「Circle of Life」(サークル オブ ライフ)は、ディズニーのアニメ映画『ライオン・キング』で使用された曲。作詞ティム・ライス、作曲はエルトン・ジョンで、(低音の女性リードヴォーカル)と(ズールー語によるオープニングヴォーカル)の歌唱による、この映画のオープニング主題歌である。インタビューで、ライスはジョンの作曲スピードに驚かされたと述べている:セッションを開始した午後2時くらいにジョンへ歌詞を渡したんだが、午後3時半には作曲を済ませ、あっと言わせるような素晴らしいデモを録音し終えていた エルトン・ジョンはと(歌詞に手を加えた)ポップ版も制作し、映画のサウンドトラックに収録されミュージック・ビデオも撮影された。 この曲はディズニーの2019年のCGによる超実写版リメイクでも主題歌となり、オリジナルの冒頭部分を概ね再現する第1弾トレーラーにも採用された。この新しいヴァージョンは、2005年から2018年にかけてロンドンで上演されたこの映画をベースにした舞台で、ラフィキ役を演じたブラウン・リンディウェ・ムハイゼが歌手を務めている。しかし、冒頭のズールー語の部分はレボ・Mによる1994年のオリジナル版を使用している。 アメリカ合衆国の音楽評論家は、この曲の構成とメッセージ性について高い評価を与えたが、イギリスの批評家は毀誉褒貶であった。

Property Value
dbo:aSide
  • Circle of Life
dbo:abstract
  • 「Circle of Life」(サークル オブ ライフ)は、ディズニーのアニメ映画『ライオン・キング』で使用された曲。作詞ティム・ライス、作曲はエルトン・ジョンで、(低音の女性リードヴォーカル)と(ズールー語によるオープニングヴォーカル)の歌唱による、この映画のオープニング主題歌である。インタビューで、ライスはジョンの作曲スピードに驚かされたと述べている:セッションを開始した午後2時くらいにジョンへ歌詞を渡したんだが、午後3時半には作曲を済ませ、あっと言わせるような素晴らしいデモを録音し終えていた エルトン・ジョンはと(歌詞に手を加えた)ポップ版も制作し、映画のサウンドトラックに収録されミュージック・ビデオも撮影された。 「Circle of Life」は1994年のアカデミー歌曲賞に、この映画の挿入曲である“Hakuna Matata”と“I Just Can't Wait to Be King”とともにノミネートされ、その後栄冠を勝ち取った。この曲はグラミー賞最優秀楽曲賞にもノミネートしている。Billboard Hot 100での最高位は18位。Billboard Hot 100史上、ディズニーのアニメ映画の楽曲としては第8位のヒット曲である(2022年4月9日付時点)。またイギリスにおいては11位を記録している。ライオンキングをモチーフとしているディズニーテーマパークのアトラクションやパレードでは頻繁にこの楽曲が用いられている。マイケル・クロフォードは、2001年にリリースした『ディズニー・アルバム』において同曲をカバーしている。 この曲はディズニーの2019年のCGによる超実写版リメイクでも主題歌となり、オリジナルの冒頭部分を概ね再現する第1弾トレーラーにも採用された。この新しいヴァージョンは、2005年から2018年にかけてロンドンで上演されたこの映画をベースにした舞台で、ラフィキ役を演じたブラウン・リンディウェ・ムハイゼが歌手を務めている。しかし、冒頭のズールー語の部分はレボ・Mによる1994年のオリジナル版を使用している。 アメリカ合衆国の音楽評論家は、この曲の構成とメッセージ性について高い評価を与えたが、イギリスの批評家は毀誉褒貶であった。 (ja)
  • 「Circle of Life」(サークル オブ ライフ)は、ディズニーのアニメ映画『ライオン・キング』で使用された曲。作詞ティム・ライス、作曲はエルトン・ジョンで、(低音の女性リードヴォーカル)と(ズールー語によるオープニングヴォーカル)の歌唱による、この映画のオープニング主題歌である。インタビューで、ライスはジョンの作曲スピードに驚かされたと述べている:セッションを開始した午後2時くらいにジョンへ歌詞を渡したんだが、午後3時半には作曲を済ませ、あっと言わせるような素晴らしいデモを録音し終えていた エルトン・ジョンはと(歌詞に手を加えた)ポップ版も制作し、映画のサウンドトラックに収録されミュージック・ビデオも撮影された。 「Circle of Life」は1994年のアカデミー歌曲賞に、この映画の挿入曲である“Hakuna Matata”と“I Just Can't Wait to Be King”とともにノミネートされ、その後栄冠を勝ち取った。この曲はグラミー賞最優秀楽曲賞にもノミネートしている。Billboard Hot 100での最高位は18位。Billboard Hot 100史上、ディズニーのアニメ映画の楽曲としては第8位のヒット曲である(2022年4月9日付時点)。またイギリスにおいては11位を記録している。ライオンキングをモチーフとしているディズニーテーマパークのアトラクションやパレードでは頻繁にこの楽曲が用いられている。マイケル・クロフォードは、2001年にリリースした『ディズニー・アルバム』において同曲をカバーしている。 この曲はディズニーの2019年のCGによる超実写版リメイクでも主題歌となり、オリジナルの冒頭部分を概ね再現する第1弾トレーラーにも採用された。この新しいヴァージョンは、2005年から2018年にかけてロンドンで上演されたこの映画をベースにした舞台で、ラフィキ役を演じたブラウン・リンディウェ・ムハイゼが歌手を務めている。しかし、冒頭のズールー語の部分はレボ・Mによる1994年のオリジナル版を使用している。 アメリカ合衆国の音楽評論家は、この曲の構成とメッセージ性について高い評価を与えたが、イギリスの批評家は毀誉褒貶であった。 (ja)
dbo:bSide
  • BODY MOVE
  • 琉STYLE
dbo:releaseDate
  • 1927-01-01 (xsd:date)
dbo:title
  • Circle of Life (ja)
  • Circle of Life (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2234973 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2830 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 89901310 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:aSide
  • Circle of Life (ja)
  • Circle of Life (ja)
prop-ja:artist
prop-ja:bSide
  • BODY MOVE (ja)
  • 琉STYLE (ja)
  • BODY MOVE (ja)
  • 琉STYLE (ja)
prop-ja:chartPosition
  • *週間16位(オリコン) *登場回数7回(オリコン) (ja)
  • *週間16位(オリコン) *登場回数7回(オリコン) (ja)
prop-ja:format
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:lastSingle
prop-ja:length
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Circle of Life (ja)
  • Circle of Life (ja)
prop-ja:nextSingle
prop-ja:released
  • 0001-11-27 (xsd:gMonthDay)
prop-ja:thisSingle
  • (2003年) (ja)
  • Circle of Life (ja)
  • (2003年) (ja)
  • Circle of Life (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 「Circle of Life」(サークル オブ ライフ)は、ディズニーのアニメ映画『ライオン・キング』で使用された曲。作詞ティム・ライス、作曲はエルトン・ジョンで、(低音の女性リードヴォーカル)と(ズールー語によるオープニングヴォーカル)の歌唱による、この映画のオープニング主題歌である。インタビューで、ライスはジョンの作曲スピードに驚かされたと述べている:セッションを開始した午後2時くらいにジョンへ歌詞を渡したんだが、午後3時半には作曲を済ませ、あっと言わせるような素晴らしいデモを録音し終えていた エルトン・ジョンはと(歌詞に手を加えた)ポップ版も制作し、映画のサウンドトラックに収録されミュージック・ビデオも撮影された。 この曲はディズニーの2019年のCGによる超実写版リメイクでも主題歌となり、オリジナルの冒頭部分を概ね再現する第1弾トレーラーにも採用された。この新しいヴァージョンは、2005年から2018年にかけてロンドンで上演されたこの映画をベースにした舞台で、ラフィキ役を演じたブラウン・リンディウェ・ムハイゼが歌手を務めている。しかし、冒頭のズールー語の部分はレボ・Mによる1994年のオリジナル版を使用している。 アメリカ合衆国の音楽評論家は、この曲の構成とメッセージ性について高い評価を与えたが、イギリスの批評家は毀誉褒貶であった。 (ja)
  • 「Circle of Life」(サークル オブ ライフ)は、ディズニーのアニメ映画『ライオン・キング』で使用された曲。作詞ティム・ライス、作曲はエルトン・ジョンで、(低音の女性リードヴォーカル)と(ズールー語によるオープニングヴォーカル)の歌唱による、この映画のオープニング主題歌である。インタビューで、ライスはジョンの作曲スピードに驚かされたと述べている:セッションを開始した午後2時くらいにジョンへ歌詞を渡したんだが、午後3時半には作曲を済ませ、あっと言わせるような素晴らしいデモを録音し終えていた エルトン・ジョンはと(歌詞に手を加えた)ポップ版も制作し、映画のサウンドトラックに収録されミュージック・ビデオも撮影された。 この曲はディズニーの2019年のCGによる超実写版リメイクでも主題歌となり、オリジナルの冒頭部分を概ね再現する第1弾トレーラーにも採用された。この新しいヴァージョンは、2005年から2018年にかけてロンドンで上演されたこの映画をベースにした舞台で、ラフィキ役を演じたブラウン・リンディウェ・ムハイゼが歌手を務めている。しかし、冒頭のズールー語の部分はレボ・Mによる1994年のオリジナル版を使用している。 アメリカ合衆国の音楽評論家は、この曲の構成とメッセージ性について高い評価を与えたが、イギリスの批評家は毀誉褒貶であった。 (ja)
rdfs:label
  • Circle of Life (ja)
  • Circle of Life (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:lastSingle of
is prop-ja:nextSingle of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of