G.721 は、音声コーデックのITU-T標準規格の一つ。適応差分パルス符号変調(ADPCM)を用いた初期の音声符号化方式であり、32 kbit/s の仕様が定義されている。G.721の正式な名称は32 kbit/s adaptive differential pulse code modulation (ADPCM) (32 kbit/s 適応差分パルス符号変調(ADPCM))である。 24 kbit/s と 40 kbit/s をサポートした同様の規格であるG.723と共に、G.726 で置き換えられ現在では使われていない。

Property Value
dbo:abstract
  • G.721 は、音声コーデックのITU-T標準規格の一つ。適応差分パルス符号変調(ADPCM)を用いた初期の音声符号化方式であり、32 kbit/s の仕様が定義されている。G.721の正式な名称は32 kbit/s adaptive differential pulse code modulation (ADPCM) (32 kbit/s 適応差分パルス符号変調(ADPCM))である。 24 kbit/s と 40 kbit/s をサポートした同様の規格であるG.723と共に、G.726 で置き換えられ現在では使われていない。 (ja)
  • G.721 は、音声コーデックのITU-T標準規格の一つ。適応差分パルス符号変調(ADPCM)を用いた初期の音声符号化方式であり、32 kbit/s の仕様が定義されている。G.721の正式な名称は32 kbit/s adaptive differential pulse code modulation (ADPCM) (32 kbit/s 適応差分パルス符号変調(ADPCM))である。 24 kbit/s と 40 kbit/s をサポートした同様の規格であるG.723と共に、G.726 で置き換えられ現在では使われていない。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2101885 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 607 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 58283979 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • G.721 は、音声コーデックのITU-T標準規格の一つ。適応差分パルス符号変調(ADPCM)を用いた初期の音声符号化方式であり、32 kbit/s の仕様が定義されている。G.721の正式な名称は32 kbit/s adaptive differential pulse code modulation (ADPCM) (32 kbit/s 適応差分パルス符号変調(ADPCM))である。 24 kbit/s と 40 kbit/s をサポートした同様の規格であるG.723と共に、G.726 で置き換えられ現在では使われていない。 (ja)
  • G.721 は、音声コーデックのITU-T標準規格の一つ。適応差分パルス符号変調(ADPCM)を用いた初期の音声符号化方式であり、32 kbit/s の仕様が定義されている。G.721の正式な名称は32 kbit/s adaptive differential pulse code modulation (ADPCM) (32 kbit/s 適応差分パルス符号変調(ADPCM))である。 24 kbit/s と 40 kbit/s をサポートした同様の規格であるG.723と共に、G.726 で置き換えられ現在では使われていない。 (ja)
rdfs:label
  • G.721 (ja)
  • G.721 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of