Chemical Abstracts(略称CA、ケミアブ)は、アメリカ化学会の下部組織CASが発行している化学および関連分野の文献抄録誌である。1907年に創刊され、現在では化学の研究用の巨大データベースとして世界中で利用されている。日本語ではケミカル・アブストラクト、ケミカル・アブストラクツなど。 冊子体は非常に大きい(1年で厚さ数メートルとなる)が、1996年以降はCD-ROM版も発刊されている。また、現在はすべての内容がデータベース化され、オンラインでの利用が可能である。オンラインの利用は従量制による課金が中心である。冊子体およびCD-ROM版は、購読料・使用料が三百万円程度と高価であるが、理工系の大学図書館や企業の研究部門では幅広く利用されている。近年は、冊子体やCD-ROM版に代わり、オンラインで簡便に検索できる「SciFinder」とよばれるシステムによる利用が普及している。

Property Value
dbo:abstract
  • Chemical Abstracts(略称CA、ケミアブ)は、アメリカ化学会の下部組織CASが発行している化学および関連分野の文献抄録誌である。1907年に創刊され、現在では化学の研究用の巨大データベースとして世界中で利用されている。日本語ではケミカル・アブストラクト、ケミカル・アブストラクツなど。 冊子体は非常に大きい(1年で厚さ数メートルとなる)が、1996年以降はCD-ROM版も発刊されている。また、現在はすべての内容がデータベース化され、オンラインでの利用が可能である。オンラインの利用は従量制による課金が中心である。冊子体およびCD-ROM版は、購読料・使用料が三百万円程度と高価であるが、理工系の大学図書館や企業の研究部門では幅広く利用されている。近年は、冊子体やCD-ROM版に代わり、オンラインで簡便に検索できる「SciFinder」とよばれるシステムによる利用が普及している。 (ja)
  • Chemical Abstracts(略称CA、ケミアブ)は、アメリカ化学会の下部組織CASが発行している化学および関連分野の文献抄録誌である。1907年に創刊され、現在では化学の研究用の巨大データベースとして世界中で利用されている。日本語ではケミカル・アブストラクト、ケミカル・アブストラクツなど。 冊子体は非常に大きい(1年で厚さ数メートルとなる)が、1996年以降はCD-ROM版も発刊されている。また、現在はすべての内容がデータベース化され、オンラインでの利用が可能である。オンラインの利用は従量制による課金が中心である。冊子体およびCD-ROM版は、購読料・使用料が三百万円程度と高価であるが、理工系の大学図書館や企業の研究部門では幅広く利用されている。近年は、冊子体やCD-ROM版に代わり、オンラインで簡便に検索できる「SciFinder」とよばれるシステムによる利用が普及している。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 244323 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3086 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 70174687 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Chemical Abstracts(略称CA、ケミアブ)は、アメリカ化学会の下部組織CASが発行している化学および関連分野の文献抄録誌である。1907年に創刊され、現在では化学の研究用の巨大データベースとして世界中で利用されている。日本語ではケミカル・アブストラクト、ケミカル・アブストラクツなど。 冊子体は非常に大きい(1年で厚さ数メートルとなる)が、1996年以降はCD-ROM版も発刊されている。また、現在はすべての内容がデータベース化され、オンラインでの利用が可能である。オンラインの利用は従量制による課金が中心である。冊子体およびCD-ROM版は、購読料・使用料が三百万円程度と高価であるが、理工系の大学図書館や企業の研究部門では幅広く利用されている。近年は、冊子体やCD-ROM版に代わり、オンラインで簡便に検索できる「SciFinder」とよばれるシステムによる利用が普及している。 (ja)
  • Chemical Abstracts(略称CA、ケミアブ)は、アメリカ化学会の下部組織CASが発行している化学および関連分野の文献抄録誌である。1907年に創刊され、現在では化学の研究用の巨大データベースとして世界中で利用されている。日本語ではケミカル・アブストラクト、ケミカル・アブストラクツなど。 冊子体は非常に大きい(1年で厚さ数メートルとなる)が、1996年以降はCD-ROM版も発刊されている。また、現在はすべての内容がデータベース化され、オンラインでの利用が可能である。オンラインの利用は従量制による課金が中心である。冊子体およびCD-ROM版は、購読料・使用料が三百万円程度と高価であるが、理工系の大学図書館や企業の研究部門では幅広く利用されている。近年は、冊子体やCD-ROM版に代わり、オンラインで簡便に検索できる「SciFinder」とよばれるシステムによる利用が普及している。 (ja)
rdfs:label
  • Chemical Abstracts (ja)
  • Chemical Abstracts (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of