『GO TO THE FUTURE』(ゴー・トゥ・ザ・フューチャー)は、日本のロック・バンド、サカナクションのデビュースタジオ・アルバム。バンドのフロントマン山口一郎によって全曲がバンドの地元である北海道で作詞・作曲された。2007年5月9日にビクターエンタテインメント内のレーベル、BabeStar Labelよりリリースされた。バンド初期に制作された曲に加え、山口とギターの岩寺基晴が以前在籍していたインディーズバンド、ダッチマン時代に制作した楽曲も収録している。また、2009年にはグローバルにデジタル・ダウンロード販売を開始。iTunesなどの音楽配信サイトによって各国に向けて発売された。2015年には、リマスタリングを施し、LP盤とCDで再発盤をリリースしている。 アルバムは、複数の音楽評論家によって肯定的に評価されており、タワーレコードのレビュアーは、「テクノやエレクトロニカをまぶしたバンド・サウンドと、 [中略] その調和がもたらす洗練されたグルーヴが、彼らの特異性を露わにしている。」と肯定的に評価している。また、アルバムは全国的かつ商業的には成功していないものの、北海道では発売当初好評であった。「三日月サンセット」などのアルバム主要曲は、エフエム・ノースウェーブやエフエム北海道をはじめとする北海道の主要エフエム放送局でヘヴィー・ローテーションされた。

Property Value
dbo:abstract
  • 『GO TO THE FUTURE』(ゴー・トゥ・ザ・フューチャー)は、日本のロック・バンド、サカナクションのデビュースタジオ・アルバム。バンドのフロントマン山口一郎によって全曲がバンドの地元である北海道で作詞・作曲された。2007年5月9日にビクターエンタテインメント内のレーベル、BabeStar Labelよりリリースされた。バンド初期に制作された曲に加え、山口とギターの岩寺基晴が以前在籍していたインディーズバンド、ダッチマン時代に制作した楽曲も収録している。また、2009年にはグローバルにデジタル・ダウンロード販売を開始。iTunesなどの音楽配信サイトによって各国に向けて発売された。2015年には、リマスタリングを施し、LP盤とCDで再発盤をリリースしている。 アルバムは、複数の音楽評論家によって肯定的に評価されており、タワーレコードのレビュアーは、「テクノやエレクトロニカをまぶしたバンド・サウンドと、 [中略] その調和がもたらす洗練されたグルーヴが、彼らの特異性を露わにしている。」と肯定的に評価している。また、アルバムは全国的かつ商業的には成功していないものの、北海道では発売当初好評であった。「三日月サンセット」などのアルバム主要曲は、エフエム・ノースウェーブやエフエム北海道をはじめとする北海道の主要エフエム放送局でヘヴィー・ローテーションされた。 (ja)
  • 『GO TO THE FUTURE』(ゴー・トゥ・ザ・フューチャー)は、日本のロック・バンド、サカナクションのデビュースタジオ・アルバム。バンドのフロントマン山口一郎によって全曲がバンドの地元である北海道で作詞・作曲された。2007年5月9日にビクターエンタテインメント内のレーベル、BabeStar Labelよりリリースされた。バンド初期に制作された曲に加え、山口とギターの岩寺基晴が以前在籍していたインディーズバンド、ダッチマン時代に制作した楽曲も収録している。また、2009年にはグローバルにデジタル・ダウンロード販売を開始。iTunesなどの音楽配信サイトによって各国に向けて発売された。2015年には、リマスタリングを施し、LP盤とCDで再発盤をリリースしている。 アルバムは、複数の音楽評論家によって肯定的に評価されており、タワーレコードのレビュアーは、「テクノやエレクトロニカをまぶしたバンド・サウンドと、 [中略] その調和がもたらす洗練されたグルーヴが、彼らの特異性を露わにしている。」と肯定的に評価している。また、アルバムは全国的かつ商業的には成功していないものの、北海道では発売当初好評であった。「三日月サンセット」などのアルバム主要曲は、エフエム・ノースウェーブやエフエム北海道をはじめとする北海道の主要エフエム放送局でヘヴィー・ローテーションされた。 (ja)
dbo:album
dbo:artist
dbo:genre
dbo:position
dbo:recordLabel
dbo:releaseDate
  • 2007-05-09 (xsd:date)
dbo:title
  • GO TO THE FUTURE (ja)
  • GO TO THE FUTURE (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1984910 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14563 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81183235 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left (ja)
  • left (ja)
prop-ja:allWriting
prop-ja:artist
prop-ja:chartPosition
  • *週間105位(オリコン) *週間55位(再発盤・オリコン) (ja)
  • *週間105位(オリコン) *週間55位(再発盤・オリコン) (ja)
prop-ja:collapsed
  • no (ja)
  • no (ja)
prop-ja:ean
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:genre
  • ロックエレクトロニカ (ja)
  • ロックエレクトロニカ (ja)
prop-ja:id
  • 73550 (xsd:integer)
  • 73551 (xsd:integer)
  • 73552 (xsd:integer)
  • 73553 (xsd:integer)
  • 73554 (xsd:integer)
  • 73555 (xsd:integer)
  • 73556 (xsd:integer)
  • 73557 (xsd:integer)
prop-ja:label
  • ビクターエンタテインメントBabeStar Label (ja)
  • ビクターエンタテインメントBabeStar Label (ja)
prop-ja:length
  • 34 (xsd:integer)
  • 196.0
  • 210.0
  • 227.0
  • 249.0
  • 265.0
  • 276.0
  • 329.0
  • 330.0
prop-ja:name
  • GO TO THE FUTURE (ja)
  • GO TO THE FUTURE (ja)
prop-ja:nextAlbum
prop-ja:recorded
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:released
  • 2007-05-09 (xsd:date)
  • 日本・世界・韓国 (ja)
prop-ja:song
  • フクロウ (ja)
  • 三日月サンセット (ja)
  • 夜の東側 (ja)
  • 白波トップウォーター (ja)
  • GO TO THE FUTURE (ja)
  • あめふら (ja)
  • インナーワールド (ja)
  • 開花 (ja)
  • フクロウ (ja)
  • 三日月サンセット (ja)
  • 夜の東側 (ja)
  • 白波トップウォーター (ja)
  • GO TO THE FUTURE (ja)
  • あめふら (ja)
  • インナーワールド (ja)
  • 開花 (ja)
prop-ja:thisAlbum
  • (2007年) (ja)
  • GO TO THE FUTURE (ja)
  • (2007年) (ja)
  • GO TO THE FUTURE (ja)
prop-ja:title
prop-ja:totalLength
  • 2076.0
prop-ja:type
prop-ja:video
  • – サカナクションの自己レーベル、NF Recodsの公式チャンネルによるミュージックビデオへのリンク。 (ja)
  • – サカナクションの自己レーベル、NF Recodsの公式チャンネルによるミュージックビデオへのリンク。 (ja)
prop-ja:width
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『GO TO THE FUTURE』(ゴー・トゥ・ザ・フューチャー)は、日本のロック・バンド、サカナクションのデビュースタジオ・アルバム。バンドのフロントマン山口一郎によって全曲がバンドの地元である北海道で作詞・作曲された。2007年5月9日にビクターエンタテインメント内のレーベル、BabeStar Labelよりリリースされた。バンド初期に制作された曲に加え、山口とギターの岩寺基晴が以前在籍していたインディーズバンド、ダッチマン時代に制作した楽曲も収録している。また、2009年にはグローバルにデジタル・ダウンロード販売を開始。iTunesなどの音楽配信サイトによって各国に向けて発売された。2015年には、リマスタリングを施し、LP盤とCDで再発盤をリリースしている。 アルバムは、複数の音楽評論家によって肯定的に評価されており、タワーレコードのレビュアーは、「テクノやエレクトロニカをまぶしたバンド・サウンドと、 [中略] その調和がもたらす洗練されたグルーヴが、彼らの特異性を露わにしている。」と肯定的に評価している。また、アルバムは全国的かつ商業的には成功していないものの、北海道では発売当初好評であった。「三日月サンセット」などのアルバム主要曲は、エフエム・ノースウェーブやエフエム北海道をはじめとする北海道の主要エフエム放送局でヘヴィー・ローテーションされた。 (ja)
  • 『GO TO THE FUTURE』(ゴー・トゥ・ザ・フューチャー)は、日本のロック・バンド、サカナクションのデビュースタジオ・アルバム。バンドのフロントマン山口一郎によって全曲がバンドの地元である北海道で作詞・作曲された。2007年5月9日にビクターエンタテインメント内のレーベル、BabeStar Labelよりリリースされた。バンド初期に制作された曲に加え、山口とギターの岩寺基晴が以前在籍していたインディーズバンド、ダッチマン時代に制作した楽曲も収録している。また、2009年にはグローバルにデジタル・ダウンロード販売を開始。iTunesなどの音楽配信サイトによって各国に向けて発売された。2015年には、リマスタリングを施し、LP盤とCDで再発盤をリリースしている。 アルバムは、複数の音楽評論家によって肯定的に評価されており、タワーレコードのレビュアーは、「テクノやエレクトロニカをまぶしたバンド・サウンドと、 [中略] その調和がもたらす洗練されたグルーヴが、彼らの特異性を露わにしている。」と肯定的に評価している。また、アルバムは全国的かつ商業的には成功していないものの、北海道では発売当初好評であった。「三日月サンセット」などのアルバム主要曲は、エフエム・ノースウェーブやエフエム北海道をはじめとする北海道の主要エフエム放送局でヘヴィー・ローテーションされた。 (ja)
rdfs:label
  • GO TO THE FUTURE (ja)
  • GO TO THE FUTURE (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:previousWork of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:fromAlbum of
is prop-ja:lastAlbum of
is foaf:primaryTopic of