GNU Guixは、クロスプラットフォームのパッケージマネージャで、インスタンス生成とオペレーティングシステム (OS) の管理をUnix系でするためのツールでもある。GuileスキームAPIを持つNixパッケージマネージャに基き、完全にフリーソフトウェアである。伝統的なパッケージマネージャと異なり、GuixはNixのように、ソフトウェアはハッシュによって生成された単一のディレクトリにインストールされるという、純粋に関数的なデプロイのモデルを利用している。それぞれのソフトウェアの依存関係はそれぞれのハッシュに含まれており、依存地獄の問題を解決する。このパッケージ管理に対するアプローチは、より信頼性があり、再生産的で、ポータブルなパッケージを生成することを約束する 。 GNU Guixの開発は、Guixシステムの開発と絡み合っており、これは完全にインストール可能なGNUシステムでLinux-libreカーネルとGNU Shephered initシステムを用いている。 Guixのロールバック機能は、Nixの設計によるもので、これはDebian、Arch Linux、Fedora、CentOS、openSUSEとそれぞれの派生物には見られないものである。

Property Value
dbo:abstract
  • GNU Guixは、クロスプラットフォームのパッケージマネージャで、インスタンス生成とオペレーティングシステム (OS) の管理をUnix系でするためのツールでもある。GuileスキームAPIを持つNixパッケージマネージャに基き、完全にフリーソフトウェアである。伝統的なパッケージマネージャと異なり、GuixはNixのように、ソフトウェアはハッシュによって生成された単一のディレクトリにインストールされるという、純粋に関数的なデプロイのモデルを利用している。それぞれのソフトウェアの依存関係はそれぞれのハッシュに含まれており、依存地獄の問題を解決する。このパッケージ管理に対するアプローチは、より信頼性があり、再生産的で、ポータブルなパッケージを生成することを約束する 。 GNU Guixの開発は、Guixシステムの開発と絡み合っており、これは完全にインストール可能なGNUシステムでLinux-libreカーネルとGNU Shephered initシステムを用いている。 Guixのロールバック機能は、Nixの設計によるもので、これはDebian、Arch Linux、Fedora、CentOS、openSUSEとそれぞれの派生物には見られないものである。 プロジェクトは、ボランティアチームによりインターネットを通じて管理されており、これはメンバーとともにフランスの非営利組織Guix Europeに組み込まれている。 (ja)
  • GNU Guixは、クロスプラットフォームのパッケージマネージャで、インスタンス生成とオペレーティングシステム (OS) の管理をUnix系でするためのツールでもある。GuileスキームAPIを持つNixパッケージマネージャに基き、完全にフリーソフトウェアである。伝統的なパッケージマネージャと異なり、GuixはNixのように、ソフトウェアはハッシュによって生成された単一のディレクトリにインストールされるという、純粋に関数的なデプロイのモデルを利用している。それぞれのソフトウェアの依存関係はそれぞれのハッシュに含まれており、依存地獄の問題を解決する。このパッケージ管理に対するアプローチは、より信頼性があり、再生産的で、ポータブルなパッケージを生成することを約束する 。 GNU Guixの開発は、Guixシステムの開発と絡み合っており、これは完全にインストール可能なGNUシステムでLinux-libreカーネルとGNU Shephered initシステムを用いている。 Guixのロールバック機能は、Nixの設計によるもので、これはDebian、Arch Linux、Fedora、CentOS、openSUSEとそれぞれの派生物には見られないものである。 プロジェクトは、ボランティアチームによりインターネットを通じて管理されており、これはメンバーとともにフランスの非営利組織Guix Europeに組み込まれている。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 1.1.0
dbo:license
dbo:programmingLanguage
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4039598 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8216 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80142562 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 1.100000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:logo
  • File:Guix logo.svg (ja)
  • File:Guix logo.svg (ja)
prop-ja:logoSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • GNU Guix (ja)
  • GNU Guix (ja)
prop-ja:programmingLanguage
  • Guile Scheme, C++ (ja)
  • Guile Scheme, C++ (ja)
prop-ja:title
  • GNU Guix (ja)
  • GNU Guix (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • GNU Guixは、クロスプラットフォームのパッケージマネージャで、インスタンス生成とオペレーティングシステム (OS) の管理をUnix系でするためのツールでもある。GuileスキームAPIを持つNixパッケージマネージャに基き、完全にフリーソフトウェアである。伝統的なパッケージマネージャと異なり、GuixはNixのように、ソフトウェアはハッシュによって生成された単一のディレクトリにインストールされるという、純粋に関数的なデプロイのモデルを利用している。それぞれのソフトウェアの依存関係はそれぞれのハッシュに含まれており、依存地獄の問題を解決する。このパッケージ管理に対するアプローチは、より信頼性があり、再生産的で、ポータブルなパッケージを生成することを約束する 。 GNU Guixの開発は、Guixシステムの開発と絡み合っており、これは完全にインストール可能なGNUシステムでLinux-libreカーネルとGNU Shephered initシステムを用いている。 Guixのロールバック機能は、Nixの設計によるもので、これはDebian、Arch Linux、Fedora、CentOS、openSUSEとそれぞれの派生物には見られないものである。 (ja)
  • GNU Guixは、クロスプラットフォームのパッケージマネージャで、インスタンス生成とオペレーティングシステム (OS) の管理をUnix系でするためのツールでもある。GuileスキームAPIを持つNixパッケージマネージャに基き、完全にフリーソフトウェアである。伝統的なパッケージマネージャと異なり、GuixはNixのように、ソフトウェアはハッシュによって生成された単一のディレクトリにインストールされるという、純粋に関数的なデプロイのモデルを利用している。それぞれのソフトウェアの依存関係はそれぞれのハッシュに含まれており、依存地獄の問題を解決する。このパッケージ管理に対するアプローチは、より信頼性があり、再生産的で、ポータブルなパッケージを生成することを約束する 。 GNU Guixの開発は、Guixシステムの開発と絡み合っており、これは完全にインストール可能なGNUシステムでLinux-libreカーネルとGNU Shephered initシステムを用いている。 Guixのロールバック機能は、Nixの設計によるもので、これはDebian、Arch Linux、Fedora、CentOS、openSUSEとそれぞれの派生物には見られないものである。 (ja)
rdfs:label
  • GNU Guix (ja)
  • GNU Guix (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • GNU Guix (ja)
  • GNU Guix (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of