Bugzilla(バグジラ)は、Mozilla Foundationが開発、使用してきたウェブベースのバグ管理システム。元々Netscape社が社内で使ってきたシステムであったが、後に公開。極めて初期のバージョンはTclで記述されていたが、オープンソース・プロジェクトになってからのソースコードは、Perlで記述されている。現在では、オープンソース、プロプライエタリ問わず、数百のプロジェクトでバグ管理ツールとして選択されている。 Bugzillaでのバグはソフトウェアに対する問題点、要望、議論などのすべてを表し、機能拡張リクエストにも利用される。 NetscapeがNetscape Webブラウザのソースコードを公開する際にmozilla.orgで使うツールとして、Bonsaiと共に公開されたものが現在のBugzillaの原型である。

Property Value
dbo:abstract
  • Bugzilla(バグジラ)は、Mozilla Foundationが開発、使用してきたウェブベースのバグ管理システム。元々Netscape社が社内で使ってきたシステムであったが、後に公開。極めて初期のバージョンはTclで記述されていたが、オープンソース・プロジェクトになってからのソースコードは、Perlで記述されている。現在では、オープンソース、プロプライエタリ問わず、数百のプロジェクトでバグ管理ツールとして選択されている。 Bugzillaでのバグはソフトウェアに対する問題点、要望、議論などのすべてを表し、機能拡張リクエストにも利用される。 NetscapeがNetscape Webブラウザのソースコードを公開する際にmozilla.orgで使うツールとして、Bonsaiと共に公開されたものが現在のBugzillaの原型である。 (ja)
  • Bugzilla(バグジラ)は、Mozilla Foundationが開発、使用してきたウェブベースのバグ管理システム。元々Netscape社が社内で使ってきたシステムであったが、後に公開。極めて初期のバージョンはTclで記述されていたが、オープンソース・プロジェクトになってからのソースコードは、Perlで記述されている。現在では、オープンソース、プロプライエタリ問わず、数百のプロジェクトでバグ管理ツールとして選択されている。 Bugzillaでのバグはソフトウェアに対する問題点、要望、議論などのすべてを表し、機能拡張リクエストにも利用される。 NetscapeがNetscape Webブラウザのソースコードを公開する際にmozilla.orgで使うツールとして、Bonsaiと共に公開されたものが現在のBugzillaの原型である。 (ja)
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 13856 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2806 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80997982 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サポート状況
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
prop-ja:スクリーンショット
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
prop-ja:ロゴ
prop-ja:名称
  • Bugzilla (ja)
  • Bugzilla (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:種別
prop-ja:説明文
  • KDEのBugzillaスクリーンショット (ja)
  • KDEのBugzillaスクリーンショット (ja)
prop-ja:開発元
dc:description
  • KDEのBugzillaスクリーンショット
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Bugzilla(バグジラ)は、Mozilla Foundationが開発、使用してきたウェブベースのバグ管理システム。元々Netscape社が社内で使ってきたシステムであったが、後に公開。極めて初期のバージョンはTclで記述されていたが、オープンソース・プロジェクトになってからのソースコードは、Perlで記述されている。現在では、オープンソース、プロプライエタリ問わず、数百のプロジェクトでバグ管理ツールとして選択されている。 Bugzillaでのバグはソフトウェアに対する問題点、要望、議論などのすべてを表し、機能拡張リクエストにも利用される。 NetscapeがNetscape Webブラウザのソースコードを公開する際にmozilla.orgで使うツールとして、Bonsaiと共に公開されたものが現在のBugzillaの原型である。 (ja)
  • Bugzilla(バグジラ)は、Mozilla Foundationが開発、使用してきたウェブベースのバグ管理システム。元々Netscape社が社内で使ってきたシステムであったが、後に公開。極めて初期のバージョンはTclで記述されていたが、オープンソース・プロジェクトになってからのソースコードは、Perlで記述されている。現在では、オープンソース、プロプライエタリ問わず、数百のプロジェクトでバグ管理ツールとして選択されている。 Bugzillaでのバグはソフトウェアに対する問題点、要望、議論などのすべてを表し、機能拡張リクエストにも利用される。 NetscapeがNetscape Webブラウザのソースコードを公開する際にmozilla.orgで使うツールとして、Bonsaiと共に公開されたものが現在のBugzillaの原型である。 (ja)
rdfs:label
  • Bugzilla (ja)
  • Bugzilla (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Bugzilla (ja)
  • Bugzilla (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of