cowsayとは、メッセージをつぶやくウシのアスキーアートを生成するプログラムである。ウシ以外にも様々な動物のアスキーアートが用意されており、動物を変えて出力することも可能である。また、関連するプログラムとして、cowthinkというものがあり、これは、cowsayのメッセージイメージとは違って会話のふきだしが思慮深いときのもの(丸の泡で示される状態)が表示される。コマンドを出力させたい文字列を引数に与えて実行すると、以下のように出力される。 _______________________ < Typical cowsay output! > ----------------------- \ ^__^ \ (oo)\_______ (__)\ )\/\ ||----w | || || cowsayはプログラミング言語のPerlで作成されている。そして、それ自体UNIXのシステムタスクに容易に適応し得る。例えば、ユーザーのホームディレクトリがディスクフルになっただとか、新しいメールが届いた際にそれら通知と組み合わせて利用できる。加えて、CGIとの親和性も高い。

Property Value
dbo:abstract
  • cowsayとは、メッセージをつぶやくウシのアスキーアートを生成するプログラムである。ウシ以外にも様々な動物のアスキーアートが用意されており、動物を変えて出力することも可能である。また、関連するプログラムとして、cowthinkというものがあり、これは、cowsayのメッセージイメージとは違って会話のふきだしが思慮深いときのもの(丸の泡で示される状態)が表示される。コマンドを出力させたい文字列を引数に与えて実行すると、以下のように出力される。 _______________________ < Typical cowsay output! > ----------------------- \ ^__^ \ (oo)\_______ (__)\ )\/\ ||----w | || || cowsay用に用意される.cowファイルがあり、これを利用すると「ウシ」の部分を変えたり、別種の「目」の形にするなどしてメッセージをカスタマイズすることができる。時折IRC、デスクトップのスクリーンショットそしてソフトウェアのドキュメント中にも使用される例が見られる。このプログラムは多かれ少なかれ、ハッカー文化におけるジョークの意味合いがあり、しかしながら、広く長く使われている。2007年には様々なDebianパッケージを紹介するサイト、"Debian Package of the Day"にて取り上げられている。 cowsayはプログラミング言語のPerlで作成されている。そして、それ自体UNIXのシステムタスクに容易に適応し得る。例えば、ユーザーのホームディレクトリがディスクフルになっただとか、新しいメールが届いた際にそれら通知と組み合わせて利用できる。加えて、CGIとの親和性も高い。 (ja)
  • cowsayとは、メッセージをつぶやくウシのアスキーアートを生成するプログラムである。ウシ以外にも様々な動物のアスキーアートが用意されており、動物を変えて出力することも可能である。また、関連するプログラムとして、cowthinkというものがあり、これは、cowsayのメッセージイメージとは違って会話のふきだしが思慮深いときのもの(丸の泡で示される状態)が表示される。コマンドを出力させたい文字列を引数に与えて実行すると、以下のように出力される。 _______________________ < Typical cowsay output! > ----------------------- \ ^__^ \ (oo)\_______ (__)\ )\/\ ||----w | || || cowsay用に用意される.cowファイルがあり、これを利用すると「ウシ」の部分を変えたり、別種の「目」の形にするなどしてメッセージをカスタマイズすることができる。時折IRC、デスクトップのスクリーンショットそしてソフトウェアのドキュメント中にも使用される例が見られる。このプログラムは多かれ少なかれ、ハッカー文化におけるジョークの意味合いがあり、しかしながら、広く長く使われている。2007年には様々なDebianパッケージを紹介するサイト、"Debian Package of the Day"にて取り上げられている。 cowsayはプログラミング言語のPerlで作成されている。そして、それ自体UNIXのシステムタスクに容易に適応し得る。例えば、ユーザーのホームディレクトリがディスクフルになっただとか、新しいメールが届いた際にそれら通知と組み合わせて利用できる。加えて、CGIとの親和性も高い。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 3.04
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2306089 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6853 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 91139649 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:author
  • トニー・モンロー (ja)
  • トニー・モンロー (ja)
prop-en:language
prop-en:latestReleaseVersion
  • 3.040000 (xsd:double)
prop-en:license
prop-en:name
  • cowsay (ja)
  • cowsay (ja)
prop-en:operatingSystem
prop-en:programmingLanguage
prop-en:website
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • cowsayとは、メッセージをつぶやくウシのアスキーアートを生成するプログラムである。ウシ以外にも様々な動物のアスキーアートが用意されており、動物を変えて出力することも可能である。また、関連するプログラムとして、cowthinkというものがあり、これは、cowsayのメッセージイメージとは違って会話のふきだしが思慮深いときのもの(丸の泡で示される状態)が表示される。コマンドを出力させたい文字列を引数に与えて実行すると、以下のように出力される。 _______________________ < Typical cowsay output! > ----------------------- \ ^__^ \ (oo)\_______ (__)\ )\/\ ||----w | || || cowsayはプログラミング言語のPerlで作成されている。そして、それ自体UNIXのシステムタスクに容易に適応し得る。例えば、ユーザーのホームディレクトリがディスクフルになっただとか、新しいメールが届いた際にそれら通知と組み合わせて利用できる。加えて、CGIとの親和性も高い。 (ja)
  • cowsayとは、メッセージをつぶやくウシのアスキーアートを生成するプログラムである。ウシ以外にも様々な動物のアスキーアートが用意されており、動物を変えて出力することも可能である。また、関連するプログラムとして、cowthinkというものがあり、これは、cowsayのメッセージイメージとは違って会話のふきだしが思慮深いときのもの(丸の泡で示される状態)が表示される。コマンドを出力させたい文字列を引数に与えて実行すると、以下のように出力される。 _______________________ < Typical cowsay output! > ----------------------- \ ^__^ \ (oo)\_______ (__)\ )\/\ ||----w | || || cowsayはプログラミング言語のPerlで作成されている。そして、それ自体UNIXのシステムタスクに容易に適応し得る。例えば、ユーザーのホームディレクトリがディスクフルになっただとか、新しいメールが届いた際にそれら通知と組み合わせて利用できる。加えて、CGIとの親和性も高い。 (ja)
rdfs:label
  • Cowsay (ja)
  • Cowsay (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • cowsay (ja)
  • cowsay (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of