CRubyまたはMRI (Matz' Ruby Implementation、Matz Ruby Interpreter) は、まつもとゆきひろによって開発されたRubyのリファレンス実装である。2011年に「JIS X 3017」として標準規格が制定されるまでは、MRIがRubyの言語仕様に準ずるものとして扱われていた。これは言語仕様を明文化しようとした試みである「RubySpec」が失敗した影響もある。Ruby 1.9以降ではYARV (Yet Another Ruby VM) が公式の実装に組み込まれている。

Property Value
dbo:abstract
  • CRubyまたはMRI (Matz' Ruby Implementation、Matz Ruby Interpreter) は、まつもとゆきひろによって開発されたRubyのリファレンス実装である。2011年に「JIS X 3017」として標準規格が制定されるまでは、MRIがRubyの言語仕様に準ずるものとして扱われていた。これは言語仕様を明文化しようとした試みである「RubySpec」が失敗した影響もある。Ruby 1.9以降ではYARV (Yet Another Ruby VM) が公式の実装に組み込まれている。 (ja)
  • CRubyまたはMRI (Matz' Ruby Implementation、Matz Ruby Interpreter) は、まつもとゆきひろによって開発されたRubyのリファレンス実装である。2011年に「JIS X 3017」として標準規格が制定されるまでは、MRIがRubyの言語仕様に準ずるものとして扱われていた。これは言語仕様を明文化しようとした試みである「RubySpec」が失敗した影響もある。Ruby 1.9以降ではYARV (Yet Another Ruby VM) が公式の実装に組み込まれている。 (ja)
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageID
  • 3815566 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2939 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 2950 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78816663 (xsd:integer)
  • 86339999 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:developer
  • Ruby コミュニティ (ja)
  • Ruby コミュニティ (ja)
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:genre
  • Rubyインタプリタ (ja)
  • Rubyインタプリタ及びコンパイル (ja)
  • Rubyインタプリタ (ja)
  • Rubyインタプリタ及びコンパイル (ja)
prop-ja:license
prop-ja:logo
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • CRuby (ja)
  • CRuby (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • CRubyまたはMRI (Matz' Ruby Implementation、Matz Ruby Interpreter) は、まつもとゆきひろによって開発されたRubyのリファレンス実装である。2011年に「JIS X 3017」として標準規格が制定されるまでは、MRIがRubyの言語仕様に準ずるものとして扱われていた。これは言語仕様を明文化しようとした試みである「RubySpec」が失敗した影響もある。Ruby 1.9以降ではYARV (Yet Another Ruby VM) が公式の実装に組み込まれている。 (ja)
  • CRubyまたはMRI (Matz' Ruby Implementation、Matz Ruby Interpreter) は、まつもとゆきひろによって開発されたRubyのリファレンス実装である。2011年に「JIS X 3017」として標準規格が制定されるまでは、MRIがRubyの言語仕様に準ずるものとして扱われていた。これは言語仕様を明文化しようとした試みである「RubySpec」が失敗した影響もある。Ruby 1.9以降ではYARV (Yet Another Ruby VM) が公式の実装に組み込まれている。 (ja)
rdfs:label
  • CRuby (ja)
  • CRuby (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • CRuby (ja)
  • CRuby (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of