1960年アルゼンチングランプリ (I Gran Premio de la Republica Argentina) は、1960年2月7日に開催された1960年のF1世界選手権の開幕戦。アルゼンチンのオスカル・ガルベス・サーキットで開催された。アルゼンチングランプリはこの後1972年まで開催されなかった。 レースはブルース・マクラーレンが2年連続優勝を果たし、前年最終戦からの連勝となった。スターリング・モスはサスペンショントラブルに見舞われ、3位となった。彼はモーリス・トランティニアンのクーパーを引き継いだが、車両共有のためポイントは獲得できなかった。このルールは1958年以来実施されていた。 ベネズエラ人ドライバーのは彼にとって唯一のF1参戦を果たした。チメリはこの二週間後にハバナでフェラーリ・250TRを運転中に事故死している。彼はベネズエラ人として初のF1ドライバーで、同国人としてはジョニー・チェコットが1983年にF1参戦を果たした。、、も唯一のF1参戦を果たした。フェラーリのF1初勝利を達成したフロイラン・ゴンザレス、ベテランアメリカ人ドライバーのにとっては最後のレースとなった。シェルはこの後ノンタイトル戦のシルバーストンのプラクティスで事故死している。

Property Value
dbo:GrandPrix/course
  • 3.912
dbo:GrandPrix/distance
  • 312.96
dbo:abstract
  • 1960年アルゼンチングランプリ (I Gran Premio de la Republica Argentina) は、1960年2月7日に開催された1960年のF1世界選手権の開幕戦。アルゼンチンのオスカル・ガルベス・サーキットで開催された。アルゼンチングランプリはこの後1972年まで開催されなかった。 レースはブルース・マクラーレンが2年連続優勝を果たし、前年最終戦からの連勝となった。スターリング・モスはサスペンショントラブルに見舞われ、3位となった。彼はモーリス・トランティニアンのクーパーを引き継いだが、車両共有のためポイントは獲得できなかった。このルールは1958年以来実施されていた。 ベネズエラ人ドライバーのは彼にとって唯一のF1参戦を果たした。チメリはこの二週間後にハバナでフェラーリ・250TRを運転中に事故死している。彼はベネズエラ人として初のF1ドライバーで、同国人としてはジョニー・チェコットが1983年にF1参戦を果たした。、、も唯一のF1参戦を果たした。フェラーリのF1初勝利を達成したフロイラン・ゴンザレス、ベテランアメリカ人ドライバーのにとっては最後のレースとなった。シェルはこの後ノンタイトル戦のシルバーストンのプラクティスで事故死している。 3名の地元ドライバーがプラクティスに参加した。第1セッションでスクーデリア・セントロ・スッドの#10マセラティをがドライブした。同車はともドライブしたが、決勝ではエスティファーノが使用した。第2セッションではがエットーレ・チメリの#44マセラティをドライブした。また、はリザーブドライバーとしてエスティファーノ車を予選セッションで共有した。 (ja)
  • 1960年アルゼンチングランプリ (I Gran Premio de la Republica Argentina) は、1960年2月7日に開催された1960年のF1世界選手権の開幕戦。アルゼンチンのオスカル・ガルベス・サーキットで開催された。アルゼンチングランプリはこの後1972年まで開催されなかった。 レースはブルース・マクラーレンが2年連続優勝を果たし、前年最終戦からの連勝となった。スターリング・モスはサスペンショントラブルに見舞われ、3位となった。彼はモーリス・トランティニアンのクーパーを引き継いだが、車両共有のためポイントは獲得できなかった。このルールは1958年以来実施されていた。 ベネズエラ人ドライバーのは彼にとって唯一のF1参戦を果たした。チメリはこの二週間後にハバナでフェラーリ・250TRを運転中に事故死している。彼はベネズエラ人として初のF1ドライバーで、同国人としてはジョニー・チェコットが1983年にF1参戦を果たした。、、も唯一のF1参戦を果たした。フェラーリのF1初勝利を達成したフロイラン・ゴンザレス、ベテランアメリカ人ドライバーのにとっては最後のレースとなった。シェルはこの後ノンタイトル戦のシルバーストンのプラクティスで事故死している。 3名の地元ドライバーがプラクティスに参加した。第1セッションでスクーデリア・セントロ・スッドの#10マセラティをがドライブした。同車はともドライブしたが、決勝ではエスティファーノが使用した。第2セッションではがエットーレ・チメリの#44マセラティをドライブした。また、はリザーブドライバーとしてエスティファーノ車を予選セッションで共有した。 (ja)
dbo:country
dbo:course
  • 3912.000000 (xsd:double)
dbo:distance
  • 312960.000000 (xsd:double)
dbo:distanceLaps
  • 313 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:fastestDriver
dbo:firstDriver
dbo:firstDriverCountry
dbo:location
dbo:poleDriver
dbo:secondDriver
dbo:thirdDriver
dbo:thirdDriverCountry
dbo:wikiPageID
  • 3296065 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14266 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79629346 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:2位ドライバー
prop-ja:3位ドライバー
prop-ja:course
  • Permanent racing facility (ja)
  • Permanent racing facility (ja)
prop-ja:courseMi
  • 2.431000 (xsd:double)
prop-ja:distanceLaps
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:distanceMi
  • 194.464000 (xsd:double)
prop-ja:fastLap
  • 37 (xsd:integer)
prop-ja:fastTeam
prop-ja:firstTeam
prop-ja:flタイム
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:flドライバー
prop-ja:poleTeam
prop-ja:ppタイム
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ppドライバー
prop-ja:seasonNo
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:secondTeam
prop-ja:thirdTeam
prop-ja:type
  • F1 (ja)
  • F1 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:グランプリ名
  • アルゼンチン (ja)
  • アルゼンチン (ja)
prop-ja:コースレイアウト
  • Autódromo Oscar y Juan Gálvez Circuito N° 2 .svg (ja)
  • Autódromo Oscar y Juan Gálvez Circuito N° 2 .svg (ja)
prop-ja:コース長
  • 3.912
prop-ja:シーズン
  • 1960 (xsd:integer)
prop-ja:レース距離
  • 312.96
prop-ja:優勝ドライバー
prop-ja:前回
  • 1958 (xsd:integer)
prop-ja:日本以外
  • # (ja)
  • # (ja)
prop-ja:日程
  • 第1戦 (ja)
  • 第1戦 (ja)
prop-ja:次回
  • 1971 (xsd:integer)
prop-ja:次戦
  • モナコ (ja)
  • モナコ (ja)
prop-ja:決勝日天候
  • Dry (ja)
  • Dry (ja)
prop-ja:決勝開催日
  • --02-07
prop-ja:開催サーキット
prop-ja:開催サーキット所在地
prop-ja:開催年
  • 1960 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 1960年アルゼンチングランプリ (I Gran Premio de la Republica Argentina) は、1960年2月7日に開催された1960年のF1世界選手権の開幕戦。アルゼンチンのオスカル・ガルベス・サーキットで開催された。アルゼンチングランプリはこの後1972年まで開催されなかった。 レースはブルース・マクラーレンが2年連続優勝を果たし、前年最終戦からの連勝となった。スターリング・モスはサスペンショントラブルに見舞われ、3位となった。彼はモーリス・トランティニアンのクーパーを引き継いだが、車両共有のためポイントは獲得できなかった。このルールは1958年以来実施されていた。 ベネズエラ人ドライバーのは彼にとって唯一のF1参戦を果たした。チメリはこの二週間後にハバナでフェラーリ・250TRを運転中に事故死している。彼はベネズエラ人として初のF1ドライバーで、同国人としてはジョニー・チェコットが1983年にF1参戦を果たした。、、も唯一のF1参戦を果たした。フェラーリのF1初勝利を達成したフロイラン・ゴンザレス、ベテランアメリカ人ドライバーのにとっては最後のレースとなった。シェルはこの後ノンタイトル戦のシルバーストンのプラクティスで事故死している。 (ja)
  • 1960年アルゼンチングランプリ (I Gran Premio de la Republica Argentina) は、1960年2月7日に開催された1960年のF1世界選手権の開幕戦。アルゼンチンのオスカル・ガルベス・サーキットで開催された。アルゼンチングランプリはこの後1972年まで開催されなかった。 レースはブルース・マクラーレンが2年連続優勝を果たし、前年最終戦からの連勝となった。スターリング・モスはサスペンショントラブルに見舞われ、3位となった。彼はモーリス・トランティニアンのクーパーを引き継いだが、車両共有のためポイントは獲得できなかった。このルールは1958年以来実施されていた。 ベネズエラ人ドライバーのは彼にとって唯一のF1参戦を果たした。チメリはこの二週間後にハバナでフェラーリ・250TRを運転中に事故死している。彼はベネズエラ人として初のF1ドライバーで、同国人としてはジョニー・チェコットが1983年にF1参戦を果たした。、、も唯一のF1参戦を果たした。フェラーリのF1初勝利を達成したフロイラン・ゴンザレス、ベテランアメリカ人ドライバーのにとっては最後のレースとなった。シェルはこの後ノンタイトル戦のシルバーストンのプラクティスで事故死している。 (ja)
rdfs:label
  • 1960年アルゼンチングランプリ (ja)
  • 1960年アルゼンチングランプリ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • アルゼンチン (ja)
  • オスカル・ガルベス・サーキット (ja)
  • アルゼンチン (ja)
  • オスカル・ガルベス・サーキット (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of