『English as She Is Spoke』とは19世紀に書かれたポルトガル語による英会話表現集の書名であり、英語圏ではこのタイトルで繰り返し出版されたため一般に知られるようになった。著者はペドロ・カロリノとジョゼ・ダ・フォンセッカの二人とされているが、ポルトガル語の会話表現を英訳した箇所がまったくの支離滅裂であるため、「かつてないほど酷い外国語会話集」とも称され、の古典的な例として有名になった。例えばポルトガル語の熟語に「chover a cântaros」という言葉があり、これを英熟語で訳すならば「raining buckets」(バケツをひっくり返したような雨)となるところが、本書では「raining in jars」(瓶に降っているような雨)となっている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『English as She Is Spoke』とは19世紀に書かれたポルトガル語による英会話表現集の書名であり、英語圏ではこのタイトルで繰り返し出版されたため一般に知られるようになった。著者はペドロ・カロリノとジョゼ・ダ・フォンセッカの二人とされているが、ポルトガル語の会話表現を英訳した箇所がまったくの支離滅裂であるため、「かつてないほど酷い外国語会話集」とも称され、の古典的な例として有名になった。例えばポルトガル語の熟語に「chover a cântaros」という言葉があり、これを英熟語で訳すならば「raining buckets」(バケツをひっくり返したような雨)となるところが、本書では「raining in jars」(瓶に降っているような雨)となっている。 (ja)
  • 『English as She Is Spoke』とは19世紀に書かれたポルトガル語による英会話表現集の書名であり、英語圏ではこのタイトルで繰り返し出版されたため一般に知られるようになった。著者はペドロ・カロリノとジョゼ・ダ・フォンセッカの二人とされているが、ポルトガル語の会話表現を英訳した箇所がまったくの支離滅裂であるため、「かつてないほど酷い外国語会話集」とも称され、の古典的な例として有名になった。例えばポルトガル語の熟語に「chover a cântaros」という言葉があり、これを英熟語で訳すならば「raining buckets」(バケツをひっくり返したような雨)となるところが、本書では「raining in jars」(瓶に降っているような雨)となっている。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2665409 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7101 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 92475851 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:author
  • ペドロ・カロリノ、ジョゼ・ダ・フォンセッカ (ja)
  • ペドロ・カロリノ、ジョゼ・ダ・フォンセッカ (ja)
prop-ja:bgcolor
  • #FFFFF0 (ja)
  • #FFFFF0 (ja)
prop-ja:country
prop-ja:englishPubDate
  • 1883 (xsd:integer)
prop-ja:genre
  • 語学 (ja)
  • 語学 (ja)
prop-ja:language
prop-ja:mediaType
  • 活字 (ja)
  • 活字 (ja)
prop-ja:pubDate
  • 1855 (xsd:integer)
prop-ja:publisher
  • J.-P. アヨー (ja)
  • J.-P. アヨー (ja)
prop-ja:quoted
  • true (ja)
  • true (ja)
prop-ja:salign
  • center (ja)
  • center (ja)
prop-ja:titleOrig
  • O Novo Guia da Conversação em Portuguez e Inglez (ja)
  • O Novo Guia da Conversação em Portuguez e Inglez (ja)
prop-ja:width
  • 33.0 (dbd:perCent)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 『English as She Is Spoke』とは19世紀に書かれたポルトガル語による英会話表現集の書名であり、英語圏ではこのタイトルで繰り返し出版されたため一般に知られるようになった。著者はペドロ・カロリノとジョゼ・ダ・フォンセッカの二人とされているが、ポルトガル語の会話表現を英訳した箇所がまったくの支離滅裂であるため、「かつてないほど酷い外国語会話集」とも称され、の古典的な例として有名になった。例えばポルトガル語の熟語に「chover a cântaros」という言葉があり、これを英熟語で訳すならば「raining buckets」(バケツをひっくり返したような雨)となるところが、本書では「raining in jars」(瓶に降っているような雨)となっている。 (ja)
  • 『English as She Is Spoke』とは19世紀に書かれたポルトガル語による英会話表現集の書名であり、英語圏ではこのタイトルで繰り返し出版されたため一般に知られるようになった。著者はペドロ・カロリノとジョゼ・ダ・フォンセッカの二人とされているが、ポルトガル語の会話表現を英訳した箇所がまったくの支離滅裂であるため、「かつてないほど酷い外国語会話集」とも称され、の古典的な例として有名になった。例えばポルトガル語の熟語に「chover a cântaros」という言葉があり、これを英熟語で訳すならば「raining buckets」(バケツをひっくり返したような雨)となるところが、本書では「raining in jars」(瓶に降っているような雨)となっている。 (ja)
rdfs:label
  • English As She Is Spoke (ja)
  • English As She Is Spoke (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of