Dandified Yum(ダンディファイド ヤム、略してDNF)は、RPMベースのパッケージ管理システムを採用しているLinuxディストリビューション用のパッケージマネージャであるYum 3.4のフォークであり、Yumの事実上の後継バージョン。 DNFは、Fedora 18より試験的に導入が開始され、Fedora 22のバージョンからデフォルトのパッケージ管理システムとして採用されている。dnfパッケージは、Fedoraの(試験的に採用されていた)18以降21以前のバージョンやEPEL 7にも存在する為、Fedora 19の成果を活用しているRHEL 7やCentOS 7などでも使用することができる。

Property Value
dbo:abstract
  • Dandified Yum(ダンディファイド ヤム、略してDNF)は、RPMベースのパッケージ管理システムを採用しているLinuxディストリビューション用のパッケージマネージャであるYum 3.4のフォークであり、Yumの事実上の後継バージョン。 DNFは、Fedora 18より試験的に導入が開始され、Fedora 22のバージョンからデフォルトのパッケージ管理システムとして採用されている。dnfパッケージは、Fedoraの(試験的に採用されていた)18以降21以前のバージョンやEPEL 7にも存在する為、Fedora 19の成果を活用しているRHEL 7やCentOS 7などでも使用することができる。 (ja)
  • Dandified Yum(ダンディファイド ヤム、略してDNF)は、RPMベースのパッケージ管理システムを採用しているLinuxディストリビューション用のパッケージマネージャであるYum 3.4のフォークであり、Yumの事実上の後継バージョン。 DNFは、Fedora 18より試験的に導入が開始され、Fedora 22のバージョンからデフォルトのパッケージ管理システムとして採用されている。dnfパッケージは、Fedoraの(試験的に採用されていた)18以降21以前のバージョンやEPEL 7にも存在する為、Fedora 19の成果を活用しているRHEL 7やCentOS 7などでも使用することができる。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 4.7.0
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3293700 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8267 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85207600 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • Jan Šilhan (ja)
  • Jan Šilhan (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 4.700000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:logo
prop-ja:name
  • Dandified Yum (ja)
  • Dandified Yum (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Dandified Yum(ダンディファイド ヤム、略してDNF)は、RPMベースのパッケージ管理システムを採用しているLinuxディストリビューション用のパッケージマネージャであるYum 3.4のフォークであり、Yumの事実上の後継バージョン。 DNFは、Fedora 18より試験的に導入が開始され、Fedora 22のバージョンからデフォルトのパッケージ管理システムとして採用されている。dnfパッケージは、Fedoraの(試験的に採用されていた)18以降21以前のバージョンやEPEL 7にも存在する為、Fedora 19の成果を活用しているRHEL 7やCentOS 7などでも使用することができる。 (ja)
  • Dandified Yum(ダンディファイド ヤム、略してDNF)は、RPMベースのパッケージ管理システムを採用しているLinuxディストリビューション用のパッケージマネージャであるYum 3.4のフォークであり、Yumの事実上の後継バージョン。 DNFは、Fedora 18より試験的に導入が開始され、Fedora 22のバージョンからデフォルトのパッケージ管理システムとして採用されている。dnfパッケージは、Fedoraの(試験的に採用されていた)18以降21以前のバージョンやEPEL 7にも存在する為、Fedora 19の成果を活用しているRHEL 7やCentOS 7などでも使用することができる。 (ja)
rdfs:label
  • Dandified Yum (ja)
  • Dandified Yum (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Dandified Yum (ja)
  • Dandified Yum (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:updateModel of
is prop-ja:updatemodel of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of