『FLOWERS for ALGERNON』(フラワーズ・フォー・アルジャーノン)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の1枚目のアルバム。 1988年9月1日に東芝EMIのイーストワールドレーベルからリリースされた。BOØWY解散後に初めてリリースされた氷室のファースト・アルバムであり、BOØWYのラストアルバムとなった『PSYCHOPATH』(1987年)よりおよそ1年ぶりにリリースされた。作詞は氷室の他に松井五郎、泉谷しげるが担当し、作曲は氷室および吉田建が担当、プロデュースは吉田および氷室、ヒロ鈴木が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国にて行われ、現地のギタリストであるチャーリー・セクストンが参加している。アルバムタイトルは氷室が同アルバム制作にあたって強い影響を受けたダニエル・キイスの小説『アルジャーノンに花束を』(1959年)の原題をそのまま使用している。先行シングル「ANGEL」を収録している他、リカットシングルとして「DEAR ALGERNON」がリリースされた。オリコンチャートでは最高位1位を獲得し、『第30回日本レコード大賞』にてアルバム大賞を受賞した。

Property Value
dbo:abstract
  • 『FLOWERS for ALGERNON』(フラワーズ・フォー・アルジャーノン)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の1枚目のアルバム。 1988年9月1日に東芝EMIのイーストワールドレーベルからリリースされた。BOØWY解散後に初めてリリースされた氷室のファースト・アルバムであり、BOØWYのラストアルバムとなった『PSYCHOPATH』(1987年)よりおよそ1年ぶりにリリースされた。作詞は氷室の他に松井五郎、泉谷しげるが担当し、作曲は氷室および吉田建が担当、プロデュースは吉田および氷室、ヒロ鈴木が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国にて行われ、現地のギタリストであるチャーリー・セクストンが参加している。アルバムタイトルは氷室が同アルバム制作にあたって強い影響を受けたダニエル・キイスの小説『アルジャーノンに花束を』(1959年)の原題をそのまま使用している。先行シングル「ANGEL」を収録している他、リカットシングルとして「DEAR ALGERNON」がリリースされた。オリコンチャートでは最高位1位を獲得し、『第30回日本レコード大賞』にてアルバム大賞を受賞した。 (ja)
  • 『FLOWERS for ALGERNON』(フラワーズ・フォー・アルジャーノン)は、日本のミュージシャンである氷室京介の1枚目のアルバム。 1988年9月1日に東芝EMIのイーストワールドレーベルからリリースされた。BOØWY解散後に初めてリリースされた氷室のファースト・アルバムであり、BOØWYのラストアルバムとなった『PSYCHOPATH』(1987年)よりおよそ1年ぶりにリリースされた。作詞は氷室の他に松井五郎、泉谷しげるが担当し、作曲は氷室および吉田建が担当、プロデュースは吉田および氷室、ヒロ鈴木が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国にて行われ、現地のギタリストであるチャーリー・セクストンが参加している。アルバムタイトルは氷室が同アルバム制作にあたって強い影響を受けたダニエル・キイスの小説『アルジャーノンに花束を』(1959年)の原題をそのまま使用している。 先行シングル「ANGEL」を収録している他、リカットシングルとして「DEAR ALGERNON」がリリースされた。 オリコンチャートでは最高位1位を獲得し、『第30回日本レコード大賞』にてアルバム大賞を受賞した。 (ja)
  • 『FLOWERS for ALGERNON』(フラワーズ・フォー・アルジャーノン)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の1枚目のアルバム。 1988年9月1日に東芝EMIのイーストワールドレーベルからリリースされた。BOØWY解散後に初めてリリースされた氷室のファースト・アルバムであり、BOØWYのラストアルバムとなった『PSYCHOPATH』(1987年)よりおよそ1年ぶりにリリースされた。作詞は氷室の他に松井五郎、泉谷しげるが担当し、作曲は氷室および吉田建が担当、プロデュースは吉田および氷室、ヒロ鈴木が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国にて行われ、現地のギタリストであるチャーリー・セクストンが参加している。アルバムタイトルは氷室が同アルバム制作にあたって強い影響を受けたダニエル・キイスの小説『アルジャーノンに花束を』(1959年)の原題をそのまま使用している。先行シングル「ANGEL」を収録している他、リカットシングルとして「DEAR ALGERNON」がリリースされた。オリコンチャートでは最高位1位を獲得し、『第30回日本レコード大賞』にてアルバム大賞を受賞した。 (ja)
  • 『FLOWERS for ALGERNON』(フラワーズ・フォー・アルジャーノン)は、日本のミュージシャンである氷室京介の1枚目のアルバム。 1988年9月1日に東芝EMIのイーストワールドレーベルからリリースされた。BOØWY解散後に初めてリリースされた氷室のファースト・アルバムであり、BOØWYのラストアルバムとなった『PSYCHOPATH』(1987年)よりおよそ1年ぶりにリリースされた。作詞は氷室の他に松井五郎、泉谷しげるが担当し、作曲は氷室および吉田建が担当、プロデュースは吉田および氷室、ヒロ鈴木が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国にて行われ、現地のギタリストであるチャーリー・セクストンが参加している。アルバムタイトルは氷室が同アルバム制作にあたって強い影響を受けたダニエル・キイスの小説『アルジャーノンに花束を』(1959年)の原題をそのまま使用している。 先行シングル「ANGEL」を収録している他、リカットシングルとして「DEAR ALGERNON」がリリースされた。 オリコンチャートでは最高位1位を獲得し、『第30回日本レコード大賞』にてアルバム大賞を受賞した。 (ja)
dbo:artist
dbo:certification
  • *第30回日本レコード大賞アルバム大賞
dbo:genre
dbo:position
dbo:producer
dbo:recordLabel
dbo:title
  • FLOWERS for ALGERNON (ja)
  • FLOWERS for ALGERNON (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 388468 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 17596 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 19240 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81557445 (xsd:integer)
  • 86665850 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:certification
  • *第30回日本レコード大賞 アルバム大賞 (ja)
  • *第30回日本レコード大賞 アルバム大賞 (ja)
prop-ja:chartPosition
  • *1位(オリコン) (ja)
  • *1位(オリコン) (ja)
prop-ja:ean
  • (ja)
  • (1988年・CD) (ja)
  • (2003年・CCCD) (ja)
  • (ja)
  • (1988年・CD) (ja)
  • (2003年・CCCD) (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:headline
  • A面 (ja)
  • B面 (ja)
  • A面 (ja)
  • B面 (ja)
prop-ja:label
prop-ja:length
  • 46 (xsd:integer)
  • 210.0
  • 221.0
  • 227.0
  • 229.0
  • 237.0
  • 241.0
  • 244.0
  • 263.0
  • 264.0
  • 319.0
  • 323.0
prop-ja:misc
  • --07-21
prop-ja:name
  • FLOWERS for ALGERNON (ja)
  • FLOWERS for ALGERNON (ja)
prop-ja:nextAlbum
  • (1989年) (ja)
  • 『NEO FASCIO』 (ja)
  • (1989年) (ja)
  • 『NEO FASCIO』 (ja)
prop-ja:note
  • 作曲: 氷室京介、吉田建 (ja)
  • 作詞: 氷室京介、松井五郎 (ja)
  • 作詞: 泉谷しげる (ja)
  • 作曲: 氷室京介、吉田建 (ja)
  • 作詞: 氷室京介、松井五郎 (ja)
  • 作詞: 泉谷しげる (ja)
prop-ja:producer
prop-ja:recorded
prop-ja:released
  • --09-01
prop-ja:rev
  • dbpedia-ja:OKWAVE
  • CDジャーナル (ja)
  • 音楽誌が書かないJポップ批評18 (ja)
prop-ja:rev1score
  • 肯定的 (ja)
  • 肯定的 (ja)
prop-ja:rev2score
  • 肯定的 (ja)
  • 肯定的 (ja)
prop-ja:rev3score
  • 肯定的 (ja)
  • 肯定的 (ja)
prop-ja:thisAlbum
  • (1988年) (ja)
  • 『FLOWERS for ALGERNON』 (ja)
  • (1988年) (ja)
  • 『FLOWERS for ALGERNON』 (ja)
prop-ja:title
  • STRANGER (ja)
  • ANGEL (ja)
  • ALISON (ja)
  • DEAR ALGERNON (ja)
  • LOVE & GAME (ja)
  • ROXY (ja)
  • PUSSY CAT (ja)
  • SEX & CLASH & ROCK'N'ROLL (ja)
  • SHADOW BOXER (ja)
  • TASTE OF MONEY (ja)
  • 独りファシズム (ja)
  • STRANGER (ja)
  • ANGEL (ja)
  • ALISON (ja)
  • DEAR ALGERNON (ja)
  • LOVE & GAME (ja)
  • ROXY (ja)
  • PUSSY CAT (ja)
  • SEX & CLASH & ROCK'N'ROLL (ja)
  • SHADOW BOXER (ja)
  • TASTE OF MONEY (ja)
  • 独りファシズム (ja)
prop-ja:totalLength
  • 1496.0
  • 1282.0
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『FLOWERS for ALGERNON』(フラワーズ・フォー・アルジャーノン)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の1枚目のアルバム。 1988年9月1日に東芝EMIのイーストワールドレーベルからリリースされた。BOØWY解散後に初めてリリースされた氷室のファースト・アルバムであり、BOØWYのラストアルバムとなった『PSYCHOPATH』(1987年)よりおよそ1年ぶりにリリースされた。作詞は氷室の他に松井五郎、泉谷しげるが担当し、作曲は氷室および吉田建が担当、プロデュースは吉田および氷室、ヒロ鈴木が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国にて行われ、現地のギタリストであるチャーリー・セクストンが参加している。アルバムタイトルは氷室が同アルバム制作にあたって強い影響を受けたダニエル・キイスの小説『アルジャーノンに花束を』(1959年)の原題をそのまま使用している。先行シングル「ANGEL」を収録している他、リカットシングルとして「DEAR ALGERNON」がリリースされた。オリコンチャートでは最高位1位を獲得し、『第30回日本レコード大賞』にてアルバム大賞を受賞した。 (ja)
  • 『FLOWERS for ALGERNON』(フラワーズ・フォー・アルジャーノン)は、日本のミュージシャンである氷室京介の1枚目のアルバム。 1988年9月1日に東芝EMIのイーストワールドレーベルからリリースされた。BOØWY解散後に初めてリリースされた氷室のファースト・アルバムであり、BOØWYのラストアルバムとなった『PSYCHOPATH』(1987年)よりおよそ1年ぶりにリリースされた。作詞は氷室の他に松井五郎、泉谷しげるが担当し、作曲は氷室および吉田建が担当、プロデュースは吉田および氷室、ヒロ鈴木が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国にて行われ、現地のギタリストであるチャーリー・セクストンが参加している。アルバムタイトルは氷室が同アルバム制作にあたって強い影響を受けたダニエル・キイスの小説『アルジャーノンに花束を』(1959年)の原題をそのまま使用している。 先行シングル「ANGEL」を収録している他、リカットシングルとして「DEAR ALGERNON」がリリースされた。 オリコンチャートでは最高位1位を獲得し、『第30回日本レコード大賞』にてアルバム大賞を受賞した。 (ja)
  • 『FLOWERS for ALGERNON』(フラワーズ・フォー・アルジャーノン)は、日本のシンガーソングライターである氷室京介の1枚目のアルバム。 1988年9月1日に東芝EMIのイーストワールドレーベルからリリースされた。BOØWY解散後に初めてリリースされた氷室のファースト・アルバムであり、BOØWYのラストアルバムとなった『PSYCHOPATH』(1987年)よりおよそ1年ぶりにリリースされた。作詞は氷室の他に松井五郎、泉谷しげるが担当し、作曲は氷室および吉田建が担当、プロデュースは吉田および氷室、ヒロ鈴木が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国にて行われ、現地のギタリストであるチャーリー・セクストンが参加している。アルバムタイトルは氷室が同アルバム制作にあたって強い影響を受けたダニエル・キイスの小説『アルジャーノンに花束を』(1959年)の原題をそのまま使用している。先行シングル「ANGEL」を収録している他、リカットシングルとして「DEAR ALGERNON」がリリースされた。オリコンチャートでは最高位1位を獲得し、『第30回日本レコード大賞』にてアルバム大賞を受賞した。 (ja)
  • 『FLOWERS for ALGERNON』(フラワーズ・フォー・アルジャーノン)は、日本のミュージシャンである氷室京介の1枚目のアルバム。 1988年9月1日に東芝EMIのイーストワールドレーベルからリリースされた。BOØWY解散後に初めてリリースされた氷室のファースト・アルバムであり、BOØWYのラストアルバムとなった『PSYCHOPATH』(1987年)よりおよそ1年ぶりにリリースされた。作詞は氷室の他に松井五郎、泉谷しげるが担当し、作曲は氷室および吉田建が担当、プロデュースは吉田および氷室、ヒロ鈴木が担当している。 レコーディングは一部アメリカ合衆国にて行われ、現地のギタリストであるチャーリー・セクストンが参加している。アルバムタイトルは氷室が同アルバム制作にあたって強い影響を受けたダニエル・キイスの小説『アルジャーノンに花束を』(1959年)の原題をそのまま使用している。 先行シングル「ANGEL」を収録している他、リカットシングルとして「DEAR ALGERNON」がリリースされた。 オリコンチャートでは最高位1位を獲得し、『第30回日本レコード大賞』にてアルバム大賞を受賞した。 (ja)
rdfs:label
  • FLOWERS for ALGERNON (ja)
  • FLOWERS for ALGERNON (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:album of
is dbo:previousWork of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:album of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of