DDR4 SDRAM (Double-Data-Rate4 Synchronous Dynamic Random Access Memory)は、半導体集積回路で構成されるDRAMの規格の一種である。 DDR3 SDRAM と同様、8ビットのプリフェッチ機能(CPUがデータを必要とする前にメモリから先読みして取り出す機能)をもつ。バンクグループを用いることで DDR3 の2倍の転送速度を実現した。 パソコンやサーバーでは2014年から、携帯電話(ARM Cortex-A57など)では2015年から使われている。インテルはHaswellマイクロアーキテクチャから使用している。また、AMDもExcavatorマイクロアーキテクチャから使用している。

Property Value
dbo:abstract
  • DDR4 SDRAM (Double-Data-Rate4 Synchronous Dynamic Random Access Memory)は、半導体集積回路で構成されるDRAMの規格の一種である。 DDR3 SDRAM と同様、8ビットのプリフェッチ機能(CPUがデータを必要とする前にメモリから先読みして取り出す機能)をもつ。バンクグループを用いることで DDR3 の2倍の転送速度を実現した。 パソコンやサーバーでは2014年から、携帯電話(ARM Cortex-A57など)では2015年から使われている。インテルはHaswellマイクロアーキテクチャから使用している。また、AMDもExcavatorマイクロアーキテクチャから使用している。 (ja)
  • DDR4 SDRAM (Double-Data-Rate4 Synchronous Dynamic Random Access Memory)は、半導体集積回路で構成されるDRAMの規格の一種である。 DDR3 SDRAM と同様、8ビットのプリフェッチ機能(CPUがデータを必要とする前にメモリから先読みして取り出す機能)をもつ。バンクグループを用いることで DDR3 の2倍の転送速度を実現した。 パソコンやサーバーでは2014年から、携帯電話(ARM Cortex-A57など)では2015年から使われている。インテルはHaswellマイクロアーキテクチャから使用している。また、AMDもExcavatorマイクロアーキテクチャから使用している。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3119189 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3821 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87877716 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:abbr
  • DDR4 SDRAM (ja)
  • DDR4 SDRAM (ja)
prop-ja:caption
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:clockRate
  • 800 (xsd:integer)
  • (ja)
prop-ja:developer
prop-ja:generation
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Double Data Rate 4 Synchronous Dynamic Random-Access Memory (ja)
  • Double Data Rate 4 Synchronous Dynamic Random-Access Memory (ja)
prop-ja:predecessor
prop-ja:prefetch
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:standards
  • (ja)
  • DDR4-1600 (ja)
  • DDR4-1866 (ja)
  • DDR4-2133 (ja)
  • DDR4-2400 (ja)
  • DDR4-2666 (ja)
  • DDR4-2933 (ja)
  • DDR4-3200 (ja)
  • (ja)
  • DDR4-1600 (ja)
  • DDR4-1866 (ja)
  • DDR4-2133 (ja)
  • DDR4-2400 (ja)
  • DDR4-2666 (ja)
  • DDR4-2933 (ja)
  • DDR4-3200 (ja)
prop-ja:successor
prop-ja:type
prop-ja:voltage
  • (ja)
  • Reference 1.2 V (ja)
  • (ja)
  • Reference 1.2 V (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • DDR4 SDRAM (Double-Data-Rate4 Synchronous Dynamic Random Access Memory)は、半導体集積回路で構成されるDRAMの規格の一種である。 DDR3 SDRAM と同様、8ビットのプリフェッチ機能(CPUがデータを必要とする前にメモリから先読みして取り出す機能)をもつ。バンクグループを用いることで DDR3 の2倍の転送速度を実現した。 パソコンやサーバーでは2014年から、携帯電話(ARM Cortex-A57など)では2015年から使われている。インテルはHaswellマイクロアーキテクチャから使用している。また、AMDもExcavatorマイクロアーキテクチャから使用している。 (ja)
  • DDR4 SDRAM (Double-Data-Rate4 Synchronous Dynamic Random Access Memory)は、半導体集積回路で構成されるDRAMの規格の一種である。 DDR3 SDRAM と同様、8ビットのプリフェッチ機能(CPUがデータを必要とする前にメモリから先読みして取り出す機能)をもつ。バンクグループを用いることで DDR3 の2倍の転送速度を実現した。 パソコンやサーバーでは2014年から、携帯電話(ARM Cortex-A57など)では2015年から使われている。インテルはHaswellマイクロアーキテクチャから使用している。また、AMDもExcavatorマイクロアーキテクチャから使用している。 (ja)
rdfs:label
  • DDR4 SDRAM (ja)
  • DDR4 SDRAM (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:successor of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of