1998 KY26は、地球に接近した小惑星。1998年6月2日にスペースウォッチプロジェクトによって発見され、地球までの距離80万キロメートル(50万マイル)となった6月8日まで観測された(これは月-地球間の距離のほぼ2倍である)。ほぼ球形で、直径は約30メートル(98フィート)である。流星物質に分類されそうな小ささであるが、最も一般的な流星物質の定義である直径10メートル(以下)を適用すれば、流星物質というよりも小惑星と言える。 10.7分に1回転という、当時知られていた太陽系内の天体で最短の自転周期を持った、ラブルパイルでは存在しえない(ことが判る)最初に発見された天体である。 1998 KY26は、太陽系内でも特に到達しやすい小惑星の一つで、その軌道は地球-火星間の輸送に最適なコースにきわめて近い。また、水が豊富にあるという事実があり、さらなる研究、および将来における火星への水の潜在的な供給源として、魅力的な対象である。

Property Value
dbo:abstract
  • 1998 KY26は、地球に接近した小惑星。1998年6月2日にスペースウォッチプロジェクトによって発見され、地球までの距離80万キロメートル(50万マイル)となった6月8日まで観測された(これは月-地球間の距離のほぼ2倍である)。ほぼ球形で、直径は約30メートル(98フィート)である。流星物質に分類されそうな小ささであるが、最も一般的な流星物質の定義である直径10メートル(以下)を適用すれば、流星物質というよりも小惑星と言える。 10.7分に1回転という、当時知られていた太陽系内の天体で最短の自転周期を持った、ラブルパイルでは存在しえない(ことが判る)最初に発見された天体である。 1998 KY26は、太陽系内でも特に到達しやすい小惑星の一つで、その軌道は地球-火星間の輸送に最適なコースにきわめて近い。また、水が豊富にあるという事実があり、さらなる研究、および将来における火星への水の潜在的な供給源として、魅力的な対象である。 (ja)
  • 1998 KY26は、地球に接近した小惑星。1998年6月2日にスペースウォッチプロジェクトによって発見され、地球までの距離80万キロメートル(50万マイル)となった6月8日まで観測された(これは月-地球間の距離のほぼ2倍である)。ほぼ球形で、直径は約30メートル(98フィート)である。流星物質に分類されそうな小ささであるが、最も一般的な流星物質の定義である直径10メートル(以下)を適用すれば、流星物質というよりも小惑星と言える。 10.7分に1回転という、当時知られていた太陽系内の天体で最短の自転周期を持った、ラブルパイルでは存在しえない(ことが判る)最初に発見された天体である。 1998 KY26は、太陽系内でも特に到達しやすい小惑星の一つで、その軌道は地球-火星間の輸送に最適なコースにきわめて近い。また、水が豊富にあるという事実があり、さらなる研究、および将来における火星への水の潜在的な供給源として、魅力的な対象である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1951117 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8607 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80790741 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アルベド
  • 0.124000 (xsd:double)
prop-ja:スペクトル分類
  • X (ja)
  • X (ja)
prop-ja:元期
  • --05-31
prop-ja:公転周期
  • 500.042000 (xsd:double)
prop-ja:分類
  • 地球近傍小惑星 (ja)
  • 地球近傍小惑星 (ja)
prop-ja:前回近日点通過
  • --05-31
  • BJD 2,459,001.189 (ja)
prop-ja:
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:平均近点角
  • 359.504000 (xsd:double)
prop-ja:昇交点黄経
  • 84.366000 (xsd:double)
prop-ja:次回近日点通過
  • --10-13
  • BJD 2,459,501.232 (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像ファイル
  • Asteroid 1998 KY26.faces model.jpg (ja)
  • Asteroid 1998 KY26.faces model.jpg (ja)
prop-ja:画像説明
  • レーダー観測を基に作成された1998 KY26のCGモデル (ja)
  • レーダー観測を基に作成された1998 KY26のCGモデル (ja)
prop-ja:発見日
  • --05-28
prop-ja:発見者
prop-ja:直径
  • 30 m (ja)
  • 30 m (ja)
prop-ja:絶対等級
  • 25.500000 (xsd:double)
prop-ja:自転周期
  • 10.701500 (xsd:double)
prop-ja:
  • 小惑星 (ja)
  • 小惑星 (ja)
prop-ja:色指数Br
  • 0.083000 (xsd:double)
prop-ja:色指数Ri
  • 0.088000 (xsd:double)
prop-ja:色指数Vr
  • 0.058000 (xsd:double)
prop-ja:軌道の種類
  • アポロ群 (ja)
  • アポロ群 (ja)
prop-ja:軌道傾斜角
  • 1.481000 (xsd:double)
prop-ja:軌道長半径
  • 1.233000 (xsd:double)
prop-ja:近日点引数
  • 209.378000 (xsd:double)
prop-ja:近日点距離
  • 0.984000 (xsd:double)
prop-ja:遠日点距離
  • 1.482000 (xsd:double)
prop-ja:離心率
  • 0.202000 (xsd:double)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 1998 KY26は、地球に接近した小惑星。1998年6月2日にスペースウォッチプロジェクトによって発見され、地球までの距離80万キロメートル(50万マイル)となった6月8日まで観測された(これは月-地球間の距離のほぼ2倍である)。ほぼ球形で、直径は約30メートル(98フィート)である。流星物質に分類されそうな小ささであるが、最も一般的な流星物質の定義である直径10メートル(以下)を適用すれば、流星物質というよりも小惑星と言える。 10.7分に1回転という、当時知られていた太陽系内の天体で最短の自転周期を持った、ラブルパイルでは存在しえない(ことが判る)最初に発見された天体である。 1998 KY26は、太陽系内でも特に到達しやすい小惑星の一つで、その軌道は地球-火星間の輸送に最適なコースにきわめて近い。また、水が豊富にあるという事実があり、さらなる研究、および将来における火星への水の潜在的な供給源として、魅力的な対象である。 (ja)
  • 1998 KY26は、地球に接近した小惑星。1998年6月2日にスペースウォッチプロジェクトによって発見され、地球までの距離80万キロメートル(50万マイル)となった6月8日まで観測された(これは月-地球間の距離のほぼ2倍である)。ほぼ球形で、直径は約30メートル(98フィート)である。流星物質に分類されそうな小ささであるが、最も一般的な流星物質の定義である直径10メートル(以下)を適用すれば、流星物質というよりも小惑星と言える。 10.7分に1回転という、当時知られていた太陽系内の天体で最短の自転周期を持った、ラブルパイルでは存在しえない(ことが判る)最初に発見された天体である。 1998 KY26は、太陽系内でも特に到達しやすい小惑星の一つで、その軌道は地球-火星間の輸送に最適なコースにきわめて近い。また、水が豊富にあるという事実があり、さらなる研究、および将来における火星への水の潜在的な供給源として、魅力的な対象である。 (ja)
rdfs:label
  • 1998 KY26 (ja)
  • 1998 KY26 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of