eval(イーバル)はいくつかのプログラミング言語が持つ、文字列を式として評価(evaluate)する関数、または複数の文をプログラム中のあるコンテキストで実行するサブルーチンである。 evalの類の機能はコンパイラ言語よりもインタプリタ言語でより一般的である。なぜならコンパイラ言語でこのような機能を実現するには、プログラム自体に言語処理系や(変数名などの)実行時情報を埋め込む必要があるからである。evalに近い機能を実現しているコンパイラ言語も存在する。

Property Value
dbo:abstract
  • eval(イーバル)はいくつかのプログラミング言語が持つ、文字列を式として評価(evaluate)する関数、または複数の文をプログラム中のあるコンテキストで実行するサブルーチンである。 evalの類の機能はコンパイラ言語よりもインタプリタ言語でより一般的である。なぜならコンパイラ言語でこのような機能を実現するには、プログラム自体に言語処理系や(変数名などの)実行時情報を埋め込む必要があるからである。evalに近い機能を実現しているコンパイラ言語も存在する。 (ja)
  • eval(イーバル)はいくつかのプログラミング言語が持つ、文字列を式として評価(evaluate)する関数、または複数の文をプログラム中のあるコンテキストで実行するサブルーチンである。 evalの類の機能はコンパイラ言語よりもインタプリタ言語でより一般的である。なぜならコンパイラ言語でこのような機能を実現するには、プログラム自体に言語処理系や(変数名などの)実行時情報を埋め込む必要があるからである。evalに近い機能を実現しているコンパイラ言語も存在する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 816184 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5792 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80581091 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • eval(イーバル)はいくつかのプログラミング言語が持つ、文字列を式として評価(evaluate)する関数、または複数の文をプログラム中のあるコンテキストで実行するサブルーチンである。 evalの類の機能はコンパイラ言語よりもインタプリタ言語でより一般的である。なぜならコンパイラ言語でこのような機能を実現するには、プログラム自体に言語処理系や(変数名などの)実行時情報を埋め込む必要があるからである。evalに近い機能を実現しているコンパイラ言語も存在する。 (ja)
  • eval(イーバル)はいくつかのプログラミング言語が持つ、文字列を式として評価(evaluate)する関数、または複数の文をプログラム中のあるコンテキストで実行するサブルーチンである。 evalの類の機能はコンパイラ言語よりもインタプリタ言語でより一般的である。なぜならコンパイラ言語でこのような機能を実現するには、プログラム自体に言語処理系や(変数名などの)実行時情報を埋め込む必要があるからである。evalに近い機能を実現しているコンパイラ言語も存在する。 (ja)
rdfs:label
  • Eval (ja)
  • Eval (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of