CHKDSK(チェックディスク、"check disk"の略語)はMS-DOS、OS/2およびWindowsに付属するシステムユーティリティコマンド。ディスクボリュームのファイルシステム整合性をチェックし、論理ファイルシステムエラーを修復する機能を持つ。UNIXにおけるfsckコマンドに類似する。DOSではメモリの使用状況を出力する機能もあり、MS-DOS 4.0でMEMコマンドが追加されるまで、メモリの使用状況を確認する方法の一つであった。 Windows NT系では、CHKDSKはディスクの表面に不良セクタがあればそれをマークする機能も持っている(MS-DOS 6.xやWindows 9x系では、スキャンディスクがこの機能を持つ)。Windows ServerのCHKDSKは、RAID1またはRAID5構成のディスクで不良セクタが見つかったとき、他のディスクが正常であればそこからデータを完全に修復する機能を持つ。 CHKDSKはDOSプロンプト、Windowsエクスプローラー、Windowsコマンドプロンプトまたは回復コンソールから実行することができる。

Property Value
dbo:abstract
  • CHKDSK(チェックディスク、"check disk"の略語)はMS-DOS、OS/2およびWindowsに付属するシステムユーティリティコマンド。ディスクボリュームのファイルシステム整合性をチェックし、論理ファイルシステムエラーを修復する機能を持つ。UNIXにおけるfsckコマンドに類似する。DOSではメモリの使用状況を出力する機能もあり、MS-DOS 4.0でMEMコマンドが追加されるまで、メモリの使用状況を確認する方法の一つであった。 Windows NT系では、CHKDSKはディスクの表面に不良セクタがあればそれをマークする機能も持っている(MS-DOS 6.xやWindows 9x系では、スキャンディスクがこの機能を持つ)。Windows ServerのCHKDSKは、RAID1またはRAID5構成のディスクで不良セクタが見つかったとき、他のディスクが正常であればそこからデータを完全に修復する機能を持つ。 CHKDSKはDOSプロンプト、Windowsエクスプローラー、Windowsコマンドプロンプトまたは回復コンソールから実行することができる。 (ja)
  • CHKDSK(チェックディスク、"check disk"の略語)はMS-DOS、OS/2およびWindowsに付属するシステムユーティリティコマンド。ディスクボリュームのファイルシステム整合性をチェックし、論理ファイルシステムエラーを修復する機能を持つ。UNIXにおけるfsckコマンドに類似する。DOSではメモリの使用状況を出力する機能もあり、MS-DOS 4.0でMEMコマンドが追加されるまで、メモリの使用状況を確認する方法の一つであった。 Windows NT系では、CHKDSKはディスクの表面に不良セクタがあればそれをマークする機能も持っている(MS-DOS 6.xやWindows 9x系では、スキャンディスクがこの機能を持つ)。Windows ServerのCHKDSKは、RAID1またはRAID5構成のディスクで不良セクタが見つかったとき、他のディスクが正常であればそこからデータを完全に修復する機能を持つ。 CHKDSKはDOSプロンプト、Windowsエクスプローラー、Windowsコマンドプロンプトまたは回復コンソールから実行することができる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 3447007 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8459 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 8464 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81496483 (xsd:integer)
  • 82537143 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • CHKDSK(チェックディスク、"check disk"の略語)はMS-DOS、OS/2およびWindowsに付属するシステムユーティリティコマンド。ディスクボリュームのファイルシステム整合性をチェックし、論理ファイルシステムエラーを修復する機能を持つ。UNIXにおけるfsckコマンドに類似する。DOSではメモリの使用状況を出力する機能もあり、MS-DOS 4.0でMEMコマンドが追加されるまで、メモリの使用状況を確認する方法の一つであった。 Windows NT系では、CHKDSKはディスクの表面に不良セクタがあればそれをマークする機能も持っている(MS-DOS 6.xやWindows 9x系では、スキャンディスクがこの機能を持つ)。Windows ServerのCHKDSKは、RAID1またはRAID5構成のディスクで不良セクタが見つかったとき、他のディスクが正常であればそこからデータを完全に修復する機能を持つ。 CHKDSKはDOSプロンプト、Windowsエクスプローラー、Windowsコマンドプロンプトまたは回復コンソールから実行することができる。 (ja)
  • CHKDSK(チェックディスク、"check disk"の略語)はMS-DOS、OS/2およびWindowsに付属するシステムユーティリティコマンド。ディスクボリュームのファイルシステム整合性をチェックし、論理ファイルシステムエラーを修復する機能を持つ。UNIXにおけるfsckコマンドに類似する。DOSではメモリの使用状況を出力する機能もあり、MS-DOS 4.0でMEMコマンドが追加されるまで、メモリの使用状況を確認する方法の一つであった。 Windows NT系では、CHKDSKはディスクの表面に不良セクタがあればそれをマークする機能も持っている(MS-DOS 6.xやWindows 9x系では、スキャンディスクがこの機能を持つ)。Windows ServerのCHKDSKは、RAID1またはRAID5構成のディスクで不良セクタが見つかったとき、他のディスクが正常であればそこからデータを完全に修復する機能を持つ。 CHKDSKはDOSプロンプト、Windowsエクスプローラー、Windowsコマンドプロンプトまたは回復コンソールから実行することができる。 (ja)
rdfs:label
  • CHKDSK (ja)
  • CHKDSK (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of