Electric Sheepは、の描画と進化のための分散コンピューティングプロジェクトであり、そのソフトウェアを指す。フラクタルの動画を生成するパラメータをsheepと呼ぶ。sheepはElectric Sheepのメーリングリストのメンバーが作成し、またメンバーが既存のsheepのパラメータを使って描画する。sheepをサーバ上で自動的に複数結合させることもできるし、サーバ管理者(shepherdと呼ばれる)が手動で結合させることもできる。ユーザーは気に入ったsheepに投票でき、投票結果が遺伝的アルゴリズムに取り込まれ、新たなsheepを生成する。全てのsheepパラメータとその動画はクリエイティブ・コモンズのライセンスで配布され、スクリーンセーバーが自動的にダウンロードして描画する。各動画が1つのフラクタルフレームであり、そのパラメータは時と共に変化する。 "Electric Sheep" という名称はフィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(Do Androids Dream of Electric Sheep?)』に由来している。この題名がプロジェクトの性質を表している。すなわち、コンピュータ(アンドロイド)が暇になるとスクリーンセーバーを起動し(眠り)、フラクタル動画(sheep = 羊)を描画する(夢を見る)のである。

Property Value
dbo:abstract
  • Electric Sheepは、の描画と進化のための分散コンピューティングプロジェクトであり、そのソフトウェアを指す。フラクタルの動画を生成するパラメータをsheepと呼ぶ。sheepはElectric Sheepのメーリングリストのメンバーが作成し、またメンバーが既存のsheepのパラメータを使って描画する。sheepをサーバ上で自動的に複数結合させることもできるし、サーバ管理者(shepherdと呼ばれる)が手動で結合させることもできる。ユーザーは気に入ったsheepに投票でき、投票結果が遺伝的アルゴリズムに取り込まれ、新たなsheepを生成する。全てのsheepパラメータとその動画はクリエイティブ・コモンズのライセンスで配布され、スクリーンセーバーが自動的にダウンロードして描画する。各動画が1つのフラクタルフレームであり、そのパラメータは時と共に変化する。 "Electric Sheep" という名称はフィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(Do Androids Dream of Electric Sheep?)』に由来している。この題名がプロジェクトの性質を表している。すなわち、コンピュータ(アンドロイド)が暇になるとスクリーンセーバーを起動し(眠り)、フラクタル動画(sheep = 羊)を描画する(夢を見る)のである。 スクリーンセーバーは1999年にScott Dravesがフリーソフトウェアとしてリリースし、彼を中心とした数人の技術者が開発を続けている。 (ja)
  • Electric Sheepは、の描画と進化のための分散コンピューティングプロジェクトであり、そのソフトウェアを指す。フラクタルの動画を生成するパラメータをsheepと呼ぶ。sheepはElectric Sheepのメーリングリストのメンバーが作成し、またメンバーが既存のsheepのパラメータを使って描画する。sheepをサーバ上で自動的に複数結合させることもできるし、サーバ管理者(shepherdと呼ばれる)が手動で結合させることもできる。ユーザーは気に入ったsheepに投票でき、投票結果が遺伝的アルゴリズムに取り込まれ、新たなsheepを生成する。全てのsheepパラメータとその動画はクリエイティブ・コモンズのライセンスで配布され、スクリーンセーバーが自動的にダウンロードして描画する。各動画が1つのフラクタルフレームであり、そのパラメータは時と共に変化する。 "Electric Sheep" という名称はフィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(Do Androids Dream of Electric Sheep?)』に由来している。この題名がプロジェクトの性質を表している。すなわち、コンピュータ(アンドロイド)が暇になるとスクリーンセーバーを起動し(眠り)、フラクタル動画(sheep = 羊)を描画する(夢を見る)のである。 スクリーンセーバーは1999年にScott Dravesがフリーソフトウェアとしてリリースし、彼を中心とした数人の技術者が開発を続けている。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 2.6.X
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1129797 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1943 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77733319 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:スクリーンショット
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • Electric Sheep (ja)
  • Electric Sheep (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:最新版
  • 2.600000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
  • Scott Draves (ja)
  • Scott Draves (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Electric Sheepは、の描画と進化のための分散コンピューティングプロジェクトであり、そのソフトウェアを指す。フラクタルの動画を生成するパラメータをsheepと呼ぶ。sheepはElectric Sheepのメーリングリストのメンバーが作成し、またメンバーが既存のsheepのパラメータを使って描画する。sheepをサーバ上で自動的に複数結合させることもできるし、サーバ管理者(shepherdと呼ばれる)が手動で結合させることもできる。ユーザーは気に入ったsheepに投票でき、投票結果が遺伝的アルゴリズムに取り込まれ、新たなsheepを生成する。全てのsheepパラメータとその動画はクリエイティブ・コモンズのライセンスで配布され、スクリーンセーバーが自動的にダウンロードして描画する。各動画が1つのフラクタルフレームであり、そのパラメータは時と共に変化する。 "Electric Sheep" という名称はフィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(Do Androids Dream of Electric Sheep?)』に由来している。この題名がプロジェクトの性質を表している。すなわち、コンピュータ(アンドロイド)が暇になるとスクリーンセーバーを起動し(眠り)、フラクタル動画(sheep = 羊)を描画する(夢を見る)のである。 (ja)
  • Electric Sheepは、の描画と進化のための分散コンピューティングプロジェクトであり、そのソフトウェアを指す。フラクタルの動画を生成するパラメータをsheepと呼ぶ。sheepはElectric Sheepのメーリングリストのメンバーが作成し、またメンバーが既存のsheepのパラメータを使って描画する。sheepをサーバ上で自動的に複数結合させることもできるし、サーバ管理者(shepherdと呼ばれる)が手動で結合させることもできる。ユーザーは気に入ったsheepに投票でき、投票結果が遺伝的アルゴリズムに取り込まれ、新たなsheepを生成する。全てのsheepパラメータとその動画はクリエイティブ・コモンズのライセンスで配布され、スクリーンセーバーが自動的にダウンロードして描画する。各動画が1つのフラクタルフレームであり、そのパラメータは時と共に変化する。 "Electric Sheep" という名称はフィリップ・K・ディックの小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?(Do Androids Dream of Electric Sheep?)』に由来している。この題名がプロジェクトの性質を表している。すなわち、コンピュータ(アンドロイド)が暇になるとスクリーンセーバーを起動し(眠り)、フラクタル動画(sheep = 羊)を描画する(夢を見る)のである。 (ja)
rdfs:label
  • Electric Sheep (ja)
  • Electric Sheep (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (ja)
  • Electric Sheep (ja)
  • (ja)
  • Electric Sheep (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of