Fcitx(ファイティクス、[ˈfaɪtɪks])はUnix系オペレーティングシステム (OS) におけるインプットメソッドフレームワークである。中国語名は「小企鵝輸入法」(「小企鵝」はリトルペンギンの意)。元々はフレームワークではなくX11上で動作する簡体字中国語のXIMサーバとして開発された。現在ではUTF-8、GBK、GB18030などの文字コードをサポートし、XIMプロトコルやGTK+およびQtのインプットメソッドモジュールに対応している。また、中国語用のみならず日本語用、朝鮮語用、ベトナム語用など様々なインプットメソッドエンジンが利用可能となっている。

Property Value
dbo:abstract
  • Fcitx(ファイティクス、[ˈfaɪtɪks])はUnix系オペレーティングシステム (OS) におけるインプットメソッドフレームワークである。中国語名は「小企鵝輸入法」(「小企鵝」はリトルペンギンの意)。元々はフレームワークではなくX11上で動作する簡体字中国語のXIMサーバとして開発された。現在ではUTF-8、GBK、GB18030などの文字コードをサポートし、XIMプロトコルやGTK+およびQtのインプットメソッドモジュールに対応している。また、中国語用のみならず日本語用、朝鮮語用、ベトナム語用など様々なインプットメソッドエンジンが利用可能となっている。 (ja)
  • Fcitx(ファイティクス、[ˈfaɪtɪks])はUnix系オペレーティングシステム (OS) におけるインプットメソッドフレームワークである。中国語名は「小企鵝輸入法」(「小企鵝」はリトルペンギンの意)。元々はフレームワークではなくX11上で動作する簡体字中国語のXIMサーバとして開発された。現在ではUTF-8、GBK、GB18030などの文字コードをサポートし、XIMプロトコルやGTK+およびQtのインプットメソッドモジュールに対応している。また、中国語用のみならず日本語用、朝鮮語用、ベトナム語用など様々なインプットメソッドエンジンが利用可能となっている。 (ja)
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2762966 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2440 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80524788 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:name
  • Fcitx (ja)
  • Fcitx (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:スクリーンショット
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:対応os
prop-ja:種別
prop-ja:説明文
  • Mousepadエディタ上でFcitxを使って入力している画面 (ja)
  • Mousepadエディタ上でFcitxを使って入力している画面 (ja)
prop-ja:開発元
  • Yuking, CSSlayerなど (ja)
  • Yuking, CSSlayerなど (ja)
dc:description
  • Mousepadエディタ上でFcitxを使って入力している画面
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Fcitx(ファイティクス、[ˈfaɪtɪks])はUnix系オペレーティングシステム (OS) におけるインプットメソッドフレームワークである。中国語名は「小企鵝輸入法」(「小企鵝」はリトルペンギンの意)。元々はフレームワークではなくX11上で動作する簡体字中国語のXIMサーバとして開発された。現在ではUTF-8、GBK、GB18030などの文字コードをサポートし、XIMプロトコルやGTK+およびQtのインプットメソッドモジュールに対応している。また、中国語用のみならず日本語用、朝鮮語用、ベトナム語用など様々なインプットメソッドエンジンが利用可能となっている。 (ja)
  • Fcitx(ファイティクス、[ˈfaɪtɪks])はUnix系オペレーティングシステム (OS) におけるインプットメソッドフレームワークである。中国語名は「小企鵝輸入法」(「小企鵝」はリトルペンギンの意)。元々はフレームワークではなくX11上で動作する簡体字中国語のXIMサーバとして開発された。現在ではUTF-8、GBK、GB18030などの文字コードをサポートし、XIMプロトコルやGTK+およびQtのインプットメソッドモジュールに対応している。また、中国語用のみならず日本語用、朝鮮語用、ベトナム語用など様々なインプットメソッドエンジンが利用可能となっている。 (ja)
rdfs:label
  • Fcitx (ja)
  • Fcitx (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Fcitx (ja)
  • Fcitx (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of