.inはインドの国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。インド国立インターネット交換局(NIXI)の下、政府に指定されたINRegistryが管理を行っている。 2005年の時点で.inドメインの方針はかなり自由化されており、.inに続くセカンドレベルドメインの登録は無制限。以下のような、自由化以前に作られた分類も利用可能。 * .in(インドに存在する企業・個人・組織の誰もが利用可能) * .co.in(銀行・企業・商標用) * .firm.in(小売店・組合・事務局・個人事業主用) * .net.in(ISP用) * .org.in(NPO用) * .gen.in(その他) * .ind.in(個人用) 公的な組織のために6つの分類が用意されている。 * .ac.in(学術施設) * .edu.in(教育施設) * .res.in(調査施設) * .ernet.in(教育調査施設) * .gov.in(政府) * .mil.in(軍) .inドメインの自由化以前の1992年から2004年の間はわずか7千の登録しかなかったが、2006年の終わりには、150カ国以上のユーザーから登録され、20万以上まで登録者を伸ばした。インド・ドイツ・アメリカの登録者は、全登録者のおよそ80パーセントに及ぶ。

Property Value
dbo:abstract
  • .inはインドの国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。インド国立インターネット交換局(NIXI)の下、政府に指定されたINRegistryが管理を行っている。 2005年の時点で.inドメインの方針はかなり自由化されており、.inに続くセカンドレベルドメインの登録は無制限。以下のような、自由化以前に作られた分類も利用可能。 * .in(インドに存在する企業・個人・組織の誰もが利用可能) * .co.in(銀行・企業・商標用) * .firm.in(小売店・組合・事務局・個人事業主用) * .net.in(ISP用) * .org.in(NPO用) * .gen.in(その他) * .ind.in(個人用) 公的な組織のために6つの分類が用意されている。 * .ac.in(学術施設) * .edu.in(教育施設) * .res.in(調査施設) * .ernet.in(教育調査施設) * .gov.in(政府) * .mil.in(軍) .inドメインの自由化以前の1992年から2004年の間はわずか7千の登録しかなかったが、2006年の終わりには、150カ国以上のユーザーから登録され、20万以上まで登録者を伸ばした。インド・ドイツ・アメリカの登録者は、全登録者のおよそ80パーセントに及ぶ。 .nic.inドメインはインドの国立情報センター(National Informatics Centre)のために予約されたものであったが、実際にはインドの政府組織のほとんどがnic.inドメインを取得するに至った。 (ja)
  • .inはインドの国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。インド国立インターネット交換局(NIXI)の下、政府に指定されたINRegistryが管理を行っている。 2005年の時点で.inドメインの方針はかなり自由化されており、.inに続くセカンドレベルドメインの登録は無制限。以下のような、自由化以前に作られた分類も利用可能。 * .in(インドに存在する企業・個人・組織の誰もが利用可能) * .co.in(銀行・企業・商標用) * .firm.in(小売店・組合・事務局・個人事業主用) * .net.in(ISP用) * .org.in(NPO用) * .gen.in(その他) * .ind.in(個人用) 公的な組織のために6つの分類が用意されている。 * .ac.in(学術施設) * .edu.in(教育施設) * .res.in(調査施設) * .ernet.in(教育調査施設) * .gov.in(政府) * .mil.in(軍) .inドメインの自由化以前の1992年から2004年の間はわずか7千の登録しかなかったが、2006年の終わりには、150カ国以上のユーザーから登録され、20万以上まで登録者を伸ばした。インド・ドイツ・アメリカの登録者は、全登録者のおよそ80パーセントに及ぶ。 .nic.inドメインはインドの国立情報センター(National Informatics Centre)のために予約されたものであったが、実際にはインドの政府組織のほとんどがnic.inドメインを取得するに至った。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1536201 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 3974 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 90864723 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-en:actualuse
  • .comなどのgTLDに比べるとそれほど人気はなかったが、2005年に登録の自由化が行われると登録数は飛躍的に増加した。 (ja)
  • .comなどのgTLDに比べるとそれほど人気はなかったが、2005年に登録の自由化が行われると登録数は飛躍的に増加した。 (ja)
prop-en:background
  • #CCF (ja)
  • #CCF (ja)
prop-en:disputepolicy
prop-en:document
  • www.inregistry.in (ja)
  • www.inregistry.in (ja)
prop-en:intendeduse
  • インドに関係する実体 (ja)
  • インドに関係する実体 (ja)
prop-en:introduced
  • 1989 (xsd:integer)
  • 2014 (xsd:integer)
  • 2015 (xsd:integer)
prop-en:name
  • .in (ja)
  • .in (ja)
prop-en:registry
prop-en:restrictions
  • 特殊なサブドメインを除けば、セカンドレベルドメイン・ほとんどのサードレベルドメインには制限がない。 (ja)
  • 特殊なサブドメインを除けば、セカンドレベルドメイン・ほとんどのサードレベルドメインには制限がない。タミル語の音韻体系の規則に従っている必要がある。 (ja)
  • 特殊なサブドメインを除けば、セカンドレベルドメイン・ほとんどのサードレベルドメインには制限がない。 (ja)
  • 特殊なサブドメインを除けば、セカンドレベルドメイン・ほとんどのサードレベルドメインには制限がない。タミル語の音韻体系の規則に従っている必要がある。 (ja)
prop-en:sponsor
  • インド国立インターネット交換局 (ja)
  • インド国立インターネット交換局 (ja)
prop-en:status
  • 利用可 (ja)
  • 利用可 (ja)
prop-en:type
prop-en:website
prop-en:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • .inはインドの国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。インド国立インターネット交換局(NIXI)の下、政府に指定されたINRegistryが管理を行っている。 2005年の時点で.inドメインの方針はかなり自由化されており、.inに続くセカンドレベルドメインの登録は無制限。以下のような、自由化以前に作られた分類も利用可能。 * .in(インドに存在する企業・個人・組織の誰もが利用可能) * .co.in(銀行・企業・商標用) * .firm.in(小売店・組合・事務局・個人事業主用) * .net.in(ISP用) * .org.in(NPO用) * .gen.in(その他) * .ind.in(個人用) 公的な組織のために6つの分類が用意されている。 * .ac.in(学術施設) * .edu.in(教育施設) * .res.in(調査施設) * .ernet.in(教育調査施設) * .gov.in(政府) * .mil.in(軍) .inドメインの自由化以前の1992年から2004年の間はわずか7千の登録しかなかったが、2006年の終わりには、150カ国以上のユーザーから登録され、20万以上まで登録者を伸ばした。インド・ドイツ・アメリカの登録者は、全登録者のおよそ80パーセントに及ぶ。 (ja)
  • .inはインドの国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。インド国立インターネット交換局(NIXI)の下、政府に指定されたINRegistryが管理を行っている。 2005年の時点で.inドメインの方針はかなり自由化されており、.inに続くセカンドレベルドメインの登録は無制限。以下のような、自由化以前に作られた分類も利用可能。 * .in(インドに存在する企業・個人・組織の誰もが利用可能) * .co.in(銀行・企業・商標用) * .firm.in(小売店・組合・事務局・個人事業主用) * .net.in(ISP用) * .org.in(NPO用) * .gen.in(その他) * .ind.in(個人用) 公的な組織のために6つの分類が用意されている。 * .ac.in(学術施設) * .edu.in(教育施設) * .res.in(調査施設) * .ernet.in(教育調査施設) * .gov.in(政府) * .mil.in(軍) .inドメインの自由化以前の1992年から2004年の間はわずか7千の登録しかなかったが、2006年の終わりには、150カ国以上のユーザーから登録され、20万以上まで登録者を伸ばした。インド・ドイツ・アメリカの登録者は、全登録者のおよそ80パーセントに及ぶ。 (ja)
rdfs:label
  • .in (ja)
  • .in (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-en:cctld of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of