2012 VP113とは太陽系外縁天体である。これまで発見された太陽系外縁天体の中では、セドナを含め、最も近日点が遠い。2014年3月26日に発見が公表された。絶対等級は4.0で、準惑星の候補の1つである。この天体の大きさはセドナの半分でフヤと同じくらいの大きさである。2012 VP113が既に知られている他の太陽系外縁天体と似た軌道を持つことから、発見者のスコット・S・シェパードとチャドウィック・トルヒージョは、太陽系にプラネット・ナインが存在し、外縁部の天体に共通する特徴を持つ軌道をとらせている可能性を示唆するに至った。 2012 VP113は、放射線の影響で表面の氷、メタン、二酸化炭素の化学組成が変化した結果、ピンク色の色合いであると考えられている。この表面の色は、赤外色の天体が大多数を占めるエッジワース・カイパーベルトの領域ではなく、(木星や土星などの)ガス惑星の領域の構成と一致している。

Property Value
dbo:abstract
  • 2012 VP113とは太陽系外縁天体である。これまで発見された太陽系外縁天体の中では、セドナを含め、最も近日点が遠い。2014年3月26日に発見が公表された。絶対等級は4.0で、準惑星の候補の1つである。この天体の大きさはセドナの半分でフヤと同じくらいの大きさである。2012 VP113が既に知られている他の太陽系外縁天体と似た軌道を持つことから、発見者のスコット・S・シェパードとチャドウィック・トルヒージョは、太陽系にプラネット・ナインが存在し、外縁部の天体に共通する特徴を持つ軌道をとらせている可能性を示唆するに至った。 2012 VP113は、放射線の影響で表面の氷、メタン、二酸化炭素の化学組成が変化した結果、ピンク色の色合いであると考えられている。この表面の色は、赤外色の天体が大多数を占めるエッジワース・カイパーベルトの領域ではなく、(木星や土星などの)ガス惑星の領域の構成と一致している。 (ja)
  • 2012 VP113とは太陽系外縁天体である。これまで発見された太陽系外縁天体の中では、セドナを含め、最も近日点が遠い。2014年3月26日に発見が公表された。絶対等級は4.0で、準惑星の候補の1つである。この天体の大きさはセドナの半分でフヤと同じくらいの大きさである。2012 VP113が既に知られている他の太陽系外縁天体と似た軌道を持つことから、発見者のスコット・S・シェパードとチャドウィック・トルヒージョは、太陽系にプラネット・ナインが存在し、外縁部の天体に共通する特徴を持つ軌道をとらせている可能性を示唆するに至った。 2012 VP113は、放射線の影響で表面の氷、メタン、二酸化炭素の化学組成が変化した結果、ピンク色の色合いであると考えられている。この表面の色は、赤外色の天体が大多数を占めるエッジワース・カイパーベルトの領域ではなく、(木星や土星などの)ガス惑星の領域の構成と一致している。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3636979 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 10065 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 10074 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79468886 (xsd:integer)
  • 82389875 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルベド
  • 0.100000 (xsd:double)
  • 0.150000 (xsd:double)
prop-ja:公転周期
  • 4175.540000 (xsd:double)
prop-ja:分類
prop-ja:別名称
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:平均近点角
  • 3.211500 (xsd:double)
prop-ja:昇交点黄経
  • 90.818000 (xsd:double)
prop-ja:発見日
  • --11-05
prop-ja:発見者
prop-ja:直径
  • 300 (xsd:integer)
  • 450.0
  • 600.0
prop-ja:絶対等級
  • 4 (xsd:integer)
  • 4.300000 (xsd:double)
prop-ja:
  • 小惑星 (ja)
  • 小惑星 (ja)
prop-ja:軌道傾斜角
  • 24.047000 (xsd:double)
prop-ja:軌道長半径
  • 265.800000 (xsd:double)
prop-ja:近日点引数
  • 293.720000 (xsd:double)
prop-ja:近日点距離
  • 80.486000 (xsd:double)
prop-ja:遠日点距離
  • 438.110000 (xsd:double)
prop-ja:離心率
  • 0.689600 (xsd:double)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 2012 VP113とは太陽系外縁天体である。これまで発見された太陽系外縁天体の中では、セドナを含め、最も近日点が遠い。2014年3月26日に発見が公表された。絶対等級は4.0で、準惑星の候補の1つである。この天体の大きさはセドナの半分でフヤと同じくらいの大きさである。2012 VP113が既に知られている他の太陽系外縁天体と似た軌道を持つことから、発見者のスコット・S・シェパードとチャドウィック・トルヒージョは、太陽系にプラネット・ナインが存在し、外縁部の天体に共通する特徴を持つ軌道をとらせている可能性を示唆するに至った。 2012 VP113は、放射線の影響で表面の氷、メタン、二酸化炭素の化学組成が変化した結果、ピンク色の色合いであると考えられている。この表面の色は、赤外色の天体が大多数を占めるエッジワース・カイパーベルトの領域ではなく、(木星や土星などの)ガス惑星の領域の構成と一致している。 (ja)
  • 2012 VP113とは太陽系外縁天体である。これまで発見された太陽系外縁天体の中では、セドナを含め、最も近日点が遠い。2014年3月26日に発見が公表された。絶対等級は4.0で、準惑星の候補の1つである。この天体の大きさはセドナの半分でフヤと同じくらいの大きさである。2012 VP113が既に知られている他の太陽系外縁天体と似た軌道を持つことから、発見者のスコット・S・シェパードとチャドウィック・トルヒージョは、太陽系にプラネット・ナインが存在し、外縁部の天体に共通する特徴を持つ軌道をとらせている可能性を示唆するに至った。 2012 VP113は、放射線の影響で表面の氷、メタン、二酸化炭素の化学組成が変化した結果、ピンク色の色合いであると考えられている。この表面の色は、赤外色の天体が大多数を占めるエッジワース・カイパーベルトの領域ではなく、(木星や土星などの)ガス惑星の領域の構成と一致している。 (ja)
rdfs:label
  • 2012 VP113 (ja)
  • 2012 VP113 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of