G'MICは、フリーかつオープンソースの画像処理フレームワークである。これは、複雑なマクロの作成が可能なスクリプト言語を定義している。元々、コマンドラインインターフェースを通してのみ使用可能であったが、現在ではGIMPプラグインとして利用できる。また、G'MICは、Kritaによってもサポートされている。G'MICはCeCILLライセンスの元でライセンスされている。

Property Value
dbo:abstract
  • G'MICは、フリーかつオープンソースの画像処理フレームワークである。これは、複雑なマクロの作成が可能なスクリプト言語を定義している。元々、コマンドラインインターフェースを通してのみ使用可能であったが、現在ではGIMPプラグインとして利用できる。また、G'MICは、Kritaによってもサポートされている。G'MICはCeCILLライセンスの元でライセンスされている。 (ja)
  • G'MICは、フリーかつオープンソースの画像処理フレームワークである。これは、複雑なマクロの作成が可能なスクリプト言語を定義している。元々、コマンドラインインターフェースを通してのみ使用可能であったが、現在ではGIMPプラグインとして利用できる。また、G'MICは、Kritaによってもサポートされている。G'MICはCeCILLライセンスの元でライセンスされている。 (ja)
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3444267 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1956 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86009267 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:genre
  • 画像加工 (ja)
  • 画像加工 (ja)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • G'MIC (ja)
  • G'MIC (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • G'MICは、フリーかつオープンソースの画像処理フレームワークである。これは、複雑なマクロの作成が可能なスクリプト言語を定義している。元々、コマンドラインインターフェースを通してのみ使用可能であったが、現在ではGIMPプラグインとして利用できる。また、G'MICは、Kritaによってもサポートされている。G'MICはCeCILLライセンスの元でライセンスされている。 (ja)
  • G'MICは、フリーかつオープンソースの画像処理フレームワークである。これは、複雑なマクロの作成が可能なスクリプト言語を定義している。元々、コマンドラインインターフェースを通してのみ使用可能であったが、現在ではGIMPプラグインとして利用できる。また、G'MICは、Kritaによってもサポートされている。G'MICはCeCILLライセンスの元でライセンスされている。 (ja)
rdfs:label
  • G'MIC (ja)
  • G'MIC (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • G'MIC (ja)
  • G'MIC (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of