DirectX Video Acceleration (DXVA) は、マイクロソフトのAPI仕様である。WindowsやXbox 360において、パイプラインにより、離散コサイン変換、動き補償、およびデインターレース処理などの特定のCPU集約型処理をGPUにオフロードすることで、ビデオのデコードをハードウェアアクセラレーションを利用して実行できるようにする。DXVA 2.0ではさらに、キャプチャや処理操作など、より多くの操作をハードウェアアクセラレーションで実行することができる。 DXVAは、ビデオカードで使用されるビデオレンダリングモデルと連携して動作する。DXVA 1.0は、Windows 2000で標準化されたAPIとして導入され、現在Windows 98以降で利用可能で、オーバーレイレンダリングモードまたはVMR 7/9のいずれかを使用できる。DXVA 2.0は、Windows Vista、Windows 7とWindows 8以降のOSでのみ利用可能で、Media Foundation (MF) と統合されており、MFにあるEnhanced Video Renderer (EVR) を使用する。

Property Value
dbo:abstract
  • DirectX Video Acceleration (DXVA) は、マイクロソフトのAPI仕様である。WindowsやXbox 360において、パイプラインにより、離散コサイン変換、動き補償、およびデインターレース処理などの特定のCPU集約型処理をGPUにオフロードすることで、ビデオのデコードをハードウェアアクセラレーションを利用して実行できるようにする。DXVA 2.0ではさらに、キャプチャや処理操作など、より多くの操作をハードウェアアクセラレーションで実行することができる。 DXVAは、ビデオカードで使用されるビデオレンダリングモデルと連携して動作する。DXVA 1.0は、Windows 2000で標準化されたAPIとして導入され、現在Windows 98以降で利用可能で、オーバーレイレンダリングモードまたはVMR 7/9のいずれかを使用できる。DXVA 2.0は、Windows Vista、Windows 7とWindows 8以降のOSでのみ利用可能で、Media Foundation (MF) と統合されており、MFにあるEnhanced Video Renderer (EVR) を使用する。 (ja)
  • DirectX Video Acceleration (DXVA) は、マイクロソフトのAPI仕様である。WindowsやXbox 360において、パイプラインにより、離散コサイン変換、動き補償、およびデインターレース処理などの特定のCPU集約型処理をGPUにオフロードすることで、ビデオのデコードをハードウェアアクセラレーションを利用して実行できるようにする。DXVA 2.0ではさらに、キャプチャや処理操作など、より多くの操作をハードウェアアクセラレーションで実行することができる。 DXVAは、ビデオカードで使用されるビデオレンダリングモデルと連携して動作する。DXVA 1.0は、Windows 2000で標準化されたAPIとして導入され、現在Windows 98以降で利用可能で、オーバーレイレンダリングモードまたはVMR 7/9のいずれかを使用できる。DXVA 2.0は、Windows Vista、Windows 7とWindows 8以降のOSでのみ利用可能で、Media Foundation (MF) と統合されており、MFにあるEnhanced Video Renderer (EVR) を使用する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3562207 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6621 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81612663 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • DirectX Video Acceleration (DXVA) は、マイクロソフトのAPI仕様である。WindowsやXbox 360において、パイプラインにより、離散コサイン変換、動き補償、およびデインターレース処理などの特定のCPU集約型処理をGPUにオフロードすることで、ビデオのデコードをハードウェアアクセラレーションを利用して実行できるようにする。DXVA 2.0ではさらに、キャプチャや処理操作など、より多くの操作をハードウェアアクセラレーションで実行することができる。 DXVAは、ビデオカードで使用されるビデオレンダリングモデルと連携して動作する。DXVA 1.0は、Windows 2000で標準化されたAPIとして導入され、現在Windows 98以降で利用可能で、オーバーレイレンダリングモードまたはVMR 7/9のいずれかを使用できる。DXVA 2.0は、Windows Vista、Windows 7とWindows 8以降のOSでのみ利用可能で、Media Foundation (MF) と統合されており、MFにあるEnhanced Video Renderer (EVR) を使用する。 (ja)
  • DirectX Video Acceleration (DXVA) は、マイクロソフトのAPI仕様である。WindowsやXbox 360において、パイプラインにより、離散コサイン変換、動き補償、およびデインターレース処理などの特定のCPU集約型処理をGPUにオフロードすることで、ビデオのデコードをハードウェアアクセラレーションを利用して実行できるようにする。DXVA 2.0ではさらに、キャプチャや処理操作など、より多くの操作をハードウェアアクセラレーションで実行することができる。 DXVAは、ビデオカードで使用されるビデオレンダリングモデルと連携して動作する。DXVA 1.0は、Windows 2000で標準化されたAPIとして導入され、現在Windows 98以降で利用可能で、オーバーレイレンダリングモードまたはVMR 7/9のいずれかを使用できる。DXVA 2.0は、Windows Vista、Windows 7とWindows 8以降のOSでのみ利用可能で、Media Foundation (MF) と統合されており、MFにあるEnhanced Video Renderer (EVR) を使用する。 (ja)
rdfs:label
  • DirectX Video Acceleration (ja)
  • DirectX Video Acceleration (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of