AN/AYK-14は、コントロール・データ・コーポレーション(CDC)がアメリカ海軍向けに開発したコンピュータ。艦載機のアビオニクスにおける組み込みシステムとして広く用いられているほか、Mk.50短魚雷でも採用された。

Property Value
dbo:abstract
  • AN/AYK-14は、コントロール・データ・コーポレーション(CDC)がアメリカ海軍向けに開発したコンピュータ。艦載機のアビオニクスにおける組み込みシステムとして広く用いられているほか、Mk.50短魚雷でも採用された。 (ja)
  • AN/AYK-14は、コントロール・データ・コーポレーション(CDC)がアメリカ海軍向けに開発したコンピュータ。艦載機のアビオニクスにおける組み込みシステムとして広く用いられているほか、Mk.50短魚雷でも採用された。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4524010 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3340 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87656341 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • AN/AYK-14は、コントロール・データ・コーポレーション(CDC)がアメリカ海軍向けに開発したコンピュータ。艦載機のアビオニクスにおける組み込みシステムとして広く用いられているほか、Mk.50短魚雷でも採用された。 (ja)
  • AN/AYK-14は、コントロール・データ・コーポレーション(CDC)がアメリカ海軍向けに開発したコンピュータ。艦載機のアビオニクスにおける組み込みシステムとして広く用いられているほか、Mk.50短魚雷でも採用された。 (ja)
rdfs:label
  • AN/AYK-14 (ja)
  • AN/AYK-14 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of