「Can We Go Back」(キャン ウィー ゴー バック)は、2010年1月20日発売の日本の歌手・倖田來未の46作目のシングル。発売元はrhythm zone。原曲はアメリカ合衆国の歌手ケリー・クラークソンの楽曲であり、2009年発表のアルバム『All I Ever Wanted』にボーナストラックとして収録されている。同曲のデモを聴いた後に、倖田自身もレコーディングを行った。

Property Value
dbo:abstract
  • 「Can We Go Back」(キャン ウィー ゴー バック)は、2010年1月20日発売の日本の歌手・倖田來未の46作目のシングル。発売元はrhythm zone。原曲はアメリカ合衆国の歌手ケリー・クラークソンの楽曲であり、2009年発表のアルバム『All I Ever Wanted』にボーナストラックとして収録されている。同曲のデモを聴いた後に、倖田自身もレコーディングを行った。 (ja)
  • 「Can We Go Back」(キャン ウィー ゴー バック)は、2010年1月20日発売の日本の歌手・倖田來未の46作目のシングル。発売元はrhythm zone。原曲はアメリカ合衆国の歌手ケリー・クラークソンの楽曲であり、2009年発表のアルバム『All I Ever Wanted』にボーナストラックとして収録されている。同曲のデモを聴いた後に、倖田自身もレコーディングを行った。 (ja)
dbo:album
dbo:artist
dbo:bSide
  • Good☆day
dbo:format
dbo:genre
dbo:position
dbo:previousWork
dbo:recordLabel
dbo:title
  • Can We Go Back (ja)
  • Can We Go Back (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1999081 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2672 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78793563 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:album
prop-ja:artist
prop-ja:bSide
  • Good☆day (ja)
  • Good☆day (ja)
prop-ja:chartPosition
  • *週間2位((オリコン)) * 2010年1月度月間8位((オリコン)) * 登場回数4回((オリコン)) (ja)
  • *週間2位((オリコン)) * 2010年1月度月間8位((オリコン)) * 登場回数4回((オリコン)) (ja)
prop-ja:format
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:lastSingle
prop-ja:length
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Can We Go Back (ja)
  • Can We Go Back (ja)
prop-ja:nextSingle
prop-ja:released
  • --01-20
prop-ja:thisSingle
  • (2010年) (ja)
  • Can We Go Back (ja)
  • (2010年) (ja)
  • Can We Go Back (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
  • 倖田來未 (ja)
  • Adam Watts (ja)
  • Andy Dodd (ja)
  • Shanna Crooks (ja)
  • 倖田來未 (ja)
  • Adam Watts (ja)
  • Andy Dodd (ja)
  • Shanna Crooks (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 「Can We Go Back」(キャン ウィー ゴー バック)は、2010年1月20日発売の日本の歌手・倖田來未の46作目のシングル。発売元はrhythm zone。原曲はアメリカ合衆国の歌手ケリー・クラークソンの楽曲であり、2009年発表のアルバム『All I Ever Wanted』にボーナストラックとして収録されている。同曲のデモを聴いた後に、倖田自身もレコーディングを行った。 (ja)
  • 「Can We Go Back」(キャン ウィー ゴー バック)は、2010年1月20日発売の日本の歌手・倖田來未の46作目のシングル。発売元はrhythm zone。原曲はアメリカ合衆国の歌手ケリー・クラークソンの楽曲であり、2009年発表のアルバム『All I Ever Wanted』にボーナストラックとして収録されている。同曲のデモを聴いた後に、倖田自身もレコーディングを行った。 (ja)
rdfs:label
  • Can We Go Back (ja)
  • Can We Go Back (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:previousWork of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:lastSingle of
is prop-ja:nextSingle of
is foaf:primaryTopic of