『1980アイコ十六歳』(1980あいこじゅうろくさい)は、堀田あけみの小説。名古屋を舞台に、弓道部に所属する高校生三田アイコの学園生活を描いた物語。堀田は愛知県立中村高校在学中の1981年、本作により当時史上最年少の17歳で文藝賞を受賞した。単行本は同年12月に河出書房新社より出版されている。 好きなおしゃべりをしているときの気持ちが描写されているなど、高校生の年代の女性の気持ちを描写した小説として、同世代の共感と、他世代の評価を得た。『アイコ十六歳』のタイトルでテレビドラマ・映画も作られ、テレビドラマは続編も制作されている。『1980アイコ16歳』のタイトルで漫画版が飯塚修子の作画で発表されている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『1980アイコ十六歳』(1980あいこじゅうろくさい)は、堀田あけみの小説。名古屋を舞台に、弓道部に所属する高校生三田アイコの学園生活を描いた物語。堀田は愛知県立中村高校在学中の1981年、本作により当時史上最年少の17歳で文藝賞を受賞した。単行本は同年12月に河出書房新社より出版されている。 好きなおしゃべりをしているときの気持ちが描写されているなど、高校生の年代の女性の気持ちを描写した小説として、同世代の共感と、他世代の評価を得た。『アイコ十六歳』のタイトルでテレビドラマ・映画も作られ、テレビドラマは続編も制作されている。『1980アイコ16歳』のタイトルで漫画版が飯塚修子の作画で発表されている。 (ja)
  • 『1980アイコ十六歳』(1980あいこじゅうろくさい)は、堀田あけみの小説。名古屋を舞台に、弓道部に所属する高校生三田アイコの学園生活を描いた物語。堀田は愛知県立中村高校在学中の1981年、本作により当時史上最年少の17歳で文藝賞を受賞した。単行本は同年12月に河出書房新社より出版されている。 好きなおしゃべりをしているときの気持ちが描写されているなど、高校生の年代の女性の気持ちを描写した小説として、同世代の共感と、他世代の評価を得た。『アイコ十六歳』のタイトルでテレビドラマ・映画も作られ、テレビドラマは続編も制作されている。『1980アイコ16歳』のタイトルで漫画版が飯塚修子の作画で発表されている。 (ja)
dbo:cinematography
dbo:country
dbo:director
dbo:distributor
dbo:editing
dbo:language
dbo:musicComposer
dbo:producer
dbo:releaseDate
  • 2017-02-01 (xsd:date)
  • 2019-01-01 (xsd:date)
dbo:starring
dbo:wikiPageID
  • 302976 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8502 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80885221 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:_
  • 1982 (xsd:integer)
  • 1983 (xsd:integer)
  • 1984 (xsd:integer)
  • スポーツドラマ (ja)
  • スポーツ映画 (ja)
  • マーガレット (ja)
  • 今関あきよしの監督映画 (ja)
  • 名古屋市を舞台とした映画作品 (ja)
  • 弓道漫画 (ja)
  • 恋愛漫画 (ja)
  • 日本の青春映画 (ja)
  • 日立テレビシティ (ja)
  • 漫画作品 い (ja)
  • 高等学校を舞台としたテレビドラマ (ja)
  • 高等学校を舞台とした映画作品 (ja)
  • 高等学校を舞台とした漫画作品 (ja)
prop-ja:header
  • この記事は以下のカテゴリからも参照できます (ja)
  • この記事は以下のカテゴリからも参照できます (ja)
prop-ja:redirect
  • 1980 (xsd:integer)
  • アイコ十六歳 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:上映時間
  • 98 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • アイコ十六歳 (ja)
  • アイコ十六歳 (ja)
prop-ja:作者
prop-ja:公開
  • --11-19
  • --12-17
prop-ja:出演者
prop-ja:刊行
  • --02-01
prop-ja:初出
  • --02-01
prop-ja:受賞
  • 第18回文藝賞 (ja)
  • 第18回文藝賞 (ja)
prop-ja:
prop-ja:撮影
prop-ja:発表形態
  • 雑誌掲載 (ja)
  • 雑誌掲載 (ja)
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
prop-ja:製作
prop-ja:製作総指揮
prop-ja:言語
prop-ja:配給
prop-ja:音楽
prop-ja:題名
  • 『1980 アイコ 十六歳』 (ja)
  • 『1980 アイコ 十六歳』 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『1980アイコ十六歳』(1980あいこじゅうろくさい)は、堀田あけみの小説。名古屋を舞台に、弓道部に所属する高校生三田アイコの学園生活を描いた物語。堀田は愛知県立中村高校在学中の1981年、本作により当時史上最年少の17歳で文藝賞を受賞した。単行本は同年12月に河出書房新社より出版されている。 好きなおしゃべりをしているときの気持ちが描写されているなど、高校生の年代の女性の気持ちを描写した小説として、同世代の共感と、他世代の評価を得た。『アイコ十六歳』のタイトルでテレビドラマ・映画も作られ、テレビドラマは続編も制作されている。『1980アイコ16歳』のタイトルで漫画版が飯塚修子の作画で発表されている。 (ja)
  • 『1980アイコ十六歳』(1980あいこじゅうろくさい)は、堀田あけみの小説。名古屋を舞台に、弓道部に所属する高校生三田アイコの学園生活を描いた物語。堀田は愛知県立中村高校在学中の1981年、本作により当時史上最年少の17歳で文藝賞を受賞した。単行本は同年12月に河出書房新社より出版されている。 好きなおしゃべりをしているときの気持ちが描写されているなど、高校生の年代の女性の気持ちを描写した小説として、同世代の共感と、他世代の評価を得た。『アイコ十六歳』のタイトルでテレビドラマ・映画も作られ、テレビドラマは続編も制作されている。『1980アイコ16歳』のタイトルで漫画版が飯塚修子の作画で発表されている。 (ja)
rdfs:label
  • 1980アイコ十六歳 (ja)
  • 1980アイコ十六歳 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アイコ十六歳 (ja)
  • アイコ十六歳 (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主な作品 of
is foaf:primaryTopic of