EPANET(エパネット) はアメリカ合衆国環境保護庁の水道水資源課(英:Water Supply and Water Resources Division)により開発された用のパブリックドメインソフトウェアである。EPANETは配水管内における水理学的要素と水質学的要素の現象について長期のシミュレーションが可能となっており、『配水システムにおける水道水の構成要素の動きと増減についての理解を手助けする研究ツール』として設計された。EPANETが初めて発表されたのは1993年である。 EPANET 2はスタンドアローンプログラムとして及びオープンソースツールキット(C言語のアプリケーションプログラミングインタフェース)として利用されている。このコンピューターエンジンは、多くの強力なプロプライエタリソフトウェア、及びGIS-Centric(en:GIS-Centric)などを開発している多くのソフトウェア会社により使われている。 EPANET2.2は、2020年7月に公開された、2のバージョンアップ版である。同時にオンラインマニュアルと、Toolkitも公開されている。 EPANET 3が最後のバージョンとして2012年にリリースされる予定である。

Property Value
dbo:abstract
  • EPANET(エパネット) はアメリカ合衆国環境保護庁の水道水資源課(英:Water Supply and Water Resources Division)により開発された用のパブリックドメインソフトウェアである。EPANETは配水管内における水理学的要素と水質学的要素の現象について長期のシミュレーションが可能となっており、『配水システムにおける水道水の構成要素の動きと増減についての理解を手助けする研究ツール』として設計された。EPANETが初めて発表されたのは1993年である。 EPANET 2はスタンドアローンプログラムとして及びオープンソースツールキット(C言語のアプリケーションプログラミングインタフェース)として利用されている。このコンピューターエンジンは、多くの強力なプロプライエタリソフトウェア、及びGIS-Centric(en:GIS-Centric)などを開発している多くのソフトウェア会社により使われている。 EPANET2.2は、2020年7月に公開された、2のバージョンアップ版である。同時にオンラインマニュアルと、Toolkitも公開されている。 EPANET 3が最後のバージョンとして2012年にリリースされる予定である。 (ja)
  • EPANET(エパネット) はアメリカ合衆国環境保護庁の水道水資源課(英:Water Supply and Water Resources Division)により開発された用のパブリックドメインソフトウェアである。EPANETは配水管内における水理学的要素と水質学的要素の現象について長期のシミュレーションが可能となっており、『配水システムにおける水道水の構成要素の動きと増減についての理解を手助けする研究ツール』として設計された。EPANETが初めて発表されたのは1993年である。 EPANET 2はスタンドアローンプログラムとして及びオープンソースツールキット(C言語のアプリケーションプログラミングインタフェース)として利用されている。このコンピューターエンジンは、多くの強力なプロプライエタリソフトウェア、及びGIS-Centric(en:GIS-Centric)などを開発している多くのソフトウェア会社により使われている。 EPANET2.2は、2020年7月に公開された、2のバージョンアップ版である。同時にオンラインマニュアルと、Toolkitも公開されている。 EPANET 3が最後のバージョンとして2012年にリリースされる予定である。 (ja)
dbo:creator
dbo:latestReleaseVersion
  • 2.00.12
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2505318 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7434 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 7509 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81001157 (xsd:integer)
  • 86214770 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • Lewis A. Rossman (ja)
  • Lewis A. Rossman (ja)
prop-ja:developer
  • アメリカ合衆国環境保護庁 (ja)
  • アメリカ合衆国環境保護庁 (ja)
prop-ja:genre
  • Engineering Simulation (ja)
  • Engineering Simulation (ja)
prop-ja:language
  • 英語 (ja)
  • 英語 (ja)
prop-ja:latestReleaseDate
  • --02-14
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:license
  • なし (ja)
  • なし (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:screenshot
prop-ja:status
  • アクティブ (ja)
  • アクティブ (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • EPANET(エパネット) はアメリカ合衆国環境保護庁の水道水資源課(英:Water Supply and Water Resources Division)により開発された用のパブリックドメインソフトウェアである。EPANETは配水管内における水理学的要素と水質学的要素の現象について長期のシミュレーションが可能となっており、『配水システムにおける水道水の構成要素の動きと増減についての理解を手助けする研究ツール』として設計された。EPANETが初めて発表されたのは1993年である。 EPANET 2はスタンドアローンプログラムとして及びオープンソースツールキット(C言語のアプリケーションプログラミングインタフェース)として利用されている。このコンピューターエンジンは、多くの強力なプロプライエタリソフトウェア、及びGIS-Centric(en:GIS-Centric)などを開発している多くのソフトウェア会社により使われている。 EPANET2.2は、2020年7月に公開された、2のバージョンアップ版である。同時にオンラインマニュアルと、Toolkitも公開されている。 EPANET 3が最後のバージョンとして2012年にリリースされる予定である。 (ja)
  • EPANET(エパネット) はアメリカ合衆国環境保護庁の水道水資源課(英:Water Supply and Water Resources Division)により開発された用のパブリックドメインソフトウェアである。EPANETは配水管内における水理学的要素と水質学的要素の現象について長期のシミュレーションが可能となっており、『配水システムにおける水道水の構成要素の動きと増減についての理解を手助けする研究ツール』として設計された。EPANETが初めて発表されたのは1993年である。 EPANET 2はスタンドアローンプログラムとして及びオープンソースツールキット(C言語のアプリケーションプログラミングインタフェース)として利用されている。このコンピューターエンジンは、多くの強力なプロプライエタリソフトウェア、及びGIS-Centric(en:GIS-Centric)などを開発している多くのソフトウェア会社により使われている。 EPANET2.2は、2020年7月に公開された、2のバージョンアップ版である。同時にオンラインマニュアルと、Toolkitも公開されている。 EPANET 3が最後のバージョンとして2012年にリリースされる予定である。 (ja)
rdfs:label
  • EPANET (ja)
  • EPANET (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of