agrep (approximate grep)は文字列のを行うプログラムである。コンピュータ科学者のUdi ManberとSun Wuにより開発された。最初の実装はUnix向けに開発され、後にOS/2やDOS、Windowsに移植された。 agrepは与えられたクエリに応じて、組み込まれた高速な文字列探索アルゴリズムから最適なアルゴリズムを選択する。特に、開発者のManberとWuが提案した、あいまい検索に適したBitapアルゴリズム(レーベンシュタイン距離に基づいて検索対象から一定の距離内にあるパターンを、ビット並列的な手法により大きなコスト増なく発見できる)を実装していることが特徴である。 agrepはGLIMPSEというインデクサの検索エンジンにも用いられている。agrepの権利はアリゾナ大学に帰属するが、ISCライセンスで利用できる。

Property Value
dbo:abstract
  • agrep (approximate grep)は文字列のを行うプログラムである。コンピュータ科学者のUdi ManberとSun Wuにより開発された。最初の実装はUnix向けに開発され、後にOS/2やDOS、Windowsに移植された。 agrepは与えられたクエリに応じて、組み込まれた高速な文字列探索アルゴリズムから最適なアルゴリズムを選択する。特に、開発者のManberとWuが提案した、あいまい検索に適したBitapアルゴリズム(レーベンシュタイン距離に基づいて検索対象から一定の距離内にあるパターンを、ビット並列的な手法により大きなコスト増なく発見できる)を実装していることが特徴である。 agrepはGLIMPSEというインデクサの検索エンジンにも用いられている。agrepの権利はアリゾナ大学に帰属するが、ISCライセンスで利用できる。 (ja)
  • agrep (approximate grep)は文字列のを行うプログラムである。コンピュータ科学者のUdi ManberとSun Wuにより開発された。最初の実装はUnix向けに開発され、後にOS/2やDOS、Windowsに移植された。 agrepは与えられたクエリに応じて、組み込まれた高速な文字列探索アルゴリズムから最適なアルゴリズムを選択する。特に、開発者のManberとWuが提案した、あいまい検索に適したBitapアルゴリズム(レーベンシュタイン距離に基づいて検索対象から一定の距離内にあるパターンを、ビット並列的な手法により大きなコスト増なく発見できる)を実装していることが特徴である。 agrepはGLIMPSEというインデクサの検索エンジンにも用いられている。agrepの権利はアリゾナ大学に帰属するが、ISCライセンスで利用できる。 (ja)
dbo:latestReleaseVersion
  • 3.411
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2799079 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3243 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 75139740 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
  • (ja)
  • Sun Wu (ja)
  • (ja)
  • Sun Wu (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 3.411000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • agrep (ja)
  • agrep (ja)
prop-ja:operatingSystem
  • DOS (ja)
  • OS/2 (ja)
  • (ja)
  • Unix-like (ja)
  • Windows (ja)
  • DOS (ja)
  • OS/2 (ja)
  • (ja)
  • Unix-like (ja)
  • Windows (ja)
prop-ja:programmingLanguage
  • C (ja)
  • C (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • agrep (approximate grep)は文字列のを行うプログラムである。コンピュータ科学者のUdi ManberとSun Wuにより開発された。最初の実装はUnix向けに開発され、後にOS/2やDOS、Windowsに移植された。 agrepは与えられたクエリに応じて、組み込まれた高速な文字列探索アルゴリズムから最適なアルゴリズムを選択する。特に、開発者のManberとWuが提案した、あいまい検索に適したBitapアルゴリズム(レーベンシュタイン距離に基づいて検索対象から一定の距離内にあるパターンを、ビット並列的な手法により大きなコスト増なく発見できる)を実装していることが特徴である。 agrepはGLIMPSEというインデクサの検索エンジンにも用いられている。agrepの権利はアリゾナ大学に帰属するが、ISCライセンスで利用できる。 (ja)
  • agrep (approximate grep)は文字列のを行うプログラムである。コンピュータ科学者のUdi ManberとSun Wuにより開発された。最初の実装はUnix向けに開発され、後にOS/2やDOS、Windowsに移植された。 agrepは与えられたクエリに応じて、組み込まれた高速な文字列探索アルゴリズムから最適なアルゴリズムを選択する。特に、開発者のManberとWuが提案した、あいまい検索に適したBitapアルゴリズム(レーベンシュタイン距離に基づいて検索対象から一定の距離内にあるパターンを、ビット並列的な手法により大きなコスト増なく発見できる)を実装していることが特徴である。 agrepはGLIMPSEというインデクサの検索エンジンにも用いられている。agrepの権利はアリゾナ大学に帰属するが、ISCライセンスで利用できる。 (ja)
rdfs:label
  • Agrep (ja)
  • Agrep (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • agrep (ja)
  • agrep (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of