Adobe Persuasion (以前のAldus Persuasion )は、かつてAldus CorporationによってMacintosh用に開発されていたプレゼンテーションソフトウェアである。 1994年にアルダスがアドビに買収された後、 Microsoft Windowsバージョンがリリースされたが、アドビは1997年9月に製品を終了した。 当時のMicrosoft PowerPointと異なるPersuasionの重要な機能は、スライドのテキストコンテンツを表すためにアウトラインを使用することだった。これは、スライドにすぐに反映される(逆も同様)。 後にPowerPointも同等の機能を提供した。

Property Value
dbo:abstract
  • Adobe Persuasion (以前のAldus Persuasion )は、かつてAldus CorporationによってMacintosh用に開発されていたプレゼンテーションソフトウェアである。 1994年にアルダスがアドビに買収された後、 Microsoft Windowsバージョンがリリースされたが、アドビは1997年9月に製品を終了した。 当時のMicrosoft PowerPointと異なるPersuasionの重要な機能は、スライドのテキストコンテンツを表すためにアウトラインを使用することだった。これは、スライドにすぐに反映される(逆も同様)。 後にPowerPointも同等の機能を提供した。 (ja)
  • Adobe Persuasion (以前のAldus Persuasion )は、かつてAldus CorporationによってMacintosh用に開発されていたプレゼンテーションソフトウェアである。 1994年にアルダスがアドビに買収された後、 Microsoft Windowsバージョンがリリースされたが、アドビは1997年9月に製品を終了した。 当時のMicrosoft PowerPointと異なるPersuasionの重要な機能は、スライドのテキストコンテンツを表すためにアウトラインを使用することだった。これは、スライドにすぐに反映される(逆も同様)。 後にPowerPointも同等の機能を提供した。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 4473667 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2661 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86349539 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • Adobe Persuasion (以前のAldus Persuasion )は、かつてAldus CorporationによってMacintosh用に開発されていたプレゼンテーションソフトウェアである。 1994年にアルダスがアドビに買収された後、 Microsoft Windowsバージョンがリリースされたが、アドビは1997年9月に製品を終了した。 当時のMicrosoft PowerPointと異なるPersuasionの重要な機能は、スライドのテキストコンテンツを表すためにアウトラインを使用することだった。これは、スライドにすぐに反映される(逆も同様)。 後にPowerPointも同等の機能を提供した。 (ja)
  • Adobe Persuasion (以前のAldus Persuasion )は、かつてAldus CorporationによってMacintosh用に開発されていたプレゼンテーションソフトウェアである。 1994年にアルダスがアドビに買収された後、 Microsoft Windowsバージョンがリリースされたが、アドビは1997年9月に製品を終了した。 当時のMicrosoft PowerPointと異なるPersuasionの重要な機能は、スライドのテキストコンテンツを表すためにアウトラインを使用することだった。これは、スライドにすぐに反映される(逆も同様)。 後にPowerPointも同等の機能を提供した。 (ja)
rdfs:label
  • Adobe Persuasion (ja)
  • Adobe Persuasion (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of