Gスポット(Gräfenberg spot:G-spot)とは、ドイツのエルンスト・グレフェンベルク(Ernst Gräfenberg)にちなんで命名された、恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域。女性にとってクリトリス 小さな領域からさらに場所を特定すると恥骨の直下にある、女性の尿道海綿体のことである。一般に膣に中指を全て入れて第二関節を曲げた周辺にある場合が多い。そこには、スキーン腺(小前庭腺)という分泌腺がある。スキーン腺は発生学的には男性の前立腺に相当するので、(女性には存在しないが)女性の前立腺という名称で呼ばれる場合もある。 日本では名古屋市立大学の渡仲三名誉教授が電子顕微鏡を使って、Gスポット周辺に知覚神経を発見した。他方、2008年にはイタリアのラクィラ大学(University of L'Aquila)の研究グループが「確かに存在するが、全員に備わっているわけではない」とする研究報告をイギリスの科学誌・New Scientistに発表した。最近の報告では、2010年にイギリスのキングス・カレッジ・ロンドンの研究グループが、1800人の双子の女性を対象に聞き取り調査し、Gスポットの存在を否定する研究成果を発表したが、イタリアのジャンニーニ教授らにより、クリトリス(C)・尿道(U)・膣(V)からなる複合体「CUVコンプレックス」であると見られている。

Property Value
dbo:abstract
  • Gスポット(Gräfenberg spot:G-spot)とは、ドイツのエルンスト・グレフェンベルク(Ernst Gräfenberg)にちなんで命名された、恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域。女性にとってクリトリス 小さな領域からさらに場所を特定すると恥骨の直下にある、女性の尿道海綿体のことである。一般に膣に中指を全て入れて第二関節を曲げた周辺にある場合が多い。そこには、スキーン腺(小前庭腺)という分泌腺がある。スキーン腺は発生学的には男性の前立腺に相当するので、(女性には存在しないが)女性の前立腺という名称で呼ばれる場合もある。 日本では名古屋市立大学の渡仲三名誉教授が電子顕微鏡を使って、Gスポット周辺に知覚神経を発見した。他方、2008年にはイタリアのラクィラ大学(University of L'Aquila)の研究グループが「確かに存在するが、全員に備わっているわけではない」とする研究報告をイギリスの科学誌・New Scientistに発表した。最近の報告では、2010年にイギリスのキングス・カレッジ・ロンドンの研究グループが、1800人の双子の女性を対象に聞き取り調査し、Gスポットの存在を否定する研究成果を発表したが、イタリアのジャンニーニ教授らにより、クリトリス(C)・尿道(U)・膣(V)からなる複合体「CUVコンプレックス」であると見られている。 この場所は雄が後ろからのしかかって交尾する際に刺激される部分である。チンパンジーの場合、この部位に刺激を受けるとわずか5秒後に子宮の収縮が起こりその収縮は1分程続く。 (ja)
  • Gスポット(Gräfenberg spot:G-spot)とは、ドイツのエルンスト・グレフェンベルク(Ernst Gräfenberg)にちなんで命名された、恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域。女性にとってクリトリス 小さな領域からさらに場所を特定すると恥骨の直下にある、女性の尿道海綿体のことである。一般に膣に中指を全て入れて第二関節を曲げた周辺にある場合が多い。そこには、スキーン腺(小前庭腺)という分泌腺がある。スキーン腺は発生学的には男性の前立腺に相当するので、(女性には存在しないが)女性の前立腺という名称で呼ばれる場合もある。 日本では名古屋市立大学の渡仲三名誉教授が電子顕微鏡を使って、Gスポット周辺に知覚神経を発見した。他方、2008年にはイタリアのラクィラ大学(University of L'Aquila)の研究グループが「確かに存在するが、全員に備わっているわけではない」とする研究報告をイギリスの科学誌・New Scientistに発表した。最近の報告では、2010年にイギリスのキングス・カレッジ・ロンドンの研究グループが、1800人の双子の女性を対象に聞き取り調査し、Gスポットの存在を否定する研究成果を発表したが、イタリアのジャンニーニ教授らにより、クリトリス(C)・尿道(U)・膣(V)からなる複合体「CUVコンプレックス」であると見られている。 この場所は雄が後ろからのしかかって交尾する際に刺激される部分である。チンパンジーの場合、この部位に刺激を受けるとわずか5秒後に子宮の収縮が起こりその収縮は1分程続く。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 73392 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2535 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87572585 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Gスポット(Gräfenberg spot:G-spot)とは、ドイツのエルンスト・グレフェンベルク(Ernst Gräfenberg)にちなんで命名された、恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域。女性にとってクリトリス 小さな領域からさらに場所を特定すると恥骨の直下にある、女性の尿道海綿体のことである。一般に膣に中指を全て入れて第二関節を曲げた周辺にある場合が多い。そこには、スキーン腺(小前庭腺)という分泌腺がある。スキーン腺は発生学的には男性の前立腺に相当するので、(女性には存在しないが)女性の前立腺という名称で呼ばれる場合もある。 日本では名古屋市立大学の渡仲三名誉教授が電子顕微鏡を使って、Gスポット周辺に知覚神経を発見した。他方、2008年にはイタリアのラクィラ大学(University of L'Aquila)の研究グループが「確かに存在するが、全員に備わっているわけではない」とする研究報告をイギリスの科学誌・New Scientistに発表した。最近の報告では、2010年にイギリスのキングス・カレッジ・ロンドンの研究グループが、1800人の双子の女性を対象に聞き取り調査し、Gスポットの存在を否定する研究成果を発表したが、イタリアのジャンニーニ教授らにより、クリトリス(C)・尿道(U)・膣(V)からなる複合体「CUVコンプレックス」であると見られている。 (ja)
  • Gスポット(Gräfenberg spot:G-spot)とは、ドイツのエルンスト・グレフェンベルク(Ernst Gräfenberg)にちなんで命名された、恥骨の下にある膣壁前方上部の小さな領域。女性にとってクリトリス 小さな領域からさらに場所を特定すると恥骨の直下にある、女性の尿道海綿体のことである。一般に膣に中指を全て入れて第二関節を曲げた周辺にある場合が多い。そこには、スキーン腺(小前庭腺)という分泌腺がある。スキーン腺は発生学的には男性の前立腺に相当するので、(女性には存在しないが)女性の前立腺という名称で呼ばれる場合もある。 日本では名古屋市立大学の渡仲三名誉教授が電子顕微鏡を使って、Gスポット周辺に知覚神経を発見した。他方、2008年にはイタリアのラクィラ大学(University of L'Aquila)の研究グループが「確かに存在するが、全員に備わっているわけではない」とする研究報告をイギリスの科学誌・New Scientistに発表した。最近の報告では、2010年にイギリスのキングス・カレッジ・ロンドンの研究グループが、1800人の双子の女性を対象に聞き取り調査し、Gスポットの存在を否定する研究成果を発表したが、イタリアのジャンニーニ教授らにより、クリトリス(C)・尿道(U)・膣(V)からなる複合体「CUVコンプレックス」であると見られている。 (ja)
rdfs:label
  • Gスポット (ja)
  • Gスポット (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of