Apple W1は、2016AirPodsおよび一部のBeatsヘッドフォンで使用されているSoC。コンピュータデバイスとのBluetooth クラス1接続を維持し、送信されたオーディオストリームをデコード Appleの「W1」チップを搭載しているヘッドホン、イヤホンは「AirPods」、「Beats Studio3 Wireless」、「Beats Solo3 Wireless」、「BeatsX」、「Beats Flex」、「PowerBetas3 Wireless」の6種類がある。(2021年5月現在) Bluetoothペアリングが簡単になっている事が特徴。

Property Value
dbo:abstract
  • Apple W1は、2016AirPodsおよび一部のBeatsヘッドフォンで使用されているSoC。コンピュータデバイスとのBluetooth クラス1接続を維持し、送信されたオーディオストリームをデコード Appleの「W1」チップを搭載しているヘッドホン、イヤホンは「AirPods」、「Beats Studio3 Wireless」、「Beats Solo3 Wireless」、「BeatsX」、「Beats Flex」、「PowerBetas3 Wireless」の6種類がある。(2021年5月現在) Bluetoothペアリングが簡単になっている事が特徴。 (ja)
  • Apple W1は、2016AirPodsおよび一部のBeatsヘッドフォンで使用されているSoC。コンピュータデバイスとのBluetooth クラス1接続を維持し、送信されたオーディオストリームをデコード Appleの「W1」チップを搭載しているヘッドホン、イヤホンは「AirPods」、「Beats Studio3 Wireless」、「Beats Solo3 Wireless」、「BeatsX」、「Beats Flex」、「PowerBetas3 Wireless」の6種類がある。(2021年5月現在) Bluetoothペアリングが簡単になっている事が特徴。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 4328584 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2160 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86941417 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Apple W1は、2016AirPodsおよび一部のBeatsヘッドフォンで使用されているSoC。コンピュータデバイスとのBluetooth クラス1接続を維持し、送信されたオーディオストリームをデコード Appleの「W1」チップを搭載しているヘッドホン、イヤホンは「AirPods」、「Beats Studio3 Wireless」、「Beats Solo3 Wireless」、「BeatsX」、「Beats Flex」、「PowerBetas3 Wireless」の6種類がある。(2021年5月現在) Bluetoothペアリングが簡単になっている事が特徴。 (ja)
  • Apple W1は、2016AirPodsおよび一部のBeatsヘッドフォンで使用されているSoC。コンピュータデバイスとのBluetooth クラス1接続を維持し、送信されたオーディオストリームをデコード Appleの「W1」チップを搭載しているヘッドホン、イヤホンは「AirPods」、「Beats Studio3 Wireless」、「Beats Solo3 Wireless」、「BeatsX」、「Beats Flex」、「PowerBetas3 Wireless」の6種類がある。(2021年5月現在) Bluetoothペアリングが簡単になっている事が特徴。 (ja)
rdfs:label
  • Apple W1 (ja)
  • Apple W1 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of