DarwineはWineライブラリをDarwinとOS Xへ移植したもの。 DarwineはもともとWin32のソースコードをMacintoshコンピュータ向けにMach-O / PowerPCバイナリにコンパイルできるようにするためのものであった。現在プロジェクトではPowerPC用のMac OS X上でWin32バイナリを実行できるようWineのプログラムローダーとx86エミュレータであるQEMUとの結合を行っている。 しかし、DarwineプロジェクトはAppleのインテルプラットフォームへの移行によって方針転換した。Darwineは新しいIntel Mac上では(Wineと互換性があるものなら)Windowsのプログラムをネイティブに実行でき、Mac専用のプログラムと遜色ない速度で動作できる。 2008年6月17日、バージョン1.0のリリースが宣言されたが、SourceForgeの公式サイトで配布されている配布パッケージは0.9.27以降更新されていない。ただし、有志によって独自にビルド・配布されているパッケージは随時バージョンアップがなされている。

Property Value
dbo:abstract
  • DarwineはWineライブラリをDarwinとOS Xへ移植したもの。 DarwineはもともとWin32のソースコードをMacintoshコンピュータ向けにMach-O / PowerPCバイナリにコンパイルできるようにするためのものであった。現在プロジェクトではPowerPC用のMac OS X上でWin32バイナリを実行できるようWineのプログラムローダーとx86エミュレータであるQEMUとの結合を行っている。 しかし、DarwineプロジェクトはAppleのインテルプラットフォームへの移行によって方針転換した。Darwineは新しいIntel Mac上では(Wineと互換性があるものなら)Windowsのプログラムをネイティブに実行でき、Mac専用のプログラムと遜色ない速度で動作できる。 2008年6月17日、バージョン1.0のリリースが宣言されたが、SourceForgeの公式サイトで配布されている配布パッケージは0.9.27以降更新されていない。ただし、有志によって独自にビルド・配布されているパッケージは随時バージョンアップがなされている。 (ja)
  • DarwineはWineライブラリをDarwinとOS Xへ移植したもの。 DarwineはもともとWin32のソースコードをMacintoshコンピュータ向けにMach-O / PowerPCバイナリにコンパイルできるようにするためのものであった。現在プロジェクトではPowerPC用のMac OS X上でWin32バイナリを実行できるようWineのプログラムローダーとx86エミュレータであるQEMUとの結合を行っている。 しかし、DarwineプロジェクトはAppleのインテルプラットフォームへの移行によって方針転換した。Darwineは新しいIntel Mac上では(Wineと互換性があるものなら)Windowsのプログラムをネイティブに実行でき、Mac専用のプログラムと遜色ない速度で動作できる。 2008年6月17日、バージョン1.0のリリースが宣言されたが、SourceForgeの公式サイトで配布されている配布パッケージは0.9.27以降更新されていない。ただし、有志によって独自にビルド・配布されているパッケージは随時バージョンアップがなされている。 (ja)
dbo:latestPreviewVersion
  • 1.1.21
dbo:latestReleaseVersion
  • 1.0.1
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1255184 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1970 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 90629018 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
  • Darwine Project (ja)
  • Darwine Project (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:latestPreviewVersion
  • 1.100000 (xsd:double)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • Darwine (ja)
  • Darwine (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:platform
prop-ja:status
  • Discontinued (ja)
  • Discontinued (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • DarwineはWineライブラリをDarwinとOS Xへ移植したもの。 DarwineはもともとWin32のソースコードをMacintoshコンピュータ向けにMach-O / PowerPCバイナリにコンパイルできるようにするためのものであった。現在プロジェクトではPowerPC用のMac OS X上でWin32バイナリを実行できるようWineのプログラムローダーとx86エミュレータであるQEMUとの結合を行っている。 しかし、DarwineプロジェクトはAppleのインテルプラットフォームへの移行によって方針転換した。Darwineは新しいIntel Mac上では(Wineと互換性があるものなら)Windowsのプログラムをネイティブに実行でき、Mac専用のプログラムと遜色ない速度で動作できる。 2008年6月17日、バージョン1.0のリリースが宣言されたが、SourceForgeの公式サイトで配布されている配布パッケージは0.9.27以降更新されていない。ただし、有志によって独自にビルド・配布されているパッケージは随時バージョンアップがなされている。 (ja)
  • DarwineはWineライブラリをDarwinとOS Xへ移植したもの。 DarwineはもともとWin32のソースコードをMacintoshコンピュータ向けにMach-O / PowerPCバイナリにコンパイルできるようにするためのものであった。現在プロジェクトではPowerPC用のMac OS X上でWin32バイナリを実行できるようWineのプログラムローダーとx86エミュレータであるQEMUとの結合を行っている。 しかし、DarwineプロジェクトはAppleのインテルプラットフォームへの移行によって方針転換した。Darwineは新しいIntel Mac上では(Wineと互換性があるものなら)Windowsのプログラムをネイティブに実行でき、Mac専用のプログラムと遜色ない速度で動作できる。 2008年6月17日、バージョン1.0のリリースが宣言されたが、SourceForgeの公式サイトで配布されている配布パッケージは0.9.27以降更新されていない。ただし、有志によって独自にビルド・配布されているパッケージは随時バージョンアップがなされている。 (ja)
rdfs:label
  • Darwine (ja)
  • Darwine (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Darwine (ja)
  • Darwine (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of