Filesystem in Userspace (FUSE) はUnix系コンピュータオペレーティングシステム用のソフトウェアインタフェースである。権限を持たないユーザがカーネルコードを修正することなく独自のファイルシステムを作成できる機能を提供する。これは、ファイルシステムのコードをユーザ空間で実行することでなされるもので、その際FUSEモジュールは実際のカーネルインタフェースへの「橋渡し」しか提供しない。 FUSEはフリーソフトウェアであり、GNU General Public LicenseとGNU Lesser General Public Licenseに基づきリリースされている。FUSEのシステムは元々A Virtual Filesystem (AVFS) の一部だったが、SourceForge.net上で独立したプロジェクトとして分離された。 FUSEはLinux、FreeBSD、NetBSD (PUFFS)、DragonFly BSD (PUFFS)、OpenSolaris、、Android、およびmacOSで利用できる。FUSEはメインストリームLinuxカーネルツリーに、カーネルバージョン2.6.14から公式にマージされた。

Property Value
dbo:abstract
  • Filesystem in Userspace (FUSE) はUnix系コンピュータオペレーティングシステム用のソフトウェアインタフェースである。権限を持たないユーザがカーネルコードを修正することなく独自のファイルシステムを作成できる機能を提供する。これは、ファイルシステムのコードをユーザ空間で実行することでなされるもので、その際FUSEモジュールは実際のカーネルインタフェースへの「橋渡し」しか提供しない。 FUSEはフリーソフトウェアであり、GNU General Public LicenseとGNU Lesser General Public Licenseに基づきリリースされている。FUSEのシステムは元々A Virtual Filesystem (AVFS) の一部だったが、SourceForge.net上で独立したプロジェクトとして分離された。 FUSEはLinux、FreeBSD、NetBSD (PUFFS)、DragonFly BSD (PUFFS)、OpenSolaris、、Android、およびmacOSで利用できる。FUSEはメインストリームLinuxカーネルツリーに、カーネルバージョン2.6.14から公式にマージされた。 ISCライセンスに基づきSylvestre Gallonが再実装したFUSEが2013年5月にリリースされ、同年6月にOpenBSDへと組み込まれた。 (ja)
  • Filesystem in Userspace (FUSE) はUnix系コンピュータオペレーティングシステム用のソフトウェアインタフェースである。権限を持たないユーザがカーネルコードを修正することなく独自のファイルシステムを作成できる機能を提供する。これは、ファイルシステムのコードをユーザ空間で実行することでなされるもので、その際FUSEモジュールは実際のカーネルインタフェースへの「橋渡し」しか提供しない。 FUSEはフリーソフトウェアであり、GNU General Public LicenseとGNU Lesser General Public Licenseに基づきリリースされている。FUSEのシステムは元々A Virtual Filesystem (AVFS) の一部だったが、SourceForge.net上で独立したプロジェクトとして分離された。 FUSEはLinux、FreeBSD、NetBSD (PUFFS)、DragonFly BSD (PUFFS)、OpenSolaris、、Android、およびmacOSで利用できる。FUSEはメインストリームLinuxカーネルツリーに、カーネルバージョン2.6.14から公式にマージされた。 ISCライセンスに基づきSylvestre Gallonが再実装したFUSEが2013年5月にリリースされ、同年6月にOpenBSDへと組み込まれた。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 3.9.1
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1502721 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8711 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 82878162 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • FUSEの動作を図にしたフローチャートダイアグラム (ja)
  • FUSEの動作を図にしたフローチャートダイアグラム (ja)
prop-ja:genre
  • ファイルシステムドライバ (ja)
  • ファイルシステムドライバ (ja)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 3.900000 (xsd:double)
prop-ja:license
  • カーネル部はGPL、LibfuseはLGPL (ja)
  • カーネル部はGPL、LibfuseはLGPL (ja)
prop-ja:name
  • Filesystem in Userspace (ja)
  • Filesystem in Userspace (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:screenshot
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Filesystem in Userspace (FUSE) はUnix系コンピュータオペレーティングシステム用のソフトウェアインタフェースである。権限を持たないユーザがカーネルコードを修正することなく独自のファイルシステムを作成できる機能を提供する。これは、ファイルシステムのコードをユーザ空間で実行することでなされるもので、その際FUSEモジュールは実際のカーネルインタフェースへの「橋渡し」しか提供しない。 FUSEはフリーソフトウェアであり、GNU General Public LicenseとGNU Lesser General Public Licenseに基づきリリースされている。FUSEのシステムは元々A Virtual Filesystem (AVFS) の一部だったが、SourceForge.net上で独立したプロジェクトとして分離された。 FUSEはLinux、FreeBSD、NetBSD (PUFFS)、DragonFly BSD (PUFFS)、OpenSolaris、、Android、およびmacOSで利用できる。FUSEはメインストリームLinuxカーネルツリーに、カーネルバージョン2.6.14から公式にマージされた。 (ja)
  • Filesystem in Userspace (FUSE) はUnix系コンピュータオペレーティングシステム用のソフトウェアインタフェースである。権限を持たないユーザがカーネルコードを修正することなく独自のファイルシステムを作成できる機能を提供する。これは、ファイルシステムのコードをユーザ空間で実行することでなされるもので、その際FUSEモジュールは実際のカーネルインタフェースへの「橋渡し」しか提供しない。 FUSEはフリーソフトウェアであり、GNU General Public LicenseとGNU Lesser General Public Licenseに基づきリリースされている。FUSEのシステムは元々A Virtual Filesystem (AVFS) の一部だったが、SourceForge.net上で独立したプロジェクトとして分離された。 FUSEはLinux、FreeBSD、NetBSD (PUFFS)、DragonFly BSD (PUFFS)、OpenSolaris、、Android、およびmacOSで利用できる。FUSEはメインストリームLinuxカーネルツリーに、カーネルバージョン2.6.14から公式にマージされた。 (ja)
rdfs:label
  • Filesystem in Userspace (ja)
  • Filesystem in Userspace (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Filesystem in Userspace (ja)
  • Filesystem in Userspace (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of