Apache OpenOffice(アパッチ・オープンオフィス)は、OpenOffice.orgの後継プロジェクトの一つとしてオープンソースで開発されるオフィススイートである。プロジェクトとしては、IBM Lotus Symphonyの後継プロジェクトでもあり、分派したLibreOffice、NeoOfficeとは親戚関係にあたる。プロジェクトは開発者不足などの原因により、2014年からほぼ停止状態に陥りメジャーリリースができない状態となっている。これにより、同時に分派したLibreOfficeからは機能面で大きく引き離された状態となっている。

Property Value
dbo:abstract
  • Apache OpenOffice(アパッチ・オープンオフィス)は、OpenOffice.orgの後継プロジェクトの一つとしてオープンソースで開発されるオフィススイートである。プロジェクトとしては、IBM Lotus Symphonyの後継プロジェクトでもあり、分派したLibreOffice、NeoOfficeとは親戚関係にあたる。プロジェクトは開発者不足などの原因により、2014年からほぼ停止状態に陥りメジャーリリースができない状態となっている。これにより、同時に分派したLibreOfficeからは機能面で大きく引き離された状態となっている。 (ja)
  • Apache OpenOffice(アパッチ・オープンオフィス)は、OpenOffice.orgの後継プロジェクトの一つとしてオープンソースで開発されるオフィススイートである。プロジェクトとしては、IBM Lotus Symphonyの後継プロジェクトでもあり、分派したLibreOffice、NeoOfficeとは親戚関係にあたる。プロジェクトは開発者不足などの原因により、2014年からほぼ停止状態に陥りメジャーリリースができない状態となっている。これにより、同時に分派したLibreOfficeからは機能面で大きく引き離された状態となっている。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:latestReleaseVersion
  • 4.1.10
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2487370 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 13557 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 16552 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80324256 (xsd:integer)
  • 86139041 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サポート状況
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
prop-ja:スクリーンショット
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ライセンス
prop-ja:ロゴ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:初版
  • 3.400000 (xsd:double)
prop-ja:名称
  • Apache OpenOffice (ja)
  • Apache OpenOffice (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:対応言語
  • 日本語、英語、韓国語、中国語、中国語、アムハラ語、アラビア語、アルメニア語、アストゥリアス語、バスク語、ブルガリア語、カタルーニャ語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、エスペラント語、エストニア語、フィンランド語、フランス語、ガリシア語、スコットランド・ゲール語、ドイツ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、アイスランド語、インドネシア語、イタリア語、カビル語、クメール語、リトアニア語、ノルウェー語、オロモ語、ポーランド語、ポルトガル語、ブラジルポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語、セルビア語、スロベニア語、スロバキア語、スペイン語、スウェーデン語、タミル語、タイ語、トルコ語、ウクライナ語、バレンシア語、バレンシア語、ベトナム語 (ja)
  • 日本語、英語、韓国語、中国語、中国語、アムハラ語、アラビア語、アルメニア語、アストゥリアス語、バスク語、ブルガリア語、カタルーニャ語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、エスペラント語、エストニア語、フィンランド語、フランス語、ガリシア語、スコットランド・ゲール語、ドイツ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ヒンディー語、ハンガリー語、アイスランド語、インドネシア語、イタリア語、カビル語、クメール語、リトアニア語、ノルウェー語、オロモ語、ポーランド語、ポルトガル語、ブラジルポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語、セルビア語、スロベニア語、スロバキア語、スペイン語、スウェーデン語、タミル語、タイ語、トルコ語、ウクライナ語、バレンシア語、バレンシア語、ベトナム語 (ja)
prop-ja:最新版
  • 4.100000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:説明文
  • Apache OpenOffice Writer 4.0.0 (ja)
  • Apache OpenOffice Writer 4.0.0 (ja)
prop-ja:開発元
dc:description
  • Apache OpenOffice Writer 4.0.0
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Apache OpenOffice(アパッチ・オープンオフィス)は、OpenOffice.orgの後継プロジェクトの一つとしてオープンソースで開発されるオフィススイートである。プロジェクトとしては、IBM Lotus Symphonyの後継プロジェクトでもあり、分派したLibreOffice、NeoOfficeとは親戚関係にあたる。プロジェクトは開発者不足などの原因により、2014年からほぼ停止状態に陥りメジャーリリースができない状態となっている。これにより、同時に分派したLibreOfficeからは機能面で大きく引き離された状態となっている。 (ja)
  • Apache OpenOffice(アパッチ・オープンオフィス)は、OpenOffice.orgの後継プロジェクトの一つとしてオープンソースで開発されるオフィススイートである。プロジェクトとしては、IBM Lotus Symphonyの後継プロジェクトでもあり、分派したLibreOffice、NeoOfficeとは親戚関係にあたる。プロジェクトは開発者不足などの原因により、2014年からほぼ停止状態に陥りメジャーリリースができない状態となっている。これにより、同時に分派したLibreOfficeからは機能面で大きく引き離された状態となっている。 (ja)
rdfs:label
  • Apache OpenOffice (ja)
  • Apache OpenOffice (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (ja)
  • Apache OpenOffice (ja)
  • (ja)
  • Apache OpenOffice (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:後継 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of