EmEditor(エムエディタ)はEmurasoftの江村豊が開発している、Microsoft Windowsで動作するテキストエディタである。 オンラインソフト作者の江村豊が、自身の開発した通信ソフトEmTermのテキスト編集エンジンを元に作成したのが始まり。バージョン1はフリーウェアで、バージョン2よりシェアウェア化され、現在EmEditor Professionalという有償版がダウンロード販売されている。また、バージョン5から、一部機能を省略したフリーウェア版も復活し公開されている。 かつては、学生やソフト開発者などが無料で利用できるアカデミック/テクニカルライセンスが配布されていたが、個人情報保護の観点から、フリーウェア版の登場に伴って廃止された。

Property Value
dbo:abstract
  • EmEditor(エムエディタ)はEmurasoftの江村豊が開発している、Microsoft Windowsで動作するテキストエディタである。 オンラインソフト作者の江村豊が、自身の開発した通信ソフトEmTermのテキスト編集エンジンを元に作成したのが始まり。バージョン1はフリーウェアで、バージョン2よりシェアウェア化され、現在EmEditor Professionalという有償版がダウンロード販売されている。また、バージョン5から、一部機能を省略したフリーウェア版も復活し公開されている。 かつては、学生やソフト開発者などが無料で利用できるアカデミック/テクニカルライセンスが配布されていたが、個人情報保護の観点から、フリーウェア版の登場に伴って廃止された。 (ja)
  • EmEditor(エムエディタ)はEmurasoftの江村豊が開発している、Microsoft Windowsで動作するテキストエディタである。 オンラインソフト作者の江村豊が、自身の開発した通信ソフトEmTermのテキスト編集エンジンを元に作成したのが始まり。バージョン1はフリーウェアで、バージョン2よりシェアウェア化され、現在EmEditor Professionalという有償版がダウンロード販売されている。また、バージョン5から、一部機能を省略したフリーウェア版も復活し公開されている。 かつては、学生やソフト開発者などが無料で利用できるアカデミック/テクニカルライセンスが配布されていたが、個人情報保護の観点から、フリーウェア版の登場に伴って廃止された。 (ja)
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 552586 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10615 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81000585 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • EmEditor (ja)
  • EmEditor (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
  • Emurasoft, Inc. (ja)
  • Emurasoft, Inc. (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • EmEditor(エムエディタ)はEmurasoftの江村豊が開発している、Microsoft Windowsで動作するテキストエディタである。 オンラインソフト作者の江村豊が、自身の開発した通信ソフトEmTermのテキスト編集エンジンを元に作成したのが始まり。バージョン1はフリーウェアで、バージョン2よりシェアウェア化され、現在EmEditor Professionalという有償版がダウンロード販売されている。また、バージョン5から、一部機能を省略したフリーウェア版も復活し公開されている。 かつては、学生やソフト開発者などが無料で利用できるアカデミック/テクニカルライセンスが配布されていたが、個人情報保護の観点から、フリーウェア版の登場に伴って廃止された。 (ja)
  • EmEditor(エムエディタ)はEmurasoftの江村豊が開発している、Microsoft Windowsで動作するテキストエディタである。 オンラインソフト作者の江村豊が、自身の開発した通信ソフトEmTermのテキスト編集エンジンを元に作成したのが始まり。バージョン1はフリーウェアで、バージョン2よりシェアウェア化され、現在EmEditor Professionalという有償版がダウンロード販売されている。また、バージョン5から、一部機能を省略したフリーウェア版も復活し公開されている。 かつては、学生やソフト開発者などが無料で利用できるアカデミック/テクニカルライセンスが配布されていたが、個人情報保護の観点から、フリーウェア版の登場に伴って廃止された。 (ja)
rdfs:label
  • EmEditor (ja)
  • EmEditor (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • EmEditor (ja)
  • EmEditor (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of