2021 TP21とは、地球から0.5天文単位 (75×106 km)離れた位置で2021年10月11日に発見されたアポフィスと同程度のサイズの小惑星である。この潜在的に危険な小惑星(PHA)は、遠日点に近い位置では軌道を周回する速度が遅くなるため、公転周期の内ほとんどを太陽から4天文単位(約6億キロメートル)に近い位置で費やしている。2021 TP21は、2021年10月31日~2021年11月4日までのトリノスケール1で、2081年3月27日の潜在的な影響について評価された。観測弧が長くなるにつれて、地球からの距離の公称値が潜在的な影響の日よりも遠くなった。

Property Value
dbo:abstract
  • 2021 TP21とは、地球から0.5天文単位 (75×106 km)離れた位置で2021年10月11日に発見されたアポフィスと同程度のサイズの小惑星である。この潜在的に危険な小惑星(PHA)は、遠日点に近い位置では軌道を周回する速度が遅くなるため、公転周期の内ほとんどを太陽から4天文単位(約6億キロメートル)に近い位置で費やしている。2021 TP21は、2021年10月31日~2021年11月4日までのトリノスケール1で、2081年3月27日の潜在的な影響について評価された。観測弧が長くなるにつれて、地球からの距離の公称値が潜在的な影響の日よりも遠くなった。 (ja)
  • 2021 TP21とは、地球から0.5天文単位 (75×106 km)離れた位置で2021年10月11日に発見されたアポフィスと同程度のサイズの小惑星である。この潜在的に危険な小惑星(PHA)は、遠日点に近い位置では軌道を周回する速度が遅くなるため、公転周期の内ほとんどを太陽から4天文単位(約6億キロメートル)に近い位置で費やしている。2021 TP21は、2021年10月31日~2021年11月4日までのトリノスケール1で、2081年3月27日の潜在的な影響について評価された。観測弧が長くなるにつれて、地球からの距離の公称値が潜在的な影響の日よりも遠くなった。 (ja)
dbo:colour
dbo:wikiPageID
  • 4486034 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4671 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86726983 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:元期
  • --07-01
prop-ja:公転周期
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:分類
prop-ja:
  • 360 (xsd:integer)
prop-ja:平均近点角
  • 318.400000 (xsd:double)
prop-ja:昇交点黄経
  • 8.089000 (xsd:double)
prop-ja:最小交差距離
  • 地球: (ja)
  • 木星: (ja)
  • 地球: (ja)
  • 木星: (ja)
prop-ja:発見日
  • --10-11
prop-ja:発見者
prop-ja:直径
  • 18000.0
  • -32400.0
prop-ja:絶対等級
  • 20.200000 (xsd:double)
prop-ja:
  • 小惑星 (ja)
  • 小惑星 (ja)
prop-ja:軌道の種類
prop-ja:軌道傾斜角
  • 25.404000 (xsd:double)
prop-ja:軌道長半径
  • 2.520800 (xsd:double)
prop-ja:近日点引数
  • 116.300000 (xsd:double)
prop-ja:近日点距離
  • 0.814250 (xsd:double)
prop-ja:遠日点距離
  • 4.227400 (xsd:double)
prop-ja:離心率
  • 0.676990 (xsd:double)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 2021 TP21とは、地球から0.5天文単位 (75×106 km)離れた位置で2021年10月11日に発見されたアポフィスと同程度のサイズの小惑星である。この潜在的に危険な小惑星(PHA)は、遠日点に近い位置では軌道を周回する速度が遅くなるため、公転周期の内ほとんどを太陽から4天文単位(約6億キロメートル)に近い位置で費やしている。2021 TP21は、2021年10月31日~2021年11月4日までのトリノスケール1で、2081年3月27日の潜在的な影響について評価された。観測弧が長くなるにつれて、地球からの距離の公称値が潜在的な影響の日よりも遠くなった。 (ja)
  • 2021 TP21とは、地球から0.5天文単位 (75×106 km)離れた位置で2021年10月11日に発見されたアポフィスと同程度のサイズの小惑星である。この潜在的に危険な小惑星(PHA)は、遠日点に近い位置では軌道を周回する速度が遅くなるため、公転周期の内ほとんどを太陽から4天文単位(約6億キロメートル)に近い位置で費やしている。2021 TP21は、2021年10月31日~2021年11月4日までのトリノスケール1で、2081年3月27日の潜在的な影響について評価された。観測弧が長くなるにつれて、地球からの距離の公称値が潜在的な影響の日よりも遠くなった。 (ja)
rdfs:label
  • 2021 TP21 (ja)
  • 2021 TP21 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of