Chasmataspididaは、Chasmataspidid ないし Chasmataspid と総称される、鋏角類に属する化石節足動物の分類群(目)である。外見はウミサソリによく似ているが、後体(腹部)は4節の中体(前腹部)と9節の終体(後腹部)に分かれることによって区別される。 少なくとも古生代のオルドビス紀からデボン紀にかけて生息し、さらに早期のカンブリア紀からも本群由来と思われる生痕化石が発見される。十数種のみによって知られる希少な分類群であり、ウミサソリなどとの類縁関係が議論の的となっている。

Property Value
dbo:abstract
  • Chasmataspididaは、Chasmataspidid ないし Chasmataspid と総称される、鋏角類に属する化石節足動物の分類群(目)である。外見はウミサソリによく似ているが、後体(腹部)は4節の中体(前腹部)と9節の終体(後腹部)に分かれることによって区別される。 少なくとも古生代のオルドビス紀からデボン紀にかけて生息し、さらに早期のカンブリア紀からも本群由来と思われる生痕化石が発見される。十数種のみによって知られる希少な分類群であり、ウミサソリなどとの類縁関係が議論の的となっている。 (ja)
  • Chasmataspididaは、Chasmataspidid ないし Chasmataspid と総称される、鋏角類に属する化石節足動物の分類群(目)である。外見はウミサソリによく似ているが、後体(腹部)は4節の中体(前腹部)と9節の終体(後腹部)に分かれることによって区別される。 少なくとも古生代のオルドビス紀からデボン紀にかけて生息し、さらに早期のカンブリア紀からも本群由来と思われる生痕化石が発見される。十数種のみによって知られる希少な分類群であり、ウミサソリなどとの類縁関係が議論の的となっている。 (ja)
dbo:colour
dbo:colourName
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
dbo:conservationStatus
  • fossil
dbo:division
dbo:kingdom
dbo:phylum
dbo:synonym
  • (Simonetta & Delle Cave, 1978)
  • Diploaspidida
dbo:wikiPageID
  • 4152953 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 28290 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81454436 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • center (ja)
  • right (ja)
  • center (ja)
  • right (ja)
prop-ja:caption
  • 2010 (xsd:integer)
  • Selden, Lamsdell & Liu に提唱されるChasmataspidida類の内部系統関係。Diploaspis praecursor の位置は Lamsdell & Briggs によって暫定的に追加される。 (ja)
prop-ja:footer
  • 前体付属肢の痕跡が見られる Hoplitaspis hiawathai の化石。 (ja)
  • 前体付属肢の痕跡が見られる Hoplitaspis hiawathai の化石。 (ja)
prop-ja:image
  • Hoplitaspis hiawathai 10.png (ja)
  • Hoplitaspis hiawathai 9.png (ja)
  • Hoplitaspis hiawathai 10.png (ja)
  • Hoplitaspis hiawathai 9.png (ja)
prop-ja:status
  • fossil (ja)
  • fossil (ja)
prop-ja:width
  • 290 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:シノニム
  • (Simonetta & Delle Cave, 1978) (ja)
  • Diploaspidida (ja)
  • (Simonetta & Delle Cave, 1978) (ja)
  • Diploaspidida (ja)
prop-ja:下位分類
  • * Chasmataspididae† * Diploaspididae† (ja)
  • * Chasmataspididae† * Diploaspididae† (ja)
prop-ja:下位分類名
prop-ja:亜門
  • 鋏角亜門 (ja)
  • 鋏角亜門 (ja)
prop-ja:亜門階級なし
  • 真鋏角類 (ja)
  • 真鋏角類 (ja)
prop-ja:名称
  • Chasmataspidida (ja)
  • Chasmataspidida (ja)
prop-ja:地質時代
prop-ja:学名
  • (Caster & Brooks, 1956) (ja)
  • Chasmataspidida (ja)
  • (Caster & Brooks, 1956) (ja)
  • Chasmataspidida (ja)
prop-ja:画像
  • 270 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • Dvulikiaspis menneri(中上)、Octoberaspis ushakovi(左上)、Hoplitaspis hiawathai(右上)、ネジムシ Chasmataspis laurencii(左下)、およびDiploaspis casteri(右下)。 (ja)
  • Dvulikiaspis menneri(中上)、Octoberaspis ushakovi(左上)、Hoplitaspis hiawathai(右上)、ネジムシ Chasmataspis laurencii(左下)、およびDiploaspis casteri(右下)。 (ja)
prop-ja:
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
prop-ja:
  • (和訳なし)Chasmataspidida† (ja)
  • (和訳なし)Chasmataspidida† (ja)
prop-ja:綱階級なし
  • (和訳なし)Dekatriata (ja)
  • (和訳なし)Dekatriata (ja)
prop-ja:
  • 動物界 (ja)
  • 動物界 (ja)
prop-ja:英名
  • Chasmataspid (ja)
  • Chasmataspidid (ja)
  • Chasmataspid (ja)
  • Chasmataspidid (ja)
prop-ja:
  • 節足動物門 (ja)
  • 節足動物門 (ja)
dc:description
  • Dvulikiaspismenneri(中上)、Octoberaspisushakovi(左上)、Hoplitaspishiawathai(右上)、ネジムシChasmataspislaurencii(左下)、およびDiploaspiscasteri(右下)。
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Chasmataspididaは、Chasmataspidid ないし Chasmataspid と総称される、鋏角類に属する化石節足動物の分類群(目)である。外見はウミサソリによく似ているが、後体(腹部)は4節の中体(前腹部)と9節の終体(後腹部)に分かれることによって区別される。 少なくとも古生代のオルドビス紀からデボン紀にかけて生息し、さらに早期のカンブリア紀からも本群由来と思われる生痕化石が発見される。十数種のみによって知られる希少な分類群であり、ウミサソリなどとの類縁関係が議論の的となっている。 (ja)
  • Chasmataspididaは、Chasmataspidid ないし Chasmataspid と総称される、鋏角類に属する化石節足動物の分類群(目)である。外見はウミサソリによく似ているが、後体(腹部)は4節の中体(前腹部)と9節の終体(後腹部)に分かれることによって区別される。 少なくとも古生代のオルドビス紀からデボン紀にかけて生息し、さらに早期のカンブリア紀からも本群由来と思われる生痕化石が発見される。十数種のみによって知られる希少な分類群であり、ウミサソリなどとの類縁関係が議論の的となっている。 (ja)
rdfs:label
  • Chasmataspidida (ja)
  • Chasmataspidida (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Chasmataspid (ja)
  • Chasmataspidid (ja)
  • Chasmataspidida (ja)
  • Chasmataspid (ja)
  • Chasmataspidid (ja)
  • Chasmataspidida (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of