BaseX は軽量なネイティブXMLデータベースシステムである。GitHub上のコミュニティプロジェクトとして開発が進められており、大規模なXML文書やコレクションの保管、照会、視覚化に特化している。BaseXはプラットフォームに依存せず動作し、緩やかな規約のフリーソフトウェアライセンスの下で配布されている。 他のドキュメント指向データベースとは対照的に、XMLデータベースはXPathやXQueryなど、World Wide Web Consortium (W3C) が標準化したクエリ言語をサポートしている。BaseXはこれらの仕様に加えて、Update Facility、および、Full Text拡張機能にも対応している。付属のGUIを使うと、対話的な検索処理やデータの分析が可能で、リアルタイムに(式の入力を行う過程においても)XPath/ XQueryの式を評価することができる。

Property Value
dbo:abstract
  • BaseX は軽量なネイティブXMLデータベースシステムである。GitHub上のコミュニティプロジェクトとして開発が進められており、大規模なXML文書やコレクションの保管、照会、視覚化に特化している。BaseXはプラットフォームに依存せず動作し、緩やかな規約のフリーソフトウェアライセンスの下で配布されている。 他のドキュメント指向データベースとは対照的に、XMLデータベースはXPathやXQueryなど、World Wide Web Consortium (W3C) が標準化したクエリ言語をサポートしている。BaseXはこれらの仕様に加えて、Update Facility、および、Full Text拡張機能にも対応している。付属のGUIを使うと、対話的な検索処理やデータの分析が可能で、リアルタイムに(式の入力を行う過程においても)XPath/ XQueryの式を評価することができる。 (ja)
  • BaseX は軽量なネイティブXMLデータベースシステムである。GitHub上のコミュニティプロジェクトとして開発が進められており、大規模なXML文書やコレクションの保管、照会、視覚化に特化している。BaseXはプラットフォームに依存せず動作し、緩やかな規約のフリーソフトウェアライセンスの下で配布されている。 他のドキュメント指向データベースとは対照的に、XMLデータベースはXPathやXQueryなど、World Wide Web Consortium (W3C) が標準化したクエリ言語をサポートしている。BaseXはこれらの仕様に加えて、Update Facility、および、Full Text拡張機能にも対応している。付属のGUIを使うと、対話的な検索処理やデータの分析が可能で、リアルタイムに(式の入力を行う過程においても)XPath/ XQueryの式を評価することができる。 (ja)
dbo:creator
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:latestReleaseVersion
  • 9.6.4
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2477932 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4437 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87060053 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • Christian Grün (ja)
  • Christian Grün (ja)
prop-ja:caption
  • BaseXのGUIでXML文書を様々なやり方で視覚化している様子 (ja)
  • BaseXのGUIでXML文書を様々なやり方で視覚化している様子 (ja)
prop-ja:developer
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:language
  • 英語, ドイツ語, 日本語, フランス語, イタリア語, その他 (ja)
  • 英語, ドイツ語, 日本語, フランス語, イタリア語, その他 (ja)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 9.600000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:logo
prop-ja:name
  • BaseX (ja)
  • BaseX (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:released
  • 2007 (xsd:integer)
prop-ja:screenshot
  • 330 (xsd:integer)
prop-ja:status
  • アクティブ (ja)
  • アクティブ (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • BaseX は軽量なネイティブXMLデータベースシステムである。GitHub上のコミュニティプロジェクトとして開発が進められており、大規模なXML文書やコレクションの保管、照会、視覚化に特化している。BaseXはプラットフォームに依存せず動作し、緩やかな規約のフリーソフトウェアライセンスの下で配布されている。 他のドキュメント指向データベースとは対照的に、XMLデータベースはXPathやXQueryなど、World Wide Web Consortium (W3C) が標準化したクエリ言語をサポートしている。BaseXはこれらの仕様に加えて、Update Facility、および、Full Text拡張機能にも対応している。付属のGUIを使うと、対話的な検索処理やデータの分析が可能で、リアルタイムに(式の入力を行う過程においても)XPath/ XQueryの式を評価することができる。 (ja)
  • BaseX は軽量なネイティブXMLデータベースシステムである。GitHub上のコミュニティプロジェクトとして開発が進められており、大規模なXML文書やコレクションの保管、照会、視覚化に特化している。BaseXはプラットフォームに依存せず動作し、緩やかな規約のフリーソフトウェアライセンスの下で配布されている。 他のドキュメント指向データベースとは対照的に、XMLデータベースはXPathやXQueryなど、World Wide Web Consortium (W3C) が標準化したクエリ言語をサポートしている。BaseXはこれらの仕様に加えて、Update Facility、および、Full Text拡張機能にも対応している。付属のGUIを使うと、対話的な検索処理やデータの分析が可能で、リアルタイムに(式の入力を行う過程においても)XPath/ XQueryの式を評価することができる。 (ja)
rdfs:label
  • BaseX (ja)
  • BaseX (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • BaseX (ja)
  • BaseX (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of