dotXSI形式は、Softimage社の制定した、シーンデータ格納用ASCIIファイル形式である。 この形式は、メッシュ、NURBS、2D及び3Dチェーン、ポリゴン、マテリアル、階層、スケルトン、アニメーション拘束、、カスタムエフェクト、ユーザーデータなどに対応している。 この形式の一般的な利用用途は建築設計とビデオゲームにおいてであり、ValveがHalf-Life 2で先駆けて使用した後に一般的となった。 この形式はDirectXのXファイル形式を基としており、これら用途に特有のデータ構造の大部分を扱うために拡張されたものである。Crosswalk SDKは、dotXSI形式と他のAutodesk製品で使われている形式の間でデータを移送するための機能を有している。

Property Value
dbo:abstract
  • dotXSI形式は、Softimage社の制定した、シーンデータ格納用ASCIIファイル形式である。 この形式は、メッシュ、NURBS、2D及び3Dチェーン、ポリゴン、マテリアル、階層、スケルトン、アニメーション拘束、、カスタムエフェクト、ユーザーデータなどに対応している。 この形式の一般的な利用用途は建築設計とビデオゲームにおいてであり、ValveがHalf-Life 2で先駆けて使用した後に一般的となった。 この形式はDirectXのXファイル形式を基としており、これら用途に特有のデータ構造の大部分を扱うために拡張されたものである。Crosswalk SDKは、dotXSI形式と他のAutodesk製品で使われている形式の間でデータを移送するための機能を有している。 (ja)
  • dotXSI形式は、Softimage社の制定した、シーンデータ格納用ASCIIファイル形式である。 この形式は、メッシュ、NURBS、2D及び3Dチェーン、ポリゴン、マテリアル、階層、スケルトン、アニメーション拘束、、カスタムエフェクト、ユーザーデータなどに対応している。 この形式の一般的な利用用途は建築設計とビデオゲームにおいてであり、ValveがHalf-Life 2で先駆けて使用した後に一般的となった。 この形式はDirectXのXファイル形式を基としており、これら用途に特有のデータ構造の大部分を扱うために拡張されたものである。Crosswalk SDKは、dotXSI形式と他のAutodesk製品で使われている形式の間でデータを移送するための機能を有している。 (ja)
dbo:creator
dbo:latestReleaseVersion
  • 2015
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3444404 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2478 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 67434582 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:auto
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:date
  • December 2009 (ja)
  • December 2009 (ja)
prop-ja:developer
prop-ja:extendedFrom
prop-ja:extension
  • .xsi (ja)
  • .xsi (ja)
prop-ja:genre
  • 3 (xsd:integer)
  • グラフィックライブラリ (ja)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • Crosswalk SDK (ja)
  • dotXSI (ja)
  • Crosswalk SDK (ja)
  • dotXSI (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:owner
prop-ja:status
  • 開発停止 (ja)
  • 開発停止 (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • dotXSI形式は、Softimage社の制定した、シーンデータ格納用ASCIIファイル形式である。 この形式は、メッシュ、NURBS、2D及び3Dチェーン、ポリゴン、マテリアル、階層、スケルトン、アニメーション拘束、、カスタムエフェクト、ユーザーデータなどに対応している。 この形式の一般的な利用用途は建築設計とビデオゲームにおいてであり、ValveがHalf-Life 2で先駆けて使用した後に一般的となった。 この形式はDirectXのXファイル形式を基としており、これら用途に特有のデータ構造の大部分を扱うために拡張されたものである。Crosswalk SDKは、dotXSI形式と他のAutodesk製品で使われている形式の間でデータを移送するための機能を有している。 (ja)
  • dotXSI形式は、Softimage社の制定した、シーンデータ格納用ASCIIファイル形式である。 この形式は、メッシュ、NURBS、2D及び3Dチェーン、ポリゴン、マテリアル、階層、スケルトン、アニメーション拘束、、カスタムエフェクト、ユーザーデータなどに対応している。 この形式の一般的な利用用途は建築設計とビデオゲームにおいてであり、ValveがHalf-Life 2で先駆けて使用した後に一般的となった。 この形式はDirectXのXファイル形式を基としており、これら用途に特有のデータ構造の大部分を扱うために拡張されたものである。Crosswalk SDKは、dotXSI形式と他のAutodesk製品で使われている形式の間でデータを移送するための機能を有している。 (ja)
rdfs:label
  • DotXSI (ja)
  • DotXSI (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Crosswalk SDK (ja)
  • Crosswalk SDK (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:extendedTo of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of