BotanはBSDライセンスでリリースされたC++で書かれた暗号ライブラリーである。Botanは幅広く暗号アルゴリズム、フォーマット、プロトコル、例えばSSLとTLSを提供している。BotanはMonotone分散リビジョンコントロールプログラム、システム、などで利用されている。 このプロジェクトは元々OpenCLと呼ばれていたが、これは現在ではアップルとクロノス・グループがヘテロジニアスシステムプログラミングフレームワークが使っている名前である。2002年にBotanと名称変更された。 2007年にドイツのFederal Office for Information SecurityはFlexSecure GmbHと契約し、ePassportのためのCard Verifiable Certificateの実装をBotanに追加した。修正されたBotanはInSiToという名称でリリースされた。 2015年からドイツのFederal Office for Information Securityは、Botanのドキュメンテーションやテストスイート、機能を改善することを含むプロジェクトに資金を提供し、2017年には「増加するセキュリティー要求に対応したアプリケーション」に適したライブラリーとして、評価され推奨された。

Property Value
dbo:abstract
  • BotanはBSDライセンスでリリースされたC++で書かれた暗号ライブラリーである。Botanは幅広く暗号アルゴリズム、フォーマット、プロトコル、例えばSSLとTLSを提供している。BotanはMonotone分散リビジョンコントロールプログラム、システム、などで利用されている。 このプロジェクトは元々OpenCLと呼ばれていたが、これは現在ではアップルとクロノス・グループがヘテロジニアスシステムプログラミングフレームワークが使っている名前である。2002年にBotanと名称変更された。 2007年にドイツのFederal Office for Information SecurityはFlexSecure GmbHと契約し、ePassportのためのCard Verifiable Certificateの実装をBotanに追加した。修正されたBotanはInSiToという名称でリリースされた。 2015年からドイツのFederal Office for Information Securityは、Botanのドキュメンテーションやテストスイート、機能を改善することを含むプロジェクトに資金を提供し、2017年には「増加するセキュリティー要求に対応したアプリケーション」に適したライブラリーとして、評価され推奨された。 (ja)
  • BotanはBSDライセンスでリリースされたC++で書かれた暗号ライブラリーである。Botanは幅広く暗号アルゴリズム、フォーマット、プロトコル、例えばSSLとTLSを提供している。BotanはMonotone分散リビジョンコントロールプログラム、システム、などで利用されている。 このプロジェクトは元々OpenCLと呼ばれていたが、これは現在ではアップルとクロノス・グループがヘテロジニアスシステムプログラミングフレームワークが使っている名前である。2002年にBotanと名称変更された。 2007年にドイツのFederal Office for Information SecurityはFlexSecure GmbHと契約し、ePassportのためのCard Verifiable Certificateの実装をBotanに追加した。修正されたBotanはInSiToという名称でリリースされた。 2015年からドイツのFederal Office for Information Securityは、Botanのドキュメンテーションやテストスイート、機能を改善することを含むプロジェクトに資金を提供し、2017年には「増加するセキュリティー要求に対応したアプリケーション」に適したライブラリーとして、評価され推奨された。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 2.15.0
dbo:license
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageID
  • 3929473 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2708 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81262118 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • Jack Lloyd (ja)
  • Jack Lloyd (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 2.150000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • Botan (ja)
  • Botan (ja)
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • BotanはBSDライセンスでリリースされたC++で書かれた暗号ライブラリーである。Botanは幅広く暗号アルゴリズム、フォーマット、プロトコル、例えばSSLとTLSを提供している。BotanはMonotone分散リビジョンコントロールプログラム、システム、などで利用されている。 このプロジェクトは元々OpenCLと呼ばれていたが、これは現在ではアップルとクロノス・グループがヘテロジニアスシステムプログラミングフレームワークが使っている名前である。2002年にBotanと名称変更された。 2007年にドイツのFederal Office for Information SecurityはFlexSecure GmbHと契約し、ePassportのためのCard Verifiable Certificateの実装をBotanに追加した。修正されたBotanはInSiToという名称でリリースされた。 2015年からドイツのFederal Office for Information Securityは、Botanのドキュメンテーションやテストスイート、機能を改善することを含むプロジェクトに資金を提供し、2017年には「増加するセキュリティー要求に対応したアプリケーション」に適したライブラリーとして、評価され推奨された。 (ja)
  • BotanはBSDライセンスでリリースされたC++で書かれた暗号ライブラリーである。Botanは幅広く暗号アルゴリズム、フォーマット、プロトコル、例えばSSLとTLSを提供している。BotanはMonotone分散リビジョンコントロールプログラム、システム、などで利用されている。 このプロジェクトは元々OpenCLと呼ばれていたが、これは現在ではアップルとクロノス・グループがヘテロジニアスシステムプログラミングフレームワークが使っている名前である。2002年にBotanと名称変更された。 2007年にドイツのFederal Office for Information SecurityはFlexSecure GmbHと契約し、ePassportのためのCard Verifiable Certificateの実装をBotanに追加した。修正されたBotanはInSiToという名称でリリースされた。 2015年からドイツのFederal Office for Information Securityは、Botanのドキュメンテーションやテストスイート、機能を改善することを含むプロジェクトに資金を提供し、2017年には「増加するセキュリティー要求に対応したアプリケーション」に適したライブラリーとして、評価され推奨された。 (ja)
rdfs:label
  • Botan (ja)
  • Botan (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Botan (ja)
  • Botan (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of