eComStation(イーコムステーション)は、社が開発しているオペレーティングシステム (OS) である。略して、eCSと呼ばれることもある。 IBMが開発したOS/2 Warp 4のOEM、OS/2 Warp 4 コンビニエンスパッケージがベースとなっている。 現在の最新版は eComStation 2.1 であるが、ローカライズ作業に手間取っているため英語版とドイツ語版に限られる。そのため eComStation 1.2.5 としてロシア語版、eComStation 1.2R としてイタリア語版、eComStation 1.2 としてオランダ語版が同時に提供されている。 OS/2コンビニエンスパッケージで提供されていたソフトウェアメンテナンスに相当する、1年更新の Software Subscription Services を購入すると、Flash 11 for eComStation や ACPI for eComStation など最新テクノロジーが利用できるようになる。なお eComStation 1.2 までは別売だったが、eComStation 2.0 で一定期間の Software Subscription Services が含まれるようになった。

Property Value
dbo:abstract
  • eComStation(イーコムステーション)は、社が開発しているオペレーティングシステム (OS) である。略して、eCSと呼ばれることもある。 IBMが開発したOS/2 Warp 4のOEM、OS/2 Warp 4 コンビニエンスパッケージがベースとなっている。 現在の最新版は eComStation 2.1 であるが、ローカライズ作業に手間取っているため英語版とドイツ語版に限られる。そのため eComStation 1.2.5 としてロシア語版、eComStation 1.2R としてイタリア語版、eComStation 1.2 としてオランダ語版が同時に提供されている。 OS/2コンビニエンスパッケージで提供されていたソフトウェアメンテナンスに相当する、1年更新の Software Subscription Services を購入すると、Flash 11 for eComStation や ACPI for eComStation など最新テクノロジーが利用できるようになる。なお eComStation 1.2 までは別売だったが、eComStation 2.0 で一定期間の Software Subscription Services が含まれるようになった。 (ja)
  • eComStation(イーコムステーション)は、社が開発しているオペレーティングシステム (OS) である。略して、eCSと呼ばれることもある。 IBMが開発したOS/2 Warp 4のOEM、OS/2 Warp 4 コンビニエンスパッケージがベースとなっている。 現在の最新版は eComStation 2.1 であるが、ローカライズ作業に手間取っているため英語版とドイツ語版に限られる。そのため eComStation 1.2.5 としてロシア語版、eComStation 1.2R としてイタリア語版、eComStation 1.2 としてオランダ語版が同時に提供されている。 OS/2コンビニエンスパッケージで提供されていたソフトウェアメンテナンスに相当する、1年更新の Software Subscription Services を購入すると、Flash 11 for eComStation や ACPI for eComStation など最新テクノロジーが利用できるようになる。なお eComStation 1.2 までは別売だったが、eComStation 2.0 で一定期間の Software Subscription Services が含まれるようになった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 129887 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2863 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81000451 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
prop-ja:family
prop-ja:kernelType
prop-ja:language
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 2.100000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • eComStation (ja)
  • eComStation (ja)
prop-ja:released
  • 2000-09-29 (xsd:date)
prop-ja:sourceModel
prop-ja:supportedPlatforms
prop-ja:ui
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workingState
  • 開発終了 (ja)
  • 開発終了 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • eComStation(イーコムステーション)は、社が開発しているオペレーティングシステム (OS) である。略して、eCSと呼ばれることもある。 IBMが開発したOS/2 Warp 4のOEM、OS/2 Warp 4 コンビニエンスパッケージがベースとなっている。 現在の最新版は eComStation 2.1 であるが、ローカライズ作業に手間取っているため英語版とドイツ語版に限られる。そのため eComStation 1.2.5 としてロシア語版、eComStation 1.2R としてイタリア語版、eComStation 1.2 としてオランダ語版が同時に提供されている。 OS/2コンビニエンスパッケージで提供されていたソフトウェアメンテナンスに相当する、1年更新の Software Subscription Services を購入すると、Flash 11 for eComStation や ACPI for eComStation など最新テクノロジーが利用できるようになる。なお eComStation 1.2 までは別売だったが、eComStation 2.0 で一定期間の Software Subscription Services が含まれるようになった。 (ja)
  • eComStation(イーコムステーション)は、社が開発しているオペレーティングシステム (OS) である。略して、eCSと呼ばれることもある。 IBMが開発したOS/2 Warp 4のOEM、OS/2 Warp 4 コンビニエンスパッケージがベースとなっている。 現在の最新版は eComStation 2.1 であるが、ローカライズ作業に手間取っているため英語版とドイツ語版に限られる。そのため eComStation 1.2.5 としてロシア語版、eComStation 1.2R としてイタリア語版、eComStation 1.2 としてオランダ語版が同時に提供されている。 OS/2コンビニエンスパッケージで提供されていたソフトウェアメンテナンスに相当する、1年更新の Software Subscription Services を購入すると、Flash 11 for eComStation や ACPI for eComStation など最新テクノロジーが利用できるようになる。なお eComStation 1.2 までは別売だったが、eComStation 2.0 で一定期間の Software Subscription Services が含まれるようになった。 (ja)
rdfs:label
  • EComStation (ja)
  • EComStation (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:operatingSystem of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:プラットフォーム of
is prop-ja:対応os of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of