Better Approach To Mobile Adhoc Networking (B.A.T.M.A.N.) とは、ドイツの "Freifunk" コミュニティが開発する・モバイルアドホックネットワーク用ルーティングプロトコルである。リンクステートルーティングプロトコル、 を置き換えることを意図している。 B.A.T.M.A.N. の重要な特徴として、ネットワーク内の最良ルートに関する知識が非集中管理されることである。すなわち、全てのデータを持つノードは一つも存在し ない。この技術によりネットワークに関する情報をネットワーク内の全ノードに拡散する必要がなくなる。個々のノードはデータを受取先と送り先の「方向」を適宜保存する。データはノートからノードへと受け渡され、パケットは個々に、動的にルーティングされる。 集合知ネットワークが構築される。

Property Value
dbo:abstract
  • Better Approach To Mobile Adhoc Networking (B.A.T.M.A.N.) とは、ドイツの "Freifunk" コミュニティが開発する・モバイルアドホックネットワーク用ルーティングプロトコルである。リンクステートルーティングプロトコル、 を置き換えることを意図している。 B.A.T.M.A.N. の重要な特徴として、ネットワーク内の最良ルートに関する知識が非集中管理されることである。すなわち、全てのデータを持つノードは一つも存在し ない。この技術によりネットワークに関する情報をネットワーク内の全ノードに拡散する必要がなくなる。個々のノードはデータを受取先と送り先の「方向」を適宜保存する。データはノートからノードへと受け渡され、パケットは個々に、動的にルーティングされる。 集合知ネットワークが構築される。 2007年初頭、B.A.T.M.A.N. 開発者らはレイヤー3ではなくレイヤー2(イーサネット層)におけるルーティングというアイデアの試験を始めた。レイヤー3ルーティングデーモンとの区別のため、 "adv" (advanced) というサフィックスが採用された。ルーティングテーブルの操作のためには UDP パケットを送信するのではなく、仮想ネットワークインターフェースを作成して透過的に独自のパケットをやりとりする。 batman-adv カーネルモジュールはバージョン 2.6.38 から公式な Linux カーネルの一部となっている。 (ja)
  • Better Approach To Mobile Adhoc Networking (B.A.T.M.A.N.) とは、ドイツの "Freifunk" コミュニティが開発する・モバイルアドホックネットワーク用ルーティングプロトコルである。リンクステートルーティングプロトコル、 を置き換えることを意図している。 B.A.T.M.A.N. の重要な特徴として、ネットワーク内の最良ルートに関する知識が非集中管理されることである。すなわち、全てのデータを持つノードは一つも存在し ない。この技術によりネットワークに関する情報をネットワーク内の全ノードに拡散する必要がなくなる。個々のノードはデータを受取先と送り先の「方向」を適宜保存する。データはノートからノードへと受け渡され、パケットは個々に、動的にルーティングされる。 集合知ネットワークが構築される。 2007年初頭、B.A.T.M.A.N. 開発者らはレイヤー3ではなくレイヤー2(イーサネット層)におけるルーティングというアイデアの試験を始めた。レイヤー3ルーティングデーモンとの区別のため、 "adv" (advanced) というサフィックスが採用された。ルーティングテーブルの操作のためには UDP パケットを送信するのではなく、仮想ネットワークインターフェースを作成して透過的に独自のパケットをやりとりする。 batman-adv カーネルモジュールはバージョン 2.6.38 から公式な Linux カーネルの一部となっている。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 2018.0
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3620834 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6806 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79115956 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サポート状況
  • Active (ja)
  • Active (ja)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
prop-ja:ロゴ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • B.A.T.M.A.N. (ja)
  • B.A.T.M.A.N. (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:最新版
  • 2018 (xsd:integer)
prop-ja:種別
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Better Approach To Mobile Adhoc Networking (B.A.T.M.A.N.) とは、ドイツの "Freifunk" コミュニティが開発する・モバイルアドホックネットワーク用ルーティングプロトコルである。リンクステートルーティングプロトコル、 を置き換えることを意図している。 B.A.T.M.A.N. の重要な特徴として、ネットワーク内の最良ルートに関する知識が非集中管理されることである。すなわち、全てのデータを持つノードは一つも存在し ない。この技術によりネットワークに関する情報をネットワーク内の全ノードに拡散する必要がなくなる。個々のノードはデータを受取先と送り先の「方向」を適宜保存する。データはノートからノードへと受け渡され、パケットは個々に、動的にルーティングされる。 集合知ネットワークが構築される。 (ja)
  • Better Approach To Mobile Adhoc Networking (B.A.T.M.A.N.) とは、ドイツの "Freifunk" コミュニティが開発する・モバイルアドホックネットワーク用ルーティングプロトコルである。リンクステートルーティングプロトコル、 を置き換えることを意図している。 B.A.T.M.A.N. の重要な特徴として、ネットワーク内の最良ルートに関する知識が非集中管理されることである。すなわち、全てのデータを持つノードは一つも存在し ない。この技術によりネットワークに関する情報をネットワーク内の全ノードに拡散する必要がなくなる。個々のノードはデータを受取先と送り先の「方向」を適宜保存する。データはノートからノードへと受け渡され、パケットは個々に、動的にルーティングされる。 集合知ネットワークが構築される。 (ja)
rdfs:label
  • B.A.T.M.A.N. (ja)
  • B.A.T.M.A.N. (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • B.A.T.M.A.N. (ja)
  • B.A.T.M.A.N. (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of