Apache James(アパッチ・ジェームズ)は、Apacheプロジェクト内の電子メールアプリケーションサーバを開発するサブプロジェクトである。Jamesというプロジェクト名は、Java Apache Mail Enterprise Server の頭文字をとったものである。 Webアプリケーションサーバとして有名な、同プロジェクトのApache Tomcatの電子メール版である。 Apache Jamesは、BSDライセンスをベースとしたApache Licenseであり、商用利用も多くされている。 Apache Jamesは、Apache Avalonアプリケーションフレームワークを元に開発されていたので、Apache Avalonが解散したときは、どうしたらよいか混乱した。 そして、Apache James 2.*系以前は、Apache Avalonアプリケーションフレームワークを使用していたが、Apache James3.0系から、OSGiを元にして、Spring Frameworkアプリケーションフレームワークを使用している。

Property Value
dbo:abstract
  • Apache James(アパッチ・ジェームズ)は、Apacheプロジェクト内の電子メールアプリケーションサーバを開発するサブプロジェクトである。Jamesというプロジェクト名は、Java Apache Mail Enterprise Server の頭文字をとったものである。 Webアプリケーションサーバとして有名な、同プロジェクトのApache Tomcatの電子メール版である。 Apache Jamesは、BSDライセンスをベースとしたApache Licenseであり、商用利用も多くされている。 Apache Jamesは、Apache Avalonアプリケーションフレームワークを元に開発されていたので、Apache Avalonが解散したときは、どうしたらよいか混乱した。 そして、Apache James 2.*系以前は、Apache Avalonアプリケーションフレームワークを使用していたが、Apache James3.0系から、OSGiを元にして、Spring Frameworkアプリケーションフレームワークを使用している。 (ja)
  • Apache James(アパッチ・ジェームズ)は、Apacheプロジェクト内の電子メールアプリケーションサーバを開発するサブプロジェクトである。Jamesというプロジェクト名は、Java Apache Mail Enterprise Server の頭文字をとったものである。 Webアプリケーションサーバとして有名な、同プロジェクトのApache Tomcatの電子メール版である。 Apache Jamesは、BSDライセンスをベースとしたApache Licenseであり、商用利用も多くされている。 Apache Jamesは、Apache Avalonアプリケーションフレームワークを元に開発されていたので、Apache Avalonが解散したときは、どうしたらよいか混乱した。 そして、Apache James 2.*系以前は、Apache Avalonアプリケーションフレームワークを使用していたが、Apache James3.0系から、OSGiを元にして、Spring Frameworkアプリケーションフレームワークを使用している。 (ja)
dbo:computingPlatform
dbo:latestReleaseVersion
  • 3.2.0
dbo:license
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 290894 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2749 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 72482950 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • Apache James (ja)
  • Apache James (ja)
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:最新版
  • 3.200000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:開発元
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Apache James(アパッチ・ジェームズ)は、Apacheプロジェクト内の電子メールアプリケーションサーバを開発するサブプロジェクトである。Jamesというプロジェクト名は、Java Apache Mail Enterprise Server の頭文字をとったものである。 Webアプリケーションサーバとして有名な、同プロジェクトのApache Tomcatの電子メール版である。 Apache Jamesは、BSDライセンスをベースとしたApache Licenseであり、商用利用も多くされている。 Apache Jamesは、Apache Avalonアプリケーションフレームワークを元に開発されていたので、Apache Avalonが解散したときは、どうしたらよいか混乱した。 そして、Apache James 2.*系以前は、Apache Avalonアプリケーションフレームワークを使用していたが、Apache James3.0系から、OSGiを元にして、Spring Frameworkアプリケーションフレームワークを使用している。 (ja)
  • Apache James(アパッチ・ジェームズ)は、Apacheプロジェクト内の電子メールアプリケーションサーバを開発するサブプロジェクトである。Jamesというプロジェクト名は、Java Apache Mail Enterprise Server の頭文字をとったものである。 Webアプリケーションサーバとして有名な、同プロジェクトのApache Tomcatの電子メール版である。 Apache Jamesは、BSDライセンスをベースとしたApache Licenseであり、商用利用も多くされている。 Apache Jamesは、Apache Avalonアプリケーションフレームワークを元に開発されていたので、Apache Avalonが解散したときは、どうしたらよいか混乱した。 そして、Apache James 2.*系以前は、Apache Avalonアプリケーションフレームワークを使用していたが、Apache James3.0系から、OSGiを元にして、Spring Frameworkアプリケーションフレームワークを使用している。 (ja)
rdfs:label
  • Apache James (ja)
  • Apache James (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Apache James (ja)
  • Apache James (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of