ext2 (second extended filesystem) は、Linuxオペレーティングシステムで広く利用されていたファイルシステムである。初期のextファイルシステムを拡張したためext2と名付けられた。現在の多くのディストリビュータはext4を標準で採用している。 パーティションの上限は当初2GiBであったが、2.4系カーネルでは4TiBまで拡張されている。255バイトまでのファイル名や、可変長のディレクトリエントリに対応している。また、一部をスーパーユーザー (root) のために予約しており、通常の領域を使い切ってもメンテナンスを行うことができる。 ext2は、ジャーナリングを備えていないため、いったんクラッシュするとファイルシステムの復旧に時間がかかる。そのため、ext3やReiserFSなどのジャーナリングファイルシステムの普及に努めている。

Property Value
dbo:abstract
  • ext2 (second extended filesystem) は、Linuxオペレーティングシステムで広く利用されていたファイルシステムである。初期のextファイルシステムを拡張したためext2と名付けられた。現在の多くのディストリビュータはext4を標準で採用している。 パーティションの上限は当初2GiBであったが、2.4系カーネルでは4TiBまで拡張されている。255バイトまでのファイル名や、可変長のディレクトリエントリに対応している。また、一部をスーパーユーザー (root) のために予約しており、通常の領域を使い切ってもメンテナンスを行うことができる。 ext2は、ジャーナリングを備えていないため、いったんクラッシュするとファイルシステムの復旧に時間がかかる。そのため、ext3やReiserFSなどのジャーナリングファイルシステムの普及に努めている。 (ja)
  • ext2 (second extended filesystem) は、Linuxオペレーティングシステムで広く利用されていたファイルシステムである。初期のextファイルシステムを拡張したためext2と名付けられた。現在の多くのディストリビュータはext4を標準で採用している。 パーティションの上限は当初2GiBであったが、2.4系カーネルでは4TiBまで拡張されている。255バイトまでのファイル名や、可変長のディレクトリエントリに対応している。また、一部をスーパーユーザー (root) のために予約しており、通常の領域を使い切ってもメンテナンスを行うことができる。 ext2は、ジャーナリングを備えていないため、いったんクラッシュするとファイルシステムの復旧に時間がかかる。そのため、ext3やReiserFSなどのジャーナリングファイルシステムの普及に努めている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 23992 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2384 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81005320 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:compression
  • 任意 (ja)
  • 任意 (ja)
prop-ja:dateRange
  • --12-14
prop-ja:dateResolution
  • 1.0
prop-ja:datesRecorded
  • 変更, 属性変更, アクセス (ja)
  • 変更, 属性変更, アクセス (ja)
prop-ja:developer
prop-ja:encryption
  • なし (ja)
  • なし (ja)
prop-ja:fileStruct
prop-ja:fileSystemPermissions
prop-ja:filenameCharacterSet
  • NULと/以外使用可能 (ja)
  • NULと/以外使用可能 (ja)
prop-ja:forksStreams
  • 可能 (ja)
  • 可能 (ja)
prop-ja:fullName
  • Second extended file system (ja)
  • Second extended file system (ja)
prop-ja:introductionDate
  • 1993 (xsd:integer)
prop-ja:introductionOs
prop-ja:maxFileSize
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:maxFilenameSize
  • 255 (xsd:integer)
prop-ja:maxFilesNo
  • 1018 (xsd:integer)
prop-ja:maxVolumeSize
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ext2 (ja)
  • ext2 (ja)
prop-ja:os
prop-ja:partitionId
  • 0 (xsd:integer)
  • 87 (xsd:integer)
  • Apple_UNIX_SVR2 (ja)
  • EBD0A0A2-B9E5-4433- (ja)
prop-ja:singleInstanceStorage
  • 無し (ja)
  • 無し (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ext2 (second extended filesystem) は、Linuxオペレーティングシステムで広く利用されていたファイルシステムである。初期のextファイルシステムを拡張したためext2と名付けられた。現在の多くのディストリビュータはext4を標準で採用している。 パーティションの上限は当初2GiBであったが、2.4系カーネルでは4TiBまで拡張されている。255バイトまでのファイル名や、可変長のディレクトリエントリに対応している。また、一部をスーパーユーザー (root) のために予約しており、通常の領域を使い切ってもメンテナンスを行うことができる。 ext2は、ジャーナリングを備えていないため、いったんクラッシュするとファイルシステムの復旧に時間がかかる。そのため、ext3やReiserFSなどのジャーナリングファイルシステムの普及に努めている。 (ja)
  • ext2 (second extended filesystem) は、Linuxオペレーティングシステムで広く利用されていたファイルシステムである。初期のextファイルシステムを拡張したためext2と名付けられた。現在の多くのディストリビュータはext4を標準で採用している。 パーティションの上限は当初2GiBであったが、2.4系カーネルでは4TiBまで拡張されている。255バイトまでのファイル名や、可変長のディレクトリエントリに対応している。また、一部をスーパーユーザー (root) のために予約しており、通常の領域を使い切ってもメンテナンスを行うことができる。 ext2は、ジャーナリングを備えていないため、いったんクラッシュするとファイルシステムの復旧に時間がかかる。そのため、ext3やReiserFSなどのジャーナリングファイルシステムの普及に努めている。 (ja)
rdfs:label
  • Ext2 (ja)
  • Ext2 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of