Chainer (チェイナー) は、ニューラルネットワークの計算および学習を行うためのオープンソースのソフトウェアライブラリである。バックプロパゲーションに必要なデータ構造をプログラムの実行時に動的に生成する特徴があり、複雑なニューラルネットワークの構築を必要とするディープラーニング(深層学習)で用いられる。Python 2.x系および3.x系から利用でき、GPUによる演算をサポートしている。株式会社Preferred Networks(PFN)からリリースされている。2019年12月5日、開発元のPFNは今後はChainerから、Facebookが主導して開発しているPyTorchに順次移行すると発表した。

Property Value
dbo:abstract
  • Chainer (チェイナー) は、ニューラルネットワークの計算および学習を行うためのオープンソースのソフトウェアライブラリである。バックプロパゲーションに必要なデータ構造をプログラムの実行時に動的に生成する特徴があり、複雑なニューラルネットワークの構築を必要とするディープラーニング(深層学習)で用いられる。Python 2.x系および3.x系から利用でき、GPUによる演算をサポートしている。株式会社Preferred Networks(PFN)からリリースされている。2019年12月5日、開発元のPFNは今後はChainerから、Facebookが主導して開発しているPyTorchに順次移行すると発表した。 (ja)
  • Chainer (チェイナー) は、ニューラルネットワークの計算および学習を行うためのオープンソースのソフトウェアライブラリである。バックプロパゲーションに必要なデータ構造をプログラムの実行時に動的に生成する特徴があり、複雑なニューラルネットワークの構築を必要とするディープラーニング(深層学習)で用いられる。Python 2.x系および3.x系から利用でき、GPUによる演算をサポートしている。株式会社Preferred Networks(PFN)からリリースされている。2019年12月5日、開発元のPFNは今後はChainerから、Facebookが主導して開発しているPyTorchに順次移行すると発表した。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:creator
dbo:latestReleaseVersion
  • v7.7.0
dbo:license
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3628490 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7116 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81355835 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
  • Preferred Networks (ja)
  • Preferred Networks (ja)
prop-ja:genre
  • 機械学習ライブラリ (ja)
  • 機械学習ライブラリ (ja)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • v7.7.0 (ja)
  • v7.7.0 (ja)
prop-ja:license
prop-ja:platform
prop-ja:programmingLanguage
  • Python (ja)
  • Python (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Chainer (チェイナー) は、ニューラルネットワークの計算および学習を行うためのオープンソースのソフトウェアライブラリである。バックプロパゲーションに必要なデータ構造をプログラムの実行時に動的に生成する特徴があり、複雑なニューラルネットワークの構築を必要とするディープラーニング(深層学習)で用いられる。Python 2.x系および3.x系から利用でき、GPUによる演算をサポートしている。株式会社Preferred Networks(PFN)からリリースされている。2019年12月5日、開発元のPFNは今後はChainerから、Facebookが主導して開発しているPyTorchに順次移行すると発表した。 (ja)
  • Chainer (チェイナー) は、ニューラルネットワークの計算および学習を行うためのオープンソースのソフトウェアライブラリである。バックプロパゲーションに必要なデータ構造をプログラムの実行時に動的に生成する特徴があり、複雑なニューラルネットワークの構築を必要とするディープラーニング(深層学習)で用いられる。Python 2.x系および3.x系から利用でき、GPUによる演算をサポートしている。株式会社Preferred Networks(PFN)からリリースされている。2019年12月5日、開発元のPFNは今後はChainerから、Facebookが主導して開発しているPyTorchに順次移行すると発表した。 (ja)
rdfs:label
  • Chainer (ja)
  • Chainer (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of