応などがある。多くの言語において、クロスプラットフォームなクライアントおよびサーバーのバインディングを生成できる。 gRPCの最も一般的な利用シナリオとしては、マイクロサービス型のアーキテクチャーにおけるサービス間の接続や、モバイルデバイスのクライアントとバックエンドサービスとの接続などが挙げられる。 なおgRPCはHTTP/2を高度に利用するため、gRPCクライアントをWebブラウザ上に直接実装することは不可能であり、他の方法で通信するためのプロキシが必要になる。grpc-webはこれを補助するためのソフトウェアであり、デフォルトのプロキシとしてenvoyを使用する。

Property Value
dbo:abstract
  • gRPC (gRPC Remote Procedure Calls) は、オープンソースのリモートプロシージャコール (RPC) システムである。当初はGoogleによって、RPC基盤であるStubbyの次世代版として2015年に開発された。 gRPCは、HTTP/2をトランスポートとして利用し、Protocol Buffersをインタフェース記述言語およびデータエンコーディングとして利用する。提供する機能としては、認証、双方向のストリーミングとフロー制御、同期および非同期のバインディング、キャンセルとタイムアウトの対応などがある。多くの言語において、クロスプラットフォームなクライアントおよびサーバーのバインディングを生成できる。 gRPCの最も一般的な利用シナリオとしては、マイクロサービス型のアーキテクチャーにおけるサービス間の接続や、モバイルデバイスのクライアントとバックエンドサービスとの接続などが挙げられる。 なおgRPCはHTTP/2を高度に利用するため、gRPCクライアントをWebブラウザ上に直接実装することは不可能であり、他の方法で通信するためのプロキシが必要になる。grpc-webはこれを補助するためのソフトウェアであり、デフォルトのプロキシとしてenvoyを使用する。 (ja)
  • gRPC (gRPC Remote Procedure Calls) は、オープンソースのリモートプロシージャコール (RPC) システムである。当初はGoogleによって、RPC基盤であるStubbyの次世代版として2015年に開発された。 gRPCは、HTTP/2をトランスポートとして利用し、Protocol Buffersをインタフェース記述言語およびデータエンコーディングとして利用する。提供する機能としては、認証、双方向のストリーミングとフロー制御、同期および非同期のバインディング、キャンセルとタイムアウトの対応などがある。多くの言語において、クロスプラットフォームなクライアントおよびサーバーのバインディングを生成できる。 gRPCの最も一般的な利用シナリオとしては、マイクロサービス型のアーキテクチャーにおけるサービス間の接続や、モバイルデバイスのクライアントとバックエンドサービスとの接続などが挙げられる。 なおgRPCはHTTP/2を高度に利用するため、gRPCクライアントをWebブラウザ上に直接実装することは不可能であり、他の方法で通信するためのプロキシが必要になる。grpc-webはこれを補助するためのソフトウェアであり、デフォルトのプロキシとしてenvoyを使用する。 (ja)
dbo:creator
dbo:latestReleaseVersion
  • 1.29.1
dbo:license
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4033782 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2133 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85646988 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
prop-ja:genre
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 1.290000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • gRPC (ja)
  • gRPC (ja)
prop-ja:programmingLanguage
  • Android Java, C#, C++, Dart, Go, Java, Kotlin/JVM, Node.js, Objective-C, PHP, Python, Ruby (ja)
  • Android Java, C#, C++, Dart, Go, Java, Kotlin/JVM, Node.js, Objective-C, PHP, Python, Ruby (ja)
prop-ja:released
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • gRPC (ja)
  • gRPC (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • gRPC (gRPC Remote Procedure Calls) は、オープンソースのリモートプロシージャコール (RPC) システムである。当初はGoogleによって、RPC基盤であるStubbyの次世代版として2015年に開発された。 gRPCは、HTTP/2をトランスポートとして利用し、Protocol Buffersをインタフェース記述言語およびデータエンコーディングとして利用する。提供する機能としては、認証、双方向のストリーミングとフロー制御、同期および非同期のバインディング、キャンセルとタイムアウトの対応などがある。多くの言語において、クロスプラットフォームなクライアントおよびサーバーのバインディングを生成できる。 gRPCの最も一般的な利用シナリオとしては、マイクロサービス型のアーキテクチャーにおけるサービス間の接続や、モバイルデバイスのクライアントとバックエンドサービスとの接続などが挙げられる。 なおgRPCはHTTP/2を高度に利用するため、gRPCクライアントをWebブラウザ上に直接実装することは不可能であり、他の方法で通信するためのプロキシが必要になる。grpc-webはこれを補助するためのソフトウェアであり、デフォルトのプロキシとしてenvoyを使用する。 (ja)
  • gRPC (gRPC Remote Procedure Calls) は、オープンソースのリモートプロシージャコール (RPC) システムである。当初はGoogleによって、RPC基盤であるStubbyの次世代版として2015年に開発された。 gRPCは、HTTP/2をトランスポートとして利用し、Protocol Buffersをインタフェース記述言語およびデータエンコーディングとして利用する。提供する機能としては、認証、双方向のストリーミングとフロー制御、同期および非同期のバインディング、キャンセルとタイムアウトの対応などがある。多くの言語において、クロスプラットフォームなクライアントおよびサーバーのバインディングを生成できる。 gRPCの最も一般的な利用シナリオとしては、マイクロサービス型のアーキテクチャーにおけるサービス間の接続や、モバイルデバイスのクライアントとバックエンドサービスとの接続などが挙げられる。 なおgRPCはHTTP/2を高度に利用するため、gRPCクライアントをWebブラウザ上に直接実装することは不可能であり、他の方法で通信するためのプロキシが必要になる。grpc-webはこれを補助するためのソフトウェアであり、デフォルトのプロキシとしてenvoyを使用する。 (ja)
rdfs:label
  • GRPC (ja)
  • GRPC (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • gRPC (ja)
  • gRPC (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of