書籍『A Course in Miracles』(1976年出版。邦訳:奇跡のコース、奇跡講座)の略称で、この書籍による独習過程も指す。単にコースとも呼ばれる。アメリカ人心理学者ヘレン・シャックマンが、イエス・キリストと思われる内なる声を聞いて書いたとされる、英語のスピリチュアリティ文書である。世界は幻影であり自らの外には何も存在せず、己が神と一体であるという、古代インドのアドヴァイタ・ヴェーダーンタ的な思想が説かれている。この作品の最大の前提は、人生で達成できる最大の「奇跡」は「愛の存在を知ること」である、という教えである。神と一体となることで、愛を知るとされる。ニューエイジで広く読まれ、バイブル的存在だった。 奇跡の学習コース、奇跡の道などとも訳される。

Property Value
dbo:abstract
  • 書籍『A Course in Miracles』(1976年出版。邦訳:奇跡のコース、奇跡講座)の略称で、この書籍による独習過程も指す。単にコースとも呼ばれる。アメリカ人心理学者ヘレン・シャックマンが、イエス・キリストと思われる内なる声を聞いて書いたとされる、英語のスピリチュアリティ文書である。世界は幻影であり自らの外には何も存在せず、己が神と一体であるという、古代インドのアドヴァイタ・ヴェーダーンタ的な思想が説かれている。この作品の最大の前提は、人生で達成できる最大の「奇跡」は「愛の存在を知ること」である、という教えである。神と一体となることで、愛を知るとされる。ニューエイジで広く読まれ、バイブル的存在だった。 奇跡の学習コース、奇跡の道などとも訳される。 (ja)
  • 書籍『A Course in Miracles』(1976年出版。邦訳:奇跡のコース、奇跡講座)の略称で、この書籍による独習過程も指す。単にコースとも呼ばれる。アメリカ人心理学者ヘレン・シャックマンが、イエス・キリストと思われる内なる声を聞いて書いたとされる、英語のスピリチュアリティ文書である。世界は幻影であり自らの外には何も存在せず、己が神と一体であるという、古代インドのアドヴァイタ・ヴェーダーンタ的な思想が説かれている。この作品の最大の前提は、人生で達成できる最大の「奇跡」は「愛の存在を知ること」である、という教えである。神と一体となることで、愛を知るとされる。ニューエイジで広く読まれ、バイブル的存在だった。 奇跡の学習コース、奇跡の道などとも訳される。 (ja)
dbo:numberOfPages
  • 1333 (xsd:positiveInteger)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1839818 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11712 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 91710806 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • ヘレン・シャックマン、ウィリアム・セットフォード (ja)
  • ヘレン・シャックマン、ウィリアム・セットフォード (ja)
prop-ja:genre
  • ・ニューエイジ・キリスト教神秘主義 (ja)
  • ・ニューエイジ・キリスト教神秘主義 (ja)
prop-ja:id
  • ハードカヴァー: (ja)
  • ペーパーバック: (ja)
  • ハードカヴァー: (ja)
  • ペーパーバック: (ja)
prop-ja:language
prop-ja:origTitle
  • A Course in Miracles (ja)
  • A Course in Miracles (ja)
prop-ja:pages
  • 1333 (xsd:integer)
prop-ja:published
  • 1976 (xsd:integer)
prop-ja:publisher
  • 内なる平安のための財団 (ja)
  • 内なる平安のための財団 (ja)
prop-ja:title
  • 奇跡講座 (ja)
  • 奇跡講座 (ja)
prop-ja:type
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 書籍『A Course in Miracles』(1976年出版。邦訳:奇跡のコース、奇跡講座)の略称で、この書籍による独習過程も指す。単にコースとも呼ばれる。アメリカ人心理学者ヘレン・シャックマンが、イエス・キリストと思われる内なる声を聞いて書いたとされる、英語のスピリチュアリティ文書である。世界は幻影であり自らの外には何も存在せず、己が神と一体であるという、古代インドのアドヴァイタ・ヴェーダーンタ的な思想が説かれている。この作品の最大の前提は、人生で達成できる最大の「奇跡」は「愛の存在を知ること」である、という教えである。神と一体となることで、愛を知るとされる。ニューエイジで広く読まれ、バイブル的存在だった。 奇跡の学習コース、奇跡の道などとも訳される。 (ja)
  • 書籍『A Course in Miracles』(1976年出版。邦訳:奇跡のコース、奇跡講座)の略称で、この書籍による独習過程も指す。単にコースとも呼ばれる。アメリカ人心理学者ヘレン・シャックマンが、イエス・キリストと思われる内なる声を聞いて書いたとされる、英語のスピリチュアリティ文書である。世界は幻影であり自らの外には何も存在せず、己が神と一体であるという、古代インドのアドヴァイタ・ヴェーダーンタ的な思想が説かれている。この作品の最大の前提は、人生で達成できる最大の「奇跡」は「愛の存在を知ること」である、という教えである。神と一体となることで、愛を知るとされる。ニューエイジで広く読まれ、バイブル的存在だった。 奇跡の学習コース、奇跡の道などとも訳される。 (ja)
rdfs:label
  • ACIM (ja)
  • ACIM (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • A Course in Miracles (ja)
  • 奇跡講座 (ja)
  • A Course in Miracles (ja)
  • 奇跡講座 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of