軽量形式手法の一つ。仕様をモデルとして記述し検証するシステム。定義したデータの関係がどうなるか、模擬試験した結果を順に表示する仕組みがある。設計者が想定していない関係が現れたら、仕様記述の不具合の可能性がある。UML記述システムとAlloy Analyzeとの連携ソフトウェアがあり、UMLの記述ができる技術者が容易に利用できるようになっている。

Property Value
dbo:abstract
  • 軽量形式手法の一つ。仕様をモデルとして記述し検証するシステム。定義したデータの関係がどうなるか、模擬試験した結果を順に表示する仕組みがある。設計者が想定していない関係が現れたら、仕様記述の不具合の可能性がある。UML記述システムとAlloy Analyzeとの連携ソフトウェアがあり、UMLの記述ができる技術者が容易に利用できるようになっている。 (ja)
  • 軽量形式手法の一つ。仕様をモデルとして記述し検証するシステム。定義したデータの関係がどうなるか、模擬試験した結果を順に表示する仕組みがある。設計者が想定していない関係が現れたら、仕様記述の不具合の可能性がある。UML記述システムとAlloy Analyzeとの連携ソフトウェアがあり、UMLの記述ができる技術者が容易に利用できるようになっている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3293950 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1031 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 1054 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 66497189 (xsd:integer)
  • 85218825 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 軽量形式手法の一つ。仕様をモデルとして記述し検証するシステム。定義したデータの関係がどうなるか、模擬試験した結果を順に表示する仕組みがある。設計者が想定していない関係が現れたら、仕様記述の不具合の可能性がある。UML記述システムとAlloy Analyzeとの連携ソフトウェアがあり、UMLの記述ができる技術者が容易に利用できるようになっている。 (ja)
  • 軽量形式手法の一つ。仕様をモデルとして記述し検証するシステム。定義したデータの関係がどうなるか、模擬試験した結果を順に表示する仕組みがある。設計者が想定していない関係が現れたら、仕様記述の不具合の可能性がある。UML記述システムとAlloy Analyzeとの連携ソフトウェアがあり、UMLの記述ができる技術者が容易に利用できるようになっている。 (ja)
rdfs:label
  • Alloy Analyzer (ja)
  • Alloy Analyzer (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of