Alembicは、アニメーションやVFXに用いられるコンピュータ・グラフィックスのための相互 ファイル形式。SIGGRAPH 2011年にて発表され、広く採用されている。 主な目的は、同じショットまたは同じアセットを用いて、異なるグループ間での、ジオメトリ(モデル)のやり取りを行うことである。これはしばしば同じ会社の異なる部門や異なるスタジオで同じプロジェクトを進めるからである。Alembicは業界で用いられるポリゴンメッシュ、サブディビジョンサーフェス、パラメトリックカーブ、NURBUSパス、パーティクルを含む一般的な幾何学表現をサポートしている。また、トランスフォームヒエラルキーとカメラもサポートしている。 最新バージョンでは、まずマテリアルとライトをサポートする予定。 Alembicはプロシージャルツールの複雑な依存関係の保持に全く関心を示していないが、代わりに"ベイクした"結果を保存する。 Alembicはオープンソースライブラリとして主にソニー・ピクチャーズ・イメージワークスとルーカスフィルムが開発した。

Property Value
dbo:abstract
  • Alembicは、アニメーションやVFXに用いられるコンピュータ・グラフィックスのための相互 ファイル形式。SIGGRAPH 2011年にて発表され、広く採用されている。 主な目的は、同じショットまたは同じアセットを用いて、異なるグループ間での、ジオメトリ(モデル)のやり取りを行うことである。これはしばしば同じ会社の異なる部門や異なるスタジオで同じプロジェクトを進めるからである。Alembicは業界で用いられるポリゴンメッシュ、サブディビジョンサーフェス、パラメトリックカーブ、NURBUSパス、パーティクルを含む一般的な幾何学表現をサポートしている。また、トランスフォームヒエラルキーとカメラもサポートしている。 最新バージョンでは、まずマテリアルとライトをサポートする予定。 Alembicはプロシージャルツールの複雑な依存関係の保持に全く関心を示していないが、代わりに"ベイクした"結果を保存する。 Alembicはオープンソースライブラリとして主にソニー・ピクチャーズ・イメージワークスとルーカスフィルムが開発した。 (ja)
  • Alembicは、アニメーションやVFXに用いられるコンピュータ・グラフィックスのための相互 ファイル形式。SIGGRAPH 2011年にて発表され、広く採用されている。 主な目的は、同じショットまたは同じアセットを用いて、異なるグループ間での、ジオメトリ(モデル)のやり取りを行うことである。これはしばしば同じ会社の異なる部門や異なるスタジオで同じプロジェクトを進めるからである。Alembicは業界で用いられるポリゴンメッシュ、サブディビジョンサーフェス、パラメトリックカーブ、NURBUSパス、パーティクルを含む一般的な幾何学表現をサポートしている。また、トランスフォームヒエラルキーとカメラもサポートしている。 最新バージョンでは、まずマテリアルとライトをサポートする予定。 Alembicはプロシージャルツールの複雑な依存関係の保持に全く関心を示していないが、代わりに"ベイクした"結果を保存する。 Alembicはオープンソースライブラリとして主にソニー・ピクチャーズ・イメージワークスとルーカスフィルムが開発した。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3889428 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8049 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 71798934 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:extension
  • .abc (ja)
  • .abc (ja)
prop-ja:free
  • Yes (ja)
  • Yes (ja)
prop-ja:genre
  • コンピュータ・グラフィックスにおける相互ファイル形式 (ja)
  • コンピュータ・グラフィックスにおける相互ファイル形式 (ja)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 1.700000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • Alembic (ja)
  • Alembic (ja)
prop-ja:owner
prop-ja:released
  • 2011-08-09 (xsd:date)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Alembicは、アニメーションやVFXに用いられるコンピュータ・グラフィックスのための相互 ファイル形式。SIGGRAPH 2011年にて発表され、広く採用されている。 主な目的は、同じショットまたは同じアセットを用いて、異なるグループ間での、ジオメトリ(モデル)のやり取りを行うことである。これはしばしば同じ会社の異なる部門や異なるスタジオで同じプロジェクトを進めるからである。Alembicは業界で用いられるポリゴンメッシュ、サブディビジョンサーフェス、パラメトリックカーブ、NURBUSパス、パーティクルを含む一般的な幾何学表現をサポートしている。また、トランスフォームヒエラルキーとカメラもサポートしている。 最新バージョンでは、まずマテリアルとライトをサポートする予定。 Alembicはプロシージャルツールの複雑な依存関係の保持に全く関心を示していないが、代わりに"ベイクした"結果を保存する。 Alembicはオープンソースライブラリとして主にソニー・ピクチャーズ・イメージワークスとルーカスフィルムが開発した。 (ja)
  • Alembicは、アニメーションやVFXに用いられるコンピュータ・グラフィックスのための相互 ファイル形式。SIGGRAPH 2011年にて発表され、広く採用されている。 主な目的は、同じショットまたは同じアセットを用いて、異なるグループ間での、ジオメトリ(モデル)のやり取りを行うことである。これはしばしば同じ会社の異なる部門や異なるスタジオで同じプロジェクトを進めるからである。Alembicは業界で用いられるポリゴンメッシュ、サブディビジョンサーフェス、パラメトリックカーブ、NURBUSパス、パーティクルを含む一般的な幾何学表現をサポートしている。また、トランスフォームヒエラルキーとカメラもサポートしている。 最新バージョンでは、まずマテリアルとライトをサポートする予定。 Alembicはプロシージャルツールの複雑な依存関係の保持に全く関心を示していないが、代わりに"ベイクした"結果を保存する。 Alembicはオープンソースライブラリとして主にソニー・ピクチャーズ・イメージワークスとルーカスフィルムが開発した。 (ja)
rdfs:label
  • Alembic (ja)
  • Alembic (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of